「しみ、しわ」に効果のあるスパイス教えるよ

2019-11-15



「しみ、しわ」に効果ありのスパイス

  • ジャーマンカモミール
  • しみ、しわ

    スパイスで健康

    紫外線を過度に浴びたり、その後のケアを怠ることで、起きるお肌のトラブル。一部の色素細胞がメラニン色素を生成するようになることが原因です。
    メラニンとは、

    ヒトを含む動物、植物、原生動物、また一部の菌類、真正細菌において形成される色素である。メラニン色素ともいう。主に黒褐色の真性メラニンと、橙赤色の亜メラニンの2種類がある。脊椎動物では、大半が皮膚の表皮最下層の基底層や毛髪の毛母などにあるメラノサイトで生成され、一部は網膜色素上皮細胞で生成される。wikipediaより

    肌は、

  • 表面からわずか0.2mmほどの薄い表皮
  • その下にある1.8mmほどの真皮
  • からなっています。

    ターンオーバーという言葉をご存知ですか?新陳代謝のことなのですが、肌でもそれが日々おきています。
    表皮の一番下の基底層で毎日新しい細胞がつくられ、細胞がつくられては、先にできた細胞が上へ上へと押しあげられ、肌表面でしばらくとどまったのち、垢となって剥がれ落ちてます。この一連の循環が肌の新陳代謝でありターンオーバです。これにより、表皮は常に入れ替わりを行って綺麗な肌を保っています。

    メラノサイト(色素形成細胞)は、これもまた、表皮の一番下にある基底層に存在しています。メラニン色素を作り新しくできた細胞に受け渡すことで、私達の肌色を構成。メラニン色素を作る働きがあります。紫外線などの刺激を受けると、このメラノサイトが過剰にメラニン色素を作りだしてしまい、いつもより肌色が濃くなります。これが日焼けです。ですが、通常、上記で説明したターンオーバにより元の肌色に戻ります。
    メラニン色素は、天然のサンスクリーンと言われていて、紫外線を吸収して肌内部に入れないようにして、ダメージから肌を守ります。それがないと紫外線によってコラーゲンエラスチンがダメージを受け、たるみ、深いシワになるのです。

    ルイボスティやジャーマンカモミールティで日頃から体内に摂ると良いですね^^