「二日酔い」に効果のあるスパイス教えるよ

2019-11-15



「二日酔い」に効果ありのスパイス

  • タイム
  • ハイビスカス
  • 二日酔い

    スパイス健康

    お酒は飲んでも飲まれるな!
    年度がかわるこの時期、送別会や新人歓迎会などで宴が増えることも多いかな、と思います。予防策、対処策をおさえておきたいですね^^
    二日酔いとは、

    酒などのアルコール飲料(エタノール)を、自身の代謝能力以上に摂取することにより引き起こされる、不快な身体的状態。 エタノールがアセトアルデヒドに代謝され、体内にまだ残ったそれが二日酔いの症状を引き起こす。 基本的には、夜間に酒を飲み、翌朝の起床後、顕著に現れる現象を指す。wikipediaより

    原因

    アルコールの多量摂取が原因であることは言うまでもありません。

  • アルコールを分解する時にできるアセトアルデヒドが代謝されず、体内に残ってしまうため
  • アルコールを代謝する時に大量の水分が消費されますが、それにより脳を保護する髄液が減少し低髄液圧症候群となるため
  • これらが大きな原因なのです。

    症状

  • 頭痛
  • 吐き気、嘔吐
  • 体のほてり
  • のどの渇き
  • 酩酊感
  • ふらつき
  • ろれつが回らない
  • 予防策

    お酒を飲まないというのは、ここでは提言せず。飲む前提です(笑)

    その1、飲酒前にウコン、タウリンを摂る
    ウコンを含むサプリメントやタウリンを含む栄養ドリンク剤などには、アルコールの代謝機能を高める効果があります。

    その2、飲酒前に乳製品を摂る
    牛乳などの乳製品には、肝機能を活性化させる効果があります。

    その3、飲酒中に二日酔いを防ぐおつまみを食べる
    例えば、
    ・枝豆やじゃがいも : ビタミンCが豊富に含まれる
    ・おくらや長いも、なめこ : 胃や腸の粘膜を保護するムチンが含まれる
    ・梅:アセトアルデヒドの分解をサポートする
    ・しじみやゴマ:肝機能を強化する
    居酒屋だとどれか1品ぐらいはありそうですね。

    その4、水分をこまめに補給する
    原因のところで、アルコールを代謝する時に大量の水分を消費すると説明しましたが、二日酔の症状であもある頭痛の予防になります。

    その5、お腹を温める
    肝臓の辺りを温めると肝機能が高まるため、カイロや腹巻をするなどして温めてもよさそうです。

    対処法

    お茶やコーヒー、スパイスティー、果汁100%ジュースで水分を補給する
    ・お茶やコーヒー含まれるカフェイン
    肝機能を高める作用や頭痛を緩和する作用があります。また、お茶にはカフェインに加えて、アルコールの吸収を抑える効果もあります。
    ・果汁100%のジュース
    肝機能のエネルギーとなる糖分を補うことができます。
    ・スパイスティー
    肝臓の働きを促進し、毒素を排出するデトックス作用があります。また、これらのスパイスの香りを嗅ぐだけでも効果があるとされています。