ささっと簡単「煮卵」の作り方

スパイスごはん

五香粉を使った煮卵

五香粉:ウーシャンフェンと呼びます(笑)

◆ 材料

  • うずらの卵
  • 醤油
  • みりん
  • スターアニス
  • 花椒(ホアジョウ)
  • シナモン
  • クローブ
  • 陳皮(オレンジピール):マンダリンオレンジの果皮
  • ◆ 準備

  • うずらの卵を茹でる
  • ◆ 手順

    1. うずらの卵以外の材料を混ぜる
    2. タッパなどの少し深めの容器に1にうずらの卵を漬ける
    3. 冷蔵庫で1日寝かせる

    ◆ オイシイ話

    スパイスごはん
    ウーシャンフェン(五香粉)とはは、基本スパイス5つを混ぜたものをさします。
    薬膳料理や中華料理では頻繁に用いられているようです。インド風に言うとマサラですね。
    5つのスパイスとは、

  • スターアニス
  • 花椒(ホアジョウ)
  • シナモン
  • クローブ
  • 陳皮(オレンジピール)
  • です。この5つのスパイスを必ずしも使うわけではなく、スターアニスの代わりにフェンネルを使うこともあったり、体質やお店のこだわりで足し引きは自由です。
    鶏さんの卵だと3日漬け込むと良いさそうです。五香粉は、醤油やソース、色々な煮込み料理との相性がよく重宝できます。味付け卵の余った汁で、じゃがいもを煮込んだりもしましたが、もう病みつきです^^
    冬には、おでん、ぶり大根など、いつもの煮物に加えるだけあら不思議。体によいスパイス料理の出来上がり!






    5分でできる「チャイ」の作り方

    スパイスごはん

    チャイ

    ブレイクタイムにいかが?

    ◆ 材料

  • 茶葉:ダージリンやアッサム
  • 水:コップ1~1.3杯
  • 牛乳:大さじ1~2杯
  • 生姜(パウダー):小さい1~2杯
  • シナモンスティック:1本
  • カルダモン:2~3個
  • クローブ:3~4個
  • ピンクペッパー:3~4粒
  • 黒コショウ:1粒
  • 砂糖:大さじ1~2杯
  • ※コップ1杯分の分量です

    ◆ 準備

    1. ホールを使う場合、シナモンは3等分ぐらいにわっておく

    ◆ 手順

    1. 鍋に水を入れる
    2. 茶葉と砂糖と材料に書いたスパイスを入れて水が沸騰するまで煮る
    3. 2が噴きこぼれる寸前で火を止める
    4. 2と3の手順を3回繰り返す
    5. 牛乳を入れて温める(沸騰させなくてもよい)
    6. 茶こしを使って、液体部分だけをコップにうつす
      ※ 3.の手順を3度もする必要はないです

    ◆ オイシイ話

    生姜がの効能で体ポカポカになりますよ。
    お好みでスパイスの分量を変えて、自分好みのチャイにアレンジ^^






    インドカレー定番「チキンカレー」の作り方

    スパイスごはん

    チキンカレー

    インドカレーの定番は、やっぱりカレー。インドカレーは、スパイスが絶妙に効いてます。

    ◆ 材料

  • チキン:1~2ブロック
  • 玉ねぎ:1/2個
  • 生姜:1/4かけ
  • ニンニク:1~2片
  • ターメリック:小さじ1/2
  • クミン:小さじ1/2
  • 塩:小さじ1/2
  • 油:少々
  • ※茶碗1杯分を作る分量です

    ◆ 準備

    1. 生姜、ニンニクは、すりおろし
    2. 玉ねぎはみじん切り、トマトは小さめの角切り
    3. チキンは1口サイズの角切り

    ◆ 手順

    1. 鍋に油をひき、カルダモンを炒める
    2. 玉ねぎと、生姜、ニンニクを入れ、玉ねぎが茶色になるまで炒める
    3. 塩を加える
    4. トマトを加えて炒める
    5. ターメリック、クミン、コリアンダー、ガラムマサラを入れてよく炒める
    6. チキンを入れて炒める
    7. 水とココナッツミルクを入れて、10分程度煮る
    8. 塩とチリで味をお好みに

    ◆ オイシイ話

    これぞ王道&シンプルなチキンカレーですね。






    たった15分でできる簡単「缶詰め南インドカレー」、7食分大公開

    スパイスごはん

    「缶詰め南インドカレー」7食分

    南インドカレーと相性抜群の魚介類。しかし、魚介類を使った料理は面倒なイメージがありませんか。それに刺身や焼く、煮るなど、あっさりや醤油ベースのテイストが好まれる日本(人)。栄養が良いのは知っていても、なかなか毎日の食卓に魚介類を並べるのは難しいかもしれません。そこで、手軽に楽しめて、かつ美味しく味わえるといいな、と。考案したのが、缶詰を使った南インドカレーです。魚介類だけでも缶詰の種類が結構あったので、1週間分考えてみました。もちろん味は抜群です^^
    ※材料やレシピは各カレーの写真をクリックして下さいネ。

    ◆ 月曜日は「さばカレー」 ◆

    スパイスごはん

    使用魚介 さば
    スパイスごはん
    栄養
    カルシウム、ミネラル、ビタミンB,D、DHA、EPAなど
    効能 活習慣病予防、骨や歯を健康に保つ、血液や血流さらさら

    ◆ 火曜日は「つなカレー」 ◆

    スパイスごはん

    使用魚介 つな
    栄養 ナトリウ、カリウム、ビタミンD、ビタミンE、ナイアシンなど
    効能 脳神経の再生や保護、活性化、免疫力アップ

    ◆ 水曜日は「あさりカレー」 ◆

    スパイスごはん

    使用魚介 あさり水煮
    スパイスごはん
    栄養 ナトリウム、リン、鉄、β-カロテン、ビタミンB12、葉酸、ミネラルなど
    効能 貧血予防、疲労回復、美肌効果

    ◆ 木曜日は「さんまカレー」 ◆

    スパイスごはん

    使用魚介 さんまの水煮缶
    スパイスごはん
    栄養 ナトリウム、カルシウム、リン、ビタミンD、レチノール、葉酸、DHAなど
    効能 脳細胞の活性化、コレステロール低下、抗血栓

    ◆ 金曜日は「いわしカレー」◆

    スパイスごはん

    使用魚介 オイルサーディン
    スパイスごはん
    栄養 ナトリウム、ヨウ素、セレン、リン、葉酸、ビオチン、ビタミンB12など
    効能 記憶力、集中力アップ、コレステロール低下、中性脂肪の燃焼

    ◆ 土曜日は「ホタテカレー」◆

    スパイスごはん

    使用魚介 ホタテ水煮
    スパイスごはん
    栄養 ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム、ビタミンB12、イノシン酸、アラニン、グリシンなど
    効能 疲労回復、生活習慣病予防、二日酔い、不眠改善

    ◆ 日曜日は「牡蠣カレー」◆

    スパイスごはん

    使用魚介 牡蠣のオイル漬け
    スパイスごはん
    栄養 ナトリウム、リン、亜鉛、銅、ビタミンA、ビタミンE、ビタミンB12、葉酸、グリコーゲンなど
    効能 貧血予防、慢性疲労、免疫力アップ

    手順や使用するスパイスは7食分とも同じで、具材の魚介類を変えただけ。
    さば、あさり、いわしの缶詰は百円均一にも売っているのでお手頃ですし。スパイスの栄養はもちろん、魚介の栄養も一緒に摂れるのでかなりオススメです。それに味が単調でないので、飽きないです。

    ◇ 共通スパイス
    黒コショウ、マスタードシード、ターメリック、クミン、スターアニス、クローブ、カルダモン、シナモン、フェネグリーク、アサフェティダ、チリ

    美味しさの順位をつけるならば
    1、いわしカレー
    2、さばカレー
    かな!?









    簡単なのに小料理屋風「セロリーの酢漬け」の作り方

    スパイスごはん

    セロリーの酢漬け

    料理下手、忙しいあなたでも大丈夫。
    簡単かつ、小料理屋風な「セロリーの酢漬け」の作り方をご紹介します。

    ◆ 材料

  • セロリー
  • お酢
  • クローブ
  • 花椒
  • チリペッパー
  • ◆ 準備

  • セロリーは一口サイズに切る
  • ◆ 手順

    1. セロリー以外の材料を混ぜる
    2. タッパのような、少し深めの容器に1.を入れセロリーを漬ける
    3. 冷蔵庫で1日寝かせる

    ◆ オイシイ話

    これだと1房ペロっと食べられますね。






    風邪が吹っ飛ぶ、簡単「七草ミルク粥」の作り方

    スパイスごはん

    七草ミルク粥

    今日、1月7日は、日本では七草粥を食べる日です。
    ただの語呂合わせもあるけれど、昔から無病息災を願う日でもあります。

    ◆ 材料

  • 七草
  • お米
  • 牛乳
  • シナモン
  • クローブ
  • ナツメグ
  • コリアンダー
  • 生姜※パウダーでもOK
  • ◆ 準備

    1. 七草を一口サイズに切る
    2. 生姜はみじん切り
    3. コリアンダーは細かく切る
    4. お米は軽く洗っておく

    ◆ 手順

    1. お鍋み水を張り、スパイスを加える
    2. 1にお米を入れて炊く
    3. 七草を入れる
    4. 牛乳を加えて、さらにお粥状になるまで煮る
    5. 塩で味を調整

    ◆ オイシイ話

    スパイスごはん

    七草粥とはWikiより

    春の七草や餅などを具材とする塩味の粥で、その一年の無病息災を願って1月7日に食べられる。
    正月の祝膳や祝酒で弱った胃を休める為とも言われる。
    この行事は、平安時代には行われていたが、室町時代の汁物の原型ともされている。

    七草の種類は、

  • セリ
  • ナズナ
  • ゴギョウ
  • ハコベラ
  • ホトケノザ
  • スズナ
  • スズシロ
  • です。専門外なので、栄養や効能は調べず(笑)
    去年は、1月7日にスーパーへ行くとすでに完売となっていた、七草のセット。今年は、3日前ぐらいに見つけたので、すかさず確保です。






    初心者でも失敗しない「スパイス天ぷら」の作り方

    スパイスごはん

    スパイス天ぷら

    揚げ物が苦手な方、時短したい方、必見です!

    ◆ 材料

  • サラダ油
  • 天ぷら粉
  • パセリ
  • パクチー
  • 春菊
  • ポン酢
  • ◆ 準備

  • パクチー、春菊は2等分
  • 天ぷら粉を水で溶く(!)
  • パセリ、パクチー、春菊は、(!)でコーティング
  • ◆ 手順

    1. フライパンに油を引く
    2. スパイスを揚げる

    ◆ オイシイ話

    パセリの苦味は薄れて、これで1束完食。思った以上に美味しく食べれましたし、パクチーは香りがほどよく残り、ペロリ。春菊は衣のサクサク感と噛んだ時のしっとり感がグッドです。葉物の天ぷらには、塩とポン酢がよく合いますね^^揚げ物はカロリーが気になるところですが、食材が葉なので相殺される!?かな。






    カフェ風、簡単お洒落な「パクベーゼパスタ」の作り方

    スパイスごはん

    パクベーゼパスタ

    パクベーゼーとは、ジェノベーゼのパクチー版です(笑)

    ◆ 材料

  • コリアンダー(パクチー)
  • オリーブオイル
  • ニンニク
  • パスタ
  • ◆ 準備

  • パスタを茹でる
  • ニンニクは細かく切る
  • コリアンダは3等分に切る
  • ◆ 手順

    1. パスタ、塩以外の材料をミキサーでペースト状にする
    2. 塩で味を調整
    3. パスタに合える

    ◆ オイシイ話

    スパイスでごはん

    パクチーは、春から夏にかけてが旬なので、昨秋食べ収めかなと、これみよがしにパクチー盛りを食べましたが、ん!?スーパーにパクチーがある。ハウス栽培なのかな。
    ジェノベーゼは好きで(香りがたまりませんね)、一時期はまって作ってました。今回もスーパーにバジルはあったので、すごい迷った笑(正月早々どうでも良い迷い)あげく、パクチー優勢というわけです。
    ※ジェノベーゼとは、パスタの一種。地名ジェノヴァに由来する名称。
    バジルや松の実を入れたジェノベーゼペーストを特徴とする(Weblio辞書より)。






    手順ほぼなし「薬膳鍋」を作る方法

    スパイスごはん

    薬膳鍋

    冬と言えば、鍋ですね。

    ◆ 材料

  • お肉(豚でも牛でも)
  • 春菊
  • 白菜
  • 大根
  • 手羽先
  • エリンギ
  • 干しシイタケ
  • ごま油
  • 生姜
  • ニンニク
  • ナツメグ
  • スターアニス
  • カルダモン
  • ジュニパーベリー
  • クローブ
  • ◆ 準備

  • お鍋の具材を一口サイズに切る
  • 干しシイタケは水で戻す
  • 生姜はみじん切り
  • ニンニクは千切り
  • ◆ 手順

    1. 鍋に水を張り、シイタケと手羽先とスパイスを入れて出汁をつくる
    2. 煮立ったら、塩で味を調整
    3. 大根など煮えにくい食材から入れる
    4. 白菜や葉物を入れる

    ◆ オイシイ話

    写真にポン酢載ってますが、味が薄い場合に必要かな、と思って一応用意。しかし、しっかり味がつくので、ポン酢の出番なしでした
    あっさりテイストなので、具材はとくに選びませんよ。
    今回は、大根、しゃぶしゃぶ用のお肉、エリンギ、春菊などを入れてみました。本当は、ネギと豆腐が欲しいところだったなぁ、、ただの買い忘れです^^;お鍋の〆に雑炊も良いお味。分量は多少適当でも失敗しづらい鍋です。これで寒い冬も乗り切れそう!?






    たった15分でできる簡単「ツナカレー」の作り方

    スパイスごはん

    ツナカレー

    簡単に作るために、缶詰めを使うのがポイント!

    ◆ 材料

  • ツナ缶
  • トマト缶
  • 玉ねぎ
  • 生姜
  • ニンニク
  • 黒コショウ
  • マスタードシード
  • ターメリック
  • クミン
  • スターアニス
  • クローブ
  • カルダモン
  • シナモン
  • フェネグリーク
  • アサフェティダ
  • チリ
  • ◆ 準備

  • チリ、マスタードシード以外のスパイスをミックススパイスにしておく
  • 玉ねぎは、みじん切り
  • 生姜、ニンニクは、すりおろし
  • ◆ 手順

    1. 少量の油で熱したところにマスタードシードを入れて炒める
    2. タマネギ、生姜、ニンニクを加え炒める
    3. 少量の塩で味を調える
    4. 水とミックススパイスを入れて混ぜる
    5. 少し冷まし、ミキサーでペースト状にする
    6. 5を鍋で温めなおし、チリをお好みで混ぜる
    7. ツナ缶のツナを加えて煮込む

    ◆ オイシイ話

    ツナ缶のツナは煮込み過ぎるとホロホロになって溶けてしまいます。
    食感や具材として楽しむには、缶詰でないツナのかたまりを使った方が良いですね。