Q59_スパイスカレーと昔ながらのボンカレー的なドロドロなカレーではどちらが好きですか?



「最近巷でスパイスカレーのお店が流行っているようですが、
皆さんはスパイスカレーと昔ながらのボンカレー的なドロドロなカレーではどちらが好きですか?」

というご質問。

A_回答

どちらも甲乙つけがたいのですが、今の時点だと、サラサラ系が好きです。それも、年を重ねるごとに好みに変化が出てきたことと、南インドに行って美味しいサラサラカレーを食べたことが要因だと思われます。

◆ ドロドロ系はいわゆる、日本風のカレーです。
小麦粉や油が多いので、カロリーが高いと言われているのはそのせいです。幼い頃は、こちらのカレーをよく食べていました。私は、食事に対する興味がない幼少期を過ごしましたが、それでもカレーは好きでしたし、朝でもカレーを食べていました。

◆ 一方のサラサラ系は、インド風のカレーです。
特に南インドのカレーはサラサラで、日本のお味噌汁のような感覚で現地の人々は、毎日食べています。お味噌汁は具材を変えて楽しみますが、それと同じように、サラサラカレーも具材をチキン、魚、野菜など、バリエーションが豊富なので、飽きませんね。

質問者さまは、ドロドロカレーの代表は、ボンカレーということですが、久々に聞いた商品名でした。ジェネレーションギャップか、地域差なのか分かりませんが(笑)、面白いものだなーと思います。ちなみに私は、バーモンドカレーかな、と思っていたので。。みなさんにもお聞きしてみたいところですね。

Q58_カレーについてです。これ入れると美味しくなるよってアイテム教えてください!



「カレーについてです。私は洋風野菜のトマトスープを作ってからのカレーなんですが、これ入れると美味しくなるよってアイテム教えてください!」

というご質問。

A_回答

パクチーなんて良いですね。ただ風味に癖があるので、万人受けしないと思います、もしお嫌いでなければの話です。
具材をお魚や魚介系にしてみてはいかがでしょうか。
そしてなんといっても、おすすめは魚の缶詰(水煮)です。サバ、さんま、あさり、牡蠣、ホタテ、イワシ、シーチキンなど。これらの缶詰を使ったカレーは全てお試し済み。味はバッチリだったことは、確認しているので、自信を持っておすすめできますよ。魚を使うことで、臭みを心配される声を聞きますが、スパイスを使うことで魚の臭みが取れるので、気にならないと思います。

Q57_ハーブ関連の資格について質問です。



「ハーブ関連の資格について質問です。
自分はハーブティーに興味関心があり、数ある資格について調べてみたのですが、
「メディカルハーブ検定(日本メディカルハーブ協会)」
「ハーブ検定1,2級(JHTA)」
「メディカルハーブセラピスト(JADP)」
「ティーコンシェルジュ1,2,3級(日本ティーコンシェルジュ協会)」
では、どの資格が一番おすすめですか。」

というご質問。

A_回答

ハーブの資格をどのように活かしたいか、によるかもしれないのですが、今後、お仕事としてハーブを使いたいということであれば、持っておくと良いのは、メディカルハーブ検定でしょうか。ハーブだと、アロマのお店などで働けるのかしら。ティー関連は、ハーブティーばかりではなく、紅茶の淹れ方を学ぶことになります。(実は私もチャイが好きなのでティーは迷ったのですが、スパイスと少しはなれそうだったので見送りました)
ちなみに私は、勉強レベルだったので、ハーブについては、「ハーブインストラクター、メディカルハーブカウンセラー」を通信講座で取得しました。私の場合、元は、スパイスから始まったので、ハーブはついでみたいな感じです。。。スパイスやハーブの資格についてはこちらが参考になりそうです
ハーブとこスパイスは似て非なるもの!?ですよね、とはいえ、ハーブもスパイスもとっても奥が深くて、穏やかな生活をおくるには必要なものじゃないかな、と最近思っています。たくさん学ぶことがありますが、是非、楽しんでたくさん勉強してくださいね。

Q56_この寒い時期、体の芯から温まる食べ物といえば?



「この寒い時期、体の芯から温まる食べ物といえば?自分は、熱々の味噌煮込みうどん!唐辛子、多めに入れてね。」

というご質問。

A_回答

アツアツの味噌煮込みうどん、いいですねぇ~。想像しただけでもお腹が減ってきました。それにトウガラシで代謝アップとは!通ですね。体の芯から温まる食べ物ですか、私は、生姜を使った料理をお勧めしますね。カレーも良いですし、生姜湯でもOK。この時期は、体を温めることが健康につながりますからね。

Q55_辛いカレーを食べたのですが、直後胸が痛いのですが何が起きたのでしょうか

「スパイスが効いてるガラムマサラの辛いカレーを食べたのですが、直後胸がチクチクズキズキして痛いのですが何が起きたのでしょうか。こんな痛いの初めてでかなり辛いです。」

というお悩み。

A_回答

まだ痛むようであれば、病院にいってくださいね。

ガラムマサラの辛いカレーを食べた直後ということで、胸の痛みの原因として考えられることは、

  • 熱いものを急に食べた
  • トウガラシの大量摂取
  • でしょうか。

    1つめの、熱いものを急に食べた。
    ですが、熱いものを流し込むと、器官がやけどのように痛むことがあります。
    2つめの、トウガラシの大量摂取。
    ですが、辛いものが苦手や体質に合わないという方が一定数おられます。また、辛いものが得意な場合でも、過剰に摂ることで体内で反応を起こし、それが痛みとなる可能性はあります。
    お大事になさってください。



    Q54_オレガノ、シナモン、にんにく、しょうがなどを使った健康食品を教えてください。



    「オレガノ、シナモン、にんにく、しょうが、パイナップル、銀南木の葉を成分とした健康食品を教えてください。」

    というご質問。

    A_回答

    質問者さまのご指定の食材やスパイス、これら全てを使った健康食品は残念ながら見かけたことがないです。が、体に良さそうな気はしますね。もしかしたら、どこかにあるのでしょうか。どなたか知っていたら教えてください。私が知っている健康食品では、シナモン青汁という商品だけです。実際飲んでいないので、味は分からないです。

    また健康食品ではないかもしれないのですが、スパイスカレーをご自身で作るというのは、どうですか?
    スパイスカレーですと、

  • シナモン
  • ニンニク
  • しょうが
  • を使います。南インドのシーフードカレーですと、マンゴを入れるので代わりに、パイナップルでもOKです。
    やはり、健康食品が良いですよね。お力になれず申し訳ないです。

    Q53_加糖ココアにチューブ生姜を混ぜても体を温める効果は得られますか?



    「加糖ココアにチューブ生姜を混ぜても体を温める効果は得られますか?」

    というご質問。

    A_回答

    はい、チューブ生姜でも効果を得ることができますよ。
    ちなみに、2018年版の食品成分表を確認したところ、

  • 生の場合、カリウムと水分
  • パウダーの場合、カリウム、マグネシウム、カルシウム
  • おろし(チューブ)の場合、ナトリウム、水分、カリウム
  • と、含まれる成分ベスト3にやや量の違いがあるものの、大差はなさそうです。
    よくを言うなら、加工していない生の生姜を使う方が一番体には良いですが、毎回そんなことはできませんし、チューブはお手軽ですから、良いですよね。
    ココアに生姜のアイデア、いただきました。私もマイ生姜チューブ持歩こうかしら!?

    Q52_インフルエンザにかからないスパイスがあるって本当?



    「スパイスは薬にもなると、聞いたことがあるのですが。この時期になると広がるインフルエンザが心配です。インフルエンザにかからないスパイスがあるって本当ですか?」

    というご質問。

    A_回答

    はい。スターアニスというスパイスです。100%ではありませんが、予防はできます。
    スターアニスには、健胃作用、制吐作用、殺菌・抗菌作用、鎮痛作用、駆風作用などの効能があり、インドのみならず中国では、薬として使われています。
    また、インフルエンザの治療剤として処方される「タミフル」ですが、なんと、タミフルの原料にスターアニスが使われているのです。この時期になると、スターアニスが突如手に入りにくくなったり、高騰することもあるので、製薬会社が占拠しているのかもしれません。
    インフルエンザにかかってしまってからでは、スターアニスを摂っても意味がないので、日頃から、スターアニスを摂りこんでおくことで、インフルエンザにかかりにくい体になりますよ。スターアニスを使った料理には、カレーやチャイなどがあり、お手軽です。
    日頃から予防しておきたいですね!

    Q51_胡椒の辛味と唐辛子の辛味は打ち消し合いますか?



    「胡椒の辛味と唐辛子の辛味は打ち消し合いますか?」

    というご質問。

    A_回答

    はい。辛味成分は中和されています。

    ◆ 根拠その1、中和
    辛味ではないのですが、苦味に対してですがこんな結果が報告されています。

    苦味のあるスパイスを2種類以上混ぜると、苦味の強さが弱まる。これは、スパイスのブレンド効果と言われています。

    それ単体ですと量を増やせば増やすほど苦くなりますが、苦味のスパイスを2種類以上混ぜると量は増えますが、苦味は中和されます。このことから、辛味も同じことが言えるのだと思います。

    ◆ 根拠その2、発現タイミング
    コショウの辛味発現性(辛いと感じるタイミング)は、中・後。一方、トウガラシの辛味発現性は、後。とこのように、タイミングが重なっています。おそらくそのため中和されているのだと思います。
    面白いものですね。

    Q50_胡椒が一生使えないのと唐辛子が一生使えないのではどっちがいいですか?



    「胡椒が一生使えないのと唐辛子が一生使えないのではどっちがいいですか?」

    というご質問。

    A_回答

    これは難問です。
    私の一個人の意見ですと、トウガラシが一生使えない方が良いですが、ただとても僅差です。

    どちらも、調味料、スパイスには、なくてはならないものだと思いますし、食事を美味しく、そして心豊かにしてくれますからね。
    ちなみに質問者さまや、ご覧になられているみなさまは、どちらですか。