「腰痛」に効果ありのスパイスはコレだ!

2019-09-11



「腰痛」に効果ありのスパイス

  • ジャーマンカモミール
  • ローズマリー
  • 腰痛

    スパイス健康

    腰痛とは、

    腰に痛み、炎症などを感じる状態を指す一般的な語句。 その期間によって、急性(6週間まで)、亜急性(6-12週間)、慢性(12週間以上)に分類される。wikipedia

    腰痛には、前屈障害型腰痛と後屈障害型腰痛の2種類があります。

    前屈障害型腰痛

    腰を前に曲げると痛み、症状が悪くなり、働き盛りに多いのがこのタイプで一般的です。日常生活や動作によって、腰椎の椎間板や靭帯、椎間関節、背筋などに負担を与えてしまい、腰痛を起こします。

  • 長時間にわたって腰を前に曲げている
  • 中腰の状態で長時間いる
  • このように、仕事における姿勢が腰痛にかかわっていることが多く、デスクワーク、タクシーやバスの運転手、農業従事者などの大半がこのタイプの腰痛を経験しているようです。さらには、

  • 腰をひねった
  • 不用意に物を持ち上げた
  • などの動作がきっかけで腰痛症になることもあります。

    後屈障害型腰痛

    腰を後ろに反らすと痛み症状が悪くなり、高齢者に多くみられます。
    加齢とともに変形性腰椎症や腰部脊柱管狭窄症などが増えますが、これらは、前屈障害型とは逆に腰を後ろに反らすと痛くなります。変形性腰椎症は、脊椎の老化によるもので、年齢とともに椎間板の中心に入っている髄核の水分が少なくなり、クッションの能力が低下します。そのため、過重な力が加わるようになり、椎体に棘のような骨の出っ張りができ、神経を刺激したり、圧迫して腰痛を起こします。

    前屈障害型腰痛は、できるだけ予防したいところですね。
    スパイスを摂ることもそうですが、半身浴やマッサージなで筋肉をほぐすことに効果があります。