これで不健康解決!「腰痛」に効果ありのスパイス

腰痛

スパイス健康

腰痛とは、

腰に痛み、炎症などを感じる状態を指す一般的な語句。 その期間によって、急性(6週間まで)、亜急性(6-12週間)、慢性(12週間以上)に分類される。wikipedia

腰痛には、前屈障害型腰痛と後屈障害型腰痛の2種類があります。

◆ 前屈障害型腰痛
腰を前に曲げると痛み、症状が悪くなり、働き盛りに多いのがこのタイプで一般的です。日常生活や動作によって、腰椎の椎間板や靭帯、椎間関節、背筋などに負担を与えてしまい、腰痛を起こします。

  • 長時間にわたって腰を前に曲げている
  • 中腰の状態で長時間いる
  • このように、仕事における姿勢が腰痛にかかわっていることが多く、デスクワーク、タクシーやバスの運転手、農業従事者などの大半がこのタイプの腰痛を経験しているようです。さらには、

  • 腰をひねった
  • 不用意に物を持ち上げた
  • などの動作がきっかけで腰痛症になることもあります。

    ◆ 後屈障害型腰痛
    腰を後ろに反らすと痛み症状が悪くなり、高齢者に多くみられます。
    加齢とともに変形性腰椎症や腰部脊柱管狭窄症などが増えますが、これらは、前屈障害型とは逆に腰を後ろに反らすと痛くなります。変形性腰椎症は、脊椎の老化によるもので、年齢とともに椎間板の中心に入っている髄核の水分が少なくなり、クッションの能力が低下します。そのため、過重な力が加わるようになり、椎体に棘のような骨の出っ張りができ、神経を刺激したり、圧迫して腰痛を起こします。

    前屈障害型腰痛は、できるだけ予防したいところですね。
    スパイスを摂ることもそうですが、半身浴やマッサージなで筋肉をほぐすことに効果があります。



    これで不健康解決!「胃痛、むねやけ」に効果ありのスパイス

    健胃作用

    スパイスで健康

    健胃作用とは、、胃を丈夫にすること、または、丈夫な胃を意味します。
    健胃作用をもたらすための健胃剤や健胃薬があります。
    役割には、 

  • 胃の運動や胃液の分泌を促進させる
  • 食欲不振、商消化不良を緩和する
  • 胃酸を補う散剤
  • などです。健胃剤や健胃薬には、苦味や辛味そして爽やかな芳香があるのですが、

  • 苦味健胃薬・・・センブリ、ホミカ、オウバク
  • 芳香健胃薬・・・桂皮、ハッカ、ウイョウ
  • 辛味健胃薬・・・コショウ、サンショウ
  • と、このようにスパイスを使っているものもあるのです。



    これで不健康解決!「二日酔い」に効果ありのスパイス

    二日酔い

    スパイス健康

    お酒は飲んでも飲まれるな!
    年度がかわるこの時期、送別会や新人歓迎会などで宴が増えることも多いかな、と思います。予防策、対処策をおさえておきたいですね^^
    二日酔いとは、

    酒などのアルコール飲料(エタノール)を、自身の代謝能力以上に摂取することにより引き起こされる、不快な身体的状態。 エタノールがアセトアルデヒドに代謝され、体内にまだ残ったそれが二日酔いの症状を引き起こす。 基本的には、夜間に酒を飲み、翌朝の起床後、顕著に現れる現象を指す。wikipediaより

    ◆ 原因
    アルコールの多量摂取が原因であることは言うまでもありません。

  • アルコールを分解する時にできるアセトアルデヒドが代謝されず、体内に残ってしまうため
  • アルコールを代謝する時に大量の水分が消費されますが、それにより脳を保護する髄液が減少し低髄液圧症候群となるため
  • これらが大きな原因なのです。

    ◆ 症状

  • 頭痛
  • 吐き気、嘔吐
  • 体のほてり
  • のどの渇き
  • 酩酊感
  • ふらつき
  • ろれつが回らない
  • ◆ 予防策
    お酒を飲まないというのは、ここでは提言せず。飲む前提です(笑)

    その1、飲酒前にウコン、タウリンを摂る
    ウコンを含むサプリメントやタウリンを含む栄養ドリンク剤などには、アルコールの代謝機能を高める効果があります。

    その2、飲酒前に乳製品を摂る
    牛乳などの乳製品には、肝機能を活性化させる効果があります。

    その3、飲酒中に二日酔いを防ぐおつまみを食べる
    例えば、
    ・枝豆やじゃがいも : ビタミンCが豊富に含まれる
    ・おくらや長いも、なめこ : 胃や腸の粘膜を保護するムチンが含まれる
    ・梅:アセトアルデヒドの分解をサポートする
    ・しじみやゴマ:肝機能を強化する
    居酒屋だとどれか1品ぐらいはありそうですね。

    その4、水分をこまめに補給する
    原因のところで、アルコールを代謝する時に大量の水分を消費すると説明しましたが、二日酔の症状であもある頭痛の予防になります。

    その5、お腹を温める
    肝臓の辺りを温めると肝機能が高まるため、カイロや腹巻をするなどして温めてもよさそうです。

    ◆ 対処法
    お茶やコーヒー、スパイスティー、果汁100%ジュースで水分を補給する
    ・お茶やコーヒー含まれるカフェイン
    肝機能を高める作用や頭痛を緩和する作用があります。また、お茶にはカフェインに加えて、アルコールの吸収を抑える効果もあります。
    ・果汁100%のジュース
    肝機能のエネルギーとなる糖分を補うことができます。
    ・スパイスティー
    肝臓の働きを促進し、毒素を排出するデトックス作用があります。また、これらのスパイスの香りを嗅ぐだけでも効果があるとされています。



    これで不健康解決!「気力がでない、だるい」に効果ありのスパイス

    強壮

    スパイスで健康

    強壮とは、

    からだが丈夫で元気なこと。また、そのさま。

    滋養とは、体に栄養分をしみ込ませるという意味で、強壮は精力を含め、

  • 体を強く
  • 元気にする
  • こと。
    総称すると、滋養強壮とは、体質の弱い部分を栄養分で補い、体質改善をして強い体をつくることなのです。
    滋養強壮のドリンクは、コンビニやスーパでも手軽に手に入りますので、私も疲れた時やなんかダルイ時にお世話になったりしています。割と手にするのはリポビタンDなのですが(味が好きかもという単純な理由)、
    リポビタンD、1本の中には、

  • タウリン
  • イノシトール
  • ビタミンB群
  • などが配合されていて、 主成分のタウリンは含硫アミノ酸という栄養成分です。この成分は、ヒトの体の各組織に存在しているのですが、疲れた時や免疫力が低下している時は、不足しているのでしょうね。ちなみにタウリンとは、アミノ酸の一種で、主に魚介類や肉のエキス等に含まれています。血圧やコレステロール値の降下に有効とされている成分です。
    忙しい時は栄養ドリンクでも良いと思いますが、なにせカロリーが高いんです、この類のドリンクは。
    強壮作用のあるスパイスが幾つかあるので、日頃から摂り入れて体を作っておくのも良いかもしれませんよね。



    これで不健康解決!「糖尿病」に効果ありのスパイス

    糖尿病に効くスパイス

    スパイスで健康

    ※画像は引用です。

    糖尿病

    糖尿病とは、膵臓から内分泌されるインスリンというホルモンの作用の不足によって起こる病気です。

  • 血糖が増加し、その一部が尿中にあふれ出る
  • 体の中にだぶついているブドウ糖のために外界からの刺激や細菌の侵襲に対する抵抗力が弱くなる
  • 循環器に影響を与えて動脈硬化を促進する
  • また、インスリンは、吸収されてきたブドウ糖をグリコーゲンにしたり、各臓器でエネルギー源として使う時に、たくさん分泌されてその代謝を調節しています。
    血液中にブドウ糖がだぶつくと言うのは、脂肪が増加するとインスリンの効果が低下し、インスリンを作る膵臓の細胞は、過労状態に陥ってしまいインスリン生産能力が低下するということです。

    さて、糖尿病には、2つのパターンがあるのですが、ご存知ですか。
    2型糖尿病と、1型糖尿病です。

    ◆ 2型糖尿病
    インスリン分泌不全やインスリン抵抗性によるもの

    症状
    初期の段階では自覚症状がないことが多く、症状はとてもゆっくり、少しづつあらわれます。

  • 疲労感
  • 皮膚が乾燥して痒い
  • 手足の感覚が低下する
  • 指すような痛みがある
  • 感染症にかかりやすい
  • 頻尿
  • 目がかすむ
  • 性機能の問題(ED)
  • 切り傷などの皮膚の傷が治りにくい
  • 空腹感やのどの渇きがひどくなる
  • 原因

  • 40歳以上
  • 太りすぎ
  • 家族に糖尿病の患者がいる
  • 運動不足
  • ◆ 1型糖尿病
    インスリン欠乏によるもの
    症状

  • 普段よりのどが渇く
  • 頻尿
  • 急激な体重減少
  • 疲れがひどい
  • 原因
    原因は正確にはわかっていませんが、以下の2つが主と言われています。

  • 1型糖尿病にかかりやすい体質を持っている
  • 何らかの原因により、膵臓の一部(インスリンを作っている部位)が破壊されている
  • 早いうちに、日ごろの食生活や運動などで改善したいですね。



    これで不健康解決!「痛風」に効果ありのスパイス

    痛風

    スパイスで健康

    痛風とは、

    尿酸が体内で析出して結晶ができることにより、関節炎などを来たす疾患である。背景には高尿酸血症などが存在する。(Wikipediaより)

    ヒトの体内にはプリン体という物質が含まれます。
    プリン体とはプリン骨格を持つ物質の総称で、核酸に含まれ、エネルギー源にもなり、ヒトが生きていくうえで欠かせません。食品中では旨味の成分にあたります。そんな、プリン体は遺伝子にも含まれるため生まれつき備わっています。プリン体は、代謝されると尿酸という物質に変わり、血液と混ざるので、血液には、一定量の尿酸が含まれます。尿酸は尿と一緒に排泄されます。しかし、体内の尿酸が増えると、血液中に蓄積されてしまいます。
    血液中の尿酸の濃度が7.0mg/dl以上の状態を高尿酸血症と呼び、血液中に蓄積された尿酸が、関節の中で固まり、固まった尿酸が関節の骨と骨の間に落下。落下した尿酸を白血球が攻撃することで痛風が起きます。
    症状としては、軽い場合は、足の親指の付け根や足首、膝がむずむずします。酷くなると、痛みが激しく、歩行困難になることもあります。基本的には、10日前後で落ち着きますが、放置すると慢性化してしまいます。
    痛風に罹る人の特徴は、

  • 肥満
  • 高脂血症
  • 高血圧症
  • 耐糖能異常
  • などで生活習慣病が多いので、日頃の食生活で十分予防できそうですね。
    プリン体が多い食品に、肉や魚の内臓類があります。特に、鶏レバー、マイワシ干物、豚レバー、牛レバー、カツオなどには、多く含まれるので、高尿酸血症の人は普段からこれらの食品は摂らない方がいいですね。また、プリン体は、水に溶けるので、肉や魚からとったスープも控えた方がよさそうです。



    これで不健康解決!「風邪」に効果ありのスパイス

    風邪

    スパイスで健康

    風邪とは、

    のどや鼻の粘膜が熱で痛み、咳やくしゃみを伴う病気。

    かぜ症候群というのが正しい名称で、それを略して風邪だそうです。原因の多くは、ウィルス感染により引き起り、 上気道に症状がみられるものを総称しています。
    上気道とは、

  • 鼻腔
  • 咽頭
  • 喉頭
  • です。
    ※咽頭とは、上は鼻腔(びこう)、前は口腔(こうこう)、下は食道と喉頭(こうとう)にはさまれた部分のこと。
    ※喉頭とは、上は咽頭(いんとう)に、下は気管に連なる、呼吸器の一部のこと。

    症状には、

  • 鼻汁、鼻づまり
  • 咽頭痛、声が枯れる、せきこむ、痰が出る
  • 発熱
  • 頭痛
  • 全身倦怠感、だるさ、悪寒
  • 食欲不振
  • などがあります。幾つかが重なって出ることの方が多いですね。
    ウィルスが侵入した部位、または季節などにより現れる症状は様々ですが、これらの多くは自己治癒力で1週間程で治ります。

    原因となるウィルスとしては、

  • ライノウィルス(鼻かぜなど軽い症状)
  • コロナウィルス
  • パラインフルエンザウィルス
  • インフルエンザウィルス
  • アデノウィルス
  • などがあります。

    ウィルスの多くは、

  • 冷たいところ
  • 免疫力の弱っているところ
  • 乾燥しているところ
  • を好んで侵入してきます。手洗いうがいで予防も大事ですが、日常生活で自然治癒力を高めることも大事。自然治癒力を高めるには、良い食事、良い睡眠が必要不可欠ですね。



    これで不健康解決!「しみ、しわ」に効果ありのスパイス

    しみ、しわに効くスパイス

    しみ、しわ

    スパイスで健康

    紫外線を過度に浴びたり、その後のケアを怠ることで、起きるお肌のトラブル。一部の色素細胞がメラニン色素を生成するようになることが原因です。
    メラニンとは、

    ヒトを含む動物、植物、原生動物、また一部の菌類、真正細菌において形成される色素である。メラニン色素ともいう。主に黒褐色の真性メラニンと、橙赤色の亜メラニンの2種類がある。脊椎動物では、大半が皮膚の表皮最下層の基底層や毛髪の毛母などにあるメラノサイトで生成され、一部は網膜色素上皮細胞で生成される。wikipediaより

    肌は、

  • 表面からわずか0.2mmほどの薄い表皮
  • その下にある1.8mmほどの真皮
  • からなっています。

    ターンオーバーという言葉をご存知ですか?新陳代謝のことなのですが、肌でもそれが日々おきています。
    表皮の一番下の基底層で毎日新しい細胞がつくられ、細胞がつくられては、先にできた細胞が上へ上へと押しあげられ、肌表面でしばらくとどまったのち、垢となって剥がれ落ちてます。この一連の循環が肌の新陳代謝でありターンオーバです。これにより、表皮は常に入れ替わりを行って綺麗な肌を保っています。

    メラノサイト(色素形成細胞)は、これもまた、表皮の一番下にある基底層に存在しています。メラニン色素を作り新しくできた細胞に受け渡すことで、私達の肌色を構成。メラニン色素を作る働きがあります。紫外線などの刺激を受けると、このメラノサイトが過剰にメラニン色素を作りだしてしまい、いつもより肌色が濃くなります。これが日焼けです。ですが、通常、上記で説明したターンオーバにより元の肌色に戻ります。
    メラニン色素は、天然のサンスクリーンと言われていて、紫外線を吸収して肌内部に入れないようにして、ダメージから肌を守ります。それがないと紫外線によってコラーゲンエラスチンがダメージを受け、たるみ、深いシワになるのです。

    ルイボスティやジャーマンカモミールティで日頃から体内に摂ると良いですね^^



    これで不健康解決!「貧血」に効果ありのスパイス

    貧血に効くスパイス

    スパイスで健康

    貧血

    貧血とは、血液中のヘモグロビン量が減少した状態のこと。ヘモグロビンは赤血球の中に含まれ、血流に乗って酸素を体のすみずみまで運搬しています。そのため,ヘモグロビン量が低下すると体内の各所が酸欠状態となってしまいます。ヘモグロビンは赤血球の中で主に鉄を原料として合成されるので、体内の鉄分が不足し、貧血が生じるというわけです。

    貧血には、いくつかの種類があり、大雑把に分けると、

  • 病気から起きるもの
  • 日常的なもの
  • ですが、ここでは後者のお話が中心です。

    ◆ 鉄欠乏性貧血
    最も多い貧血がこれです。体に必要な鉄分が不足するために起こります。
    原因は、胃潰瘍などの胃腸疾患の出血でも起こりますが、日常的に起こるのは、鉄分の足りない偏った食生活が続いときなど。鉄欠乏性貧血は、圧倒的に女性に多いのですが、それには無理なダイエットや、生理が大きく関係しています。
    症状は、全身の倦怠感や頭痛、めまいや息切れ、唇や爪の色が青白くなる、爪が反りかえってスプーンのようになるなど

  • 日常生活から考えられる原因
  • 偏食・ダイエットによる、たんぱく質、鉄、ビタミンC不足
    鉄分に加えて、鉄分の吸収を助けるビタミンCが不足することも貧血の原因となります。たんぱく質や鉄分、ビタミンCの不足は偏食や過度なダイエットによるもので、これが貧血を助長する原因の多くを占めているといわれています。

  • 生理による出血
  • 通常、生理期間中の出血は約25~60mlといわれ、健康体であれば貧血になることはないのですが、無理な減量や偏食をしていると、この程度の出血でも貧血を引き起こすことがあります。

  • 妊娠、出産、授乳による母体の鉄分不足
  • 妊娠によって、体内の鉄分は優先的に胎児の発育や胎盤の機能維持に使われますので、妊娠中は貧血を起こしやすくなります。また、授乳期になると赤ちゃんに必要な鉄分は母乳から補給するようになります。そのため、母体に鉄分が不足し、貧血を引き起こすことがあります

    ◆ 巨赤芽球性貧血
    ビタミンB12や葉酸が不足することで起こる貧血です。これらは、正常な血液をつくるために必要です。
    原因は、胃炎の進行による胃の委縮、妊娠、アルコール中毒、末期がんなど
    症状は、全身の倦怠感、めまい、足のしびれや知覚麻痺、食欲不振、下痢など

    ◆ 再生不良性貧血
    骨髄にある、血液をつくるための造血幹細胞に障害をきたし、赤血球や白血球、血小板のいずれも不足してしまう難病です。
    原因は、血球の減少によって体の抵抗力が低下
    症状は、動悸、息切れ、倦怠感、出血が止まらなくなる、気管支炎や肺炎などの感染症にかかりやすくなるなど

    日常的に起きる貧血には、食材やスパイスを摂ることで予防したいですね。



    これで不健康解決!「便秘」に効果ありのスパイス

    便秘

    スパイスで健康

    便秘とは、

    ヒト(または他の動物)において便の排泄が困難になっている状態の総称である。wikipediaより

    原因は、様々です。
    大腸の運動が低下による弛緩性便秘
     腸管の緊張がゆるみ、ぜん動運動が十分行われず、大腸内に便が長くとどまってしまうことで起きる便秘。水分が過剰に吸収されて硬くなります。

    大腸の過緊張によるけいれん性便秘
     副交感神経の過度の興奮によって腸管が緊張しすぎてしまい、便がうまく運ばれずないこと起きる便秘。ウサギのフンのようなコロコロとした便になります。

    直腸に便が停滞による直腸性便秘
     便が直腸に達しても排便反射が起こらず、直腸に便が停滞することで起きる便秘。うまく排便できなくなります。

    器質性便秘
     イレウス、大腸がん、腸管癒着などの器質的な原因で通過障害が起こる便秘。

    症状には、血便、腹痛、吐き気、直腸残便感、腹部膨満感、下腹部痛、食欲不振、めまい等のほか、肩や背中に放散痛を伴います。
    日々、健康に暮らしてくには、排便は、重要な機能ですね。
    日本人は便秘の人が多いですし、なぜだか、便秘の日数を競って「私のが出てない歴長い」と言ってる風潮にある気もしますが、けっして排便をないがしろにしてはいけません。便秘は、健康にとって大敵なのですから。排便は、体内の不要な物を外へ出す働きを担っているので、必要な機能なのです。健康や不健康のバロメータにもなりますし。判断するには、

    基準 良し 悪し
    バナナ状 途切れ途切れ
    茶色 黄色
    硬さ 硬め 柔らかい
    におい 臭い いつもより臭い
    重量 軽い 重い

    ※測るわけにはいかないので、浮いたらOK.などを見ます。

    さて、その排便ですが、規則正しい生活をしていればある程度時間がたったら促されるかもしれないのですが、そう簡単にいかないのが現代人。私の場合、紅茶やチャイを飲むともよおしますが、乳製品を食べたらという人もいるでしょうし、中には、本屋さんに(インクの匂いかな)行くと、もよおすという人もいます。出るポイントは千差万別なので面白いですね。
    対処としては、

  • あたたかいお水(白湯)を飲む
  • スパイスの摂取
  • 生姜(生姜湯など)
  • クミン(スープやカレー)
  • ご自身でゆっくり予防することをお勧めします。
    生姜やクミン、唐辛子などのスパイスには、排便を促す作用があるので、スパイスで便秘解消できるのは本当です。ただし、特に唐辛子は便秘に効果的だからと言って摂りすぎはいけません、お腹を壊してしまいますからね。