Q162_アラビアやインドのチャイは緑茶とどう違うのですか

今日のスパイスお悩みはコチラ



「アラビアやインドのチャイは緑茶とどう違うのですか」

というお悩み。

A_回答

紅茶とは、摘み取った茶の葉と芽を萎凋させ、もみ込んで完全発酵させ、乾燥させた茶葉のこと。緑茶とは、チャノキの葉から作った茶のうち、摘み取った茶葉を加熱処理して発酵を妨げたもの。調理方法も違えば味も全然違いますよね。
さらには、インドでも南や北でチャイを意味するものが若干異なりますが、チャイのベースは紅茶です。
南のチャイは、紅茶にミルクを足したいわゆるミルクティー、北のチャイは、紅茶にスパイスを足したスパイスティー
ちなみに足すスパイスは、

  • 生姜
  • シナモン
  • カルダモン
  • クローブ
  • などです。
    アラビアのチャイは飲んだことがないので分からないのですが、スパイスが効いているのでしょうかね。