Q200_カレーにエリンギやマイタケを入れますか?

スパイスお悩み

「カレーにエリンギやマイタケを入れますか?」

というご質問。

A_回答

先日、キノコ類を入れたカレーを作りましたが、美味しくでき、好評でした。
ただし、日本カレーでなくスパイスカレーです。作り方は、よろしければこちらを参考に(このブログです)



Q199_盲腸の手術をした退院後、チャイティーは飲んでも大丈夫ですか?

スパイスお悩み

「盲腸の手術をした退院後、チャイティーは飲んでも大丈夫ですか?
腹腔鏡手術を受け四日ほど入院し退院しました。
チャイティーをよく飲んでいます。
消化に良いなど普段ならさまざまな胃腸にも良い効果があると思うのですが、盲腸の手術の退院後すぐはまずいですか?
もしくは積極的に飲んでも大丈夫ですか?スパイスが多いので大丈夫なのかどうなのかなーと思ってます。
よろしくお願い致します。」

というお悩み。

A_回答

念のため医師に確認された方が良いと思います。
チャイにはスパイスが多く含まれていますが、腸に過度な影響を与えるような刺激物はないので問題ないとは思います。



食感がイイネ!キノコカレーの作り方

スパイスごはん

キノコカレー

◆ 材料

  • まいたけ
  • しめじ
  • 玉ねぎ
  • 生姜
  • ニンニク
  • 黒胡椒
  • マスタードシード
  • ターメリック
  • クミン
  • スターアニス
  • クローブ
  • カルダモン
  • シナモン
  • フェネグリーク
  • アサフェティダ
  • チリ
  • ◆ 準備

  • チリ、マスタードシード以外のスパイスをミックススパイスにしておく
  • 玉ねぎは、みじん切り
  • 生姜、ニンニクは、すりおろし
  • ◆ 手順

    1. 少量の油で熱したところにマスタードシードを入れて炒める
    2. タマネギ、生姜、ニンニクを加え炒める
    3. 少量の塩で味を調える
    4. 水もしくはトマトジュースとミックススパイスを入れて混ぜる
    5. チリをお好みで混ぜる
    6. お好みのキノコ類を入れて煮込む

    ◆ オイシイ話

    スパイスごはん
    キノコの食感が、カレーの味とマッチしていくらでも食べれますね。
    今回は、まいたけ、しめじを使いましたが、マッシュルームやエリンギなんでも。キノコはたくさん食べてもカロリーオフが嬉しいですね。






    Q198_カレーをよく食べれば 認知症の予防になるんですか?

    スパイスお悩み

    「カレーをよく食べれば認知症の予防になるんですか?」

    というお悩み。

    A_回答

    カレーに多く含まれるスパイスには、健康予防につながるものが多くあるのですが。
    例えば、消化促進や鎮痛など。認知症に効果のありそうなスパイスは…聞かないですねぇ(私が知らないだけかもしれません)。



    トウガラシのペーストは世界で使われている

    トウガラシのペーストは世界で使われている

    ペースト(ソース)とは、

    流動性と高い粘性のある物質。

    食材としては、

    英語: paste は ラテン語: pasta に由来し、これはもともと食材関連の言葉で、「練った生地」を指す言葉であった。
    味噌や各種の醤、サンバルやチャツネ、ハリッサ、ワカモレなど一部のソース類、バター、ギーなど一部の油脂類、各種ジャムやスプレッド類、練りごまなど、調味料にはペーストの形をとるものが多い。また近年は、チョコレートペースト、アンチョビペースト、練りわさびや練りからしなど、多様なペースト食材がレディメイドの形で市販されるようになっている。こうしたもののほかに、魚のすり身など、調理の途上で一時的にペースト状になるものがある。wikipediaより

    スープや出汁、ドレッシングなどとして使われ、いつもの食事に食欲や味の変化をもたらしますね。
    ここでは、トウガラシを使ったペーストのご紹介です。

    ◆ 柚子胡椒(日本)


    世界のスパイス
    材料は、柚子、青唐辛子、塩など。
    発祥は、大分県日田市とする説、福岡県の英彦山周辺とする説があるのですが、いずれも九州各地を発祥地とする説が多いですね。大分県日田市では、津江地域を中心に柚子の栽培が盛んなため、古くから家庭で柚子胡椒が作られていたと言われています。商品としたのは、1950年に福岡県田川郡の会社のよう。

    ◆ もみじおろし(日本)


    世界のスパイス
    材料は、大根、唐辛子など。
    昔から「大根おろしに医者いらず」との格言があることをご存知でしたか?(私は知りませんでした笑)大根おろしは多くの理由から体に良い食品とされているため、このような格言がうまれたのですね。
    期待できる効能としては、

  • 消化を助ける働きがある
  • 栄養素が豊富に含まれている(ビタミンCなど)
  • 口内炎や虫歯、歯肉炎など口の中の炎症に効く(大根おろし汁でうがいが効果的)
  • 殺菌作用あり(イソチオシアネート)
  • 魚の毒を消す
  • 薬味と言われるだけのことがありますね。

    ◆ コチュジャン(韓国)


    世界のスパイス
    材料は、砂糖(きび糖)、味噌、唐辛子、日本酒、酒、塩、酢など
    韓国では、唐辛子が17世紀より後に日本から伝来し、コチュジャンがうまれたようです。特徴は、発酵食品であることでしょうか。

    ◆ 豆板醤(中国)


    世界のスパイス
    材料は、ソラマメ、ダイズ、米、大豆油、ごま油、塩、唐辛子など。
    豆板醤は、200年以上前に中国四川省で最初に作られ、現在も一大産地。中華料理の四川料理で多く使われているのはこのためですね。
    特に省都成都市内では高級品として知られているそうですよ。

    ◆ サルサ(メキシコほか)


    世界のスパイス
    材料は、トマト、唐辛子、コリアンダーなど
    サルサはスペイン語で「ソース」を意味します。スペインやラテンアメリカで料理に使われる液状調味料の総称。サルサにも様々な種類があります。

  • サルサ・ロハ(赤いサルサ)
  •  メキシコ料理やアメリカ合衆国南西部の料理でよく使われるソース。

  • サルサ・ベルデ(緑のサルサ)
  •  オオブドウホオズキを使っている。

  • サルサ・クルダ(生のサルサ)
  •  トマト、タマネギ、唐辛子とコリアンダーを刻んで混ぜ合わせたサルサ。hyllum ruderale)が入る。

  • ピコ・デ・ガヨ
  •  刻んだモモ、ヒカマ、オレンジなどが入ることがある

  • サルサ・ブラバ(ワイルドなサルサ)
  •  カタルーニャ州のジャガイモ料理で使われる

  • サルサ・ランチェラ(牧場のサルサ)
  •  トマト、タマネギ、ニンニク、唐辛子(チレ・セラーノ)を軽く煮込んで作るサルサ。

    ◆ サンバル(インドネシア)


    世界のスパイス
    材料は、唐辛子、ニンニク、トマト、コリアンダー、塩、小エビの塩辛、酢など。
    インドネシア料理やマレー料理に用いられる辛味調味料で、サンバルソースともいわれている。チリソースの一種。辛いものから甘いものまで様々な味があり、南インドにサンバール(サンバルともいう)という料理があるのですが、それとはまったく別のものです。

    ◆ ホットソース(ラテンアメリカ)


    世界のスパイス
    材料は、唐辛子、酢、塩など。
    唐辛子を原料としたソース、調味料の総称で種類が様々あります。

  • チリソース
  •  トマトソースに唐辛子などを入れたソース、一般的ですね。

  • タバスコ
  •  ペッパーソースの代名詞で用いられている

  • デスソース
  •  ブレア社のホットソースのことなのですが、名前からか激辛ソースを指す呼称になっていることもあります

  • ザ・ソース
  •  過去に世界一辛いとされていたソース

  • ヴィシャス・ヴァイパー
  •  Cajohn Fiery Foodsの発売しているソース

  • チョルーラ・ホットソース
  •  メキシコで生産されているホットソースのブランド

    ◆ ハリッサ(北アフリカ)


    世界のスパイス
    材料は、唐辛子、ニンニク、クミン、キャラウェイ、コリアンダー、オリーブ油など
    唐辛子を元に作られる辛口の調味料。マグリブ地域圏やチュニジアで多く用いられている。アリッサ、アリサと呼んでいる地域もあります。

    いかがですか?お腹が減ってきましたね。。
    白いご飯、麺類、スナック菓子など、結構なんでもあいますよね。どれも食欲がそそられますし、ご飯何杯でも!?
    ただし、トウガラシの摂りすぎには注意ですよ!笑



    Q197_カレーは香辛料とかスパイスが効いてるから健康食ですか?

    スパイスお悩み

    「インディアンはインド人だと思っていましたが、調べてみると違うんですね。30も過ぎて恥ずかしいです。子供にもそう説明しようとしてしまいました。
    しかし私が子供の頃学校給食で「インディアンサラダ」たるものがあり、これはポテトや野菜のカレー風味でした。インド=カレーもただのイメージですね。インドはそんなカレーばかり食べるわけでもないでしょうし。カレーは好きですけどネパールで食べたカレーがおいしかったです。どちらかと言えば香辛料とかスパイスが効いてるから健康食なのでしょうか?」

    というご質問。

    A_回答

    インドでは、カレーばかりのイメージありますね。
    私も実際、現地に行くまではそう思っていましたが、違いました。日本人が寿司ばかり好んで食べるのか?と思われていると同じ感覚でしょうか。
    ただ、
    スパイスの原産地でもあることからスパイスを頻繁に摂っていることには間違いないです。
    多くのカレーに使われるスパイスがクミンやターメリックなのですが、インドではカレー以外の料理にも使っているので、カレー風味になるのかな、と思います。



    これで不健康解決!「精神不安」に効果ありのスパイス

    精神安定

    スパイスで健康

    うつ病とは、
    ゆううつな気分が続いたり、食欲、睡眠欲、性欲などが低下すること。
    〇〇炎などのように、何かが悪さしている、目に見える病気でないのが、うつ病の曲者なところです。心理的症状のせいか、長く心の病と言われてきたのですが、根本原因は脳だと提言されています(臨床心理学の観点からも私もそう思っています)。
    脳は体全体をつかさどっていますが、

  • 脳内のエネルギーが欠乏した状態
  • 脳内の神経細胞の情報伝達にトラブルが生じている状態
  • こんなことが脳内で起きていることが、うつ病です。
    うつ病には幾つかの種類があります。

    ◆ メランコリー型
    特徴としては、

  • 良いことがあっても気分が晴れない
  • 食欲不振
  • 体重減少
  • 朝に気分が落ち込むことが続く
  • 通常の起床時間より2時間以上前に目が覚める
  • 過度な罪悪感を持ち続ける
  • などがあります。

    ◆ 非定型
    特徴としては、

  • 良いことには気分が晴れる
  • 食欲は過食傾向
  • 体重増加
  • 過眠
  • ひどい倦怠感
  • 他人からの批判に過敏
  • などがあり、通常のうつ病と正反対の症状が起こります。

    ◆ 季節型
    特定の季節や季節の変わり目にうつ病を発症します。
    冬季にかかることが多いとされていますが、これは、日照時間が関係しているようです。しかし、日照時間の短い国、北欧に住む人たちは、うつ病にかかる人が少ないのですが、なぜででしょうか。はっきりした答えは分かりませんが、食生活か日々の暮らしに秘訣があるのか、何か対策があるのかもしれません。

    ◆ 産後
    産後4週以内にうつ病を発症します。ホルモンバランスの崩れや変化が少なからず影響しているようです。
    特徴としては、

  • 分娩の疲労
  • 子育てに対する不安
  • 睡眠不足
  • などがあります。

    医学や私が過去に勉強した臨床心理学の世界では、心の病は脳の病とされています。最近の研究では、脳内の神経細胞の情報伝達にトラブルが生じているため引き起こしているという考え方が強まっています。「セロトニン」や「ノルアドレナリン」という物質を聞いたことがありますか?これらは、代表的な神経伝達物質で、感情に関する情報を伝達しているということが分かっています。うつ病状態というのは、これらの物質の機能低下や、情報の伝達がうまくいっていないことにより、起こっているのです。

    勘違いしてはいけないのが、脳になんらかの異常が起きているから、生活や色々なことにやる気がなくなるのが、うつ病であって、嫌なことがあるから、うつになるわけではないということです。←これは、うつ病ではなく、嫌なことをしたくないだけです(笑)
    ヒトには本来、自然治癒力という機能が備わっているので、通常は、体内で起きた異常は回復へと導かれるのですが、自然治癒力も脳のエネルギーがあってこそなのです。うつ病を未然に防ぐためには、脳のエネルギーを保つ、セロトニンやノルアドレナリンを増やすことが必要不可欠なのです。
    日常生活でうつ病予防するためには、

  • 休養(脳を休める)
  • 日光浴をする、適度な運動をする(セロトニンやノルアドレナリンを増やす)
  • 栄養、美味しい食事を摂る(セロトニンやノルアドレナリンを増やす)
  • などが有効です。



    Q196_カレーに甘味を出すオススメの隠し味や食材がありましたら、教えて

    スパイスお悩み

    「スパイスカレーを主に水野氏のレシピにならって作って数回ですが、スパイスの刺激と酸味だけのカレーができあがり、いまいちおいしくありません。
    もっと酸味を減らし、甘味がほしいとおもってます。
    使っているスパイスはカルダモン、クローブ、シナモン、クミン、コリアンダー、カイエンペッパー、ターメリックです。

    酸味はおそらくホールトマトとヨーグルトの量を調節すればよいのかと思っています。
    酸味の抑え方など、アドバイス頂けると嬉しいです。

    また甘味がない原因として、たまねぎ炒めが不十分なのかと疑ってます。
    10分ほど茶色くなるまで炒めてはいるのですが、いくつか最後=完成時まで形が残っているのがあるのが気になります。これは炒めが足りない証拠でしょうか。見ため的にもすべて溶かしたいと思っているのですが、コツはあるでしょうか(煮込みの火加減や時間など)。

    また、甘味を出すオススメの隠し味や食材がありましたら、教えてもらえると嬉しいです。」

    というお悩み。

    A_回答

    甘味ということであれば、

  • タマネギを茶色くなるまでしっかり炒める
  • 砂糖を使う
  • などでしょうね。
    砂糖はカロリーが気になるところなので、黒糖や粗糖を使ってみるのもありですよ。
    美味しいカレーができますように。



    知ってる?「クローブの効能」が凄いということ

    スパイス辞典

    クローブ

    原産地はモルッカ諸島。※モルッカ諸島はインドネシアにある群島で、その昔は、特に西洋人や中国人との間で香辛料貿易が盛んにおこなわれていたことより、香料諸島(スパイス諸島)と呼ばれていました。熱帯育ちです。赤い色の花が咲くのですが、スパイスとして使われるのは、つぼみの部分。日本では全然馴染みがありませんが、世界で活躍スパイスです。

    ◆ 味

    苦味、辛味

    ◆ 効能

    抗菌作用、健胃作用、歯痛緩和作用、駆虫作用、制吐作用、鎮痛作用

    ◆ アーユルヴェーダ的分析

    (↓)ヴァータ、カパ
    ※詳しくはコチラをご覧ください。

    ◆ 含有成分

    オイゲノール、アセチルオイゲノール、カリオフィレン、ケトン、バニリン、サリチル酸メチル、フルフラール

    ◆ 料理

    肉料理、クッキーなどの焼き菓子など

    ◆ オイシイ話

    スパイス辞典

    薬さながらの働きをするスパイスです。そんなクローブは、1度で使用する分量は、1,2片程度なのですが、それでも充分なほどの芳香が強く、効能も強力です。単体で舐めてみると、舌がしびれる風味を感じます。古くからは歯痛止めの薬として、用いられていたようです。昔、歯痛の緊急処置として正露丸を患部に詰めると緩和すると聞いたことがありますが(実際にやってた人も見たことあり)、クローブでも同じ対処できそうですね。確かに香は薬のように感じます。
    私は、カレーに多用しているのですが、スープや煮込み料理、リンゴやオレンジなどのフルーツにも相性が良いとのこと。フルーツに使うときは、フルーツにクローブを刺して焼くことでクローブの風味をうつすみたいです。



    Q195_ハンバーグにナツメグを入れるレシピが多いのですか?

    スパイスお悩み

    「ハンバーグのスパイスについてです
    なぜハンバーグにナツメグを入れるレシピが多いのですか?
    ナツメグ以外にも入れるとより美味しくなるスパイスはありますか?」

    というご質問。

    A_回答

    ナツメグには、健胃作用、消化促進作用、下痢止作用、腹痛の緩和、制止作用、冷え性防止などの効能があります。
    多くの人がこの効能を期待して、ハンバーグにナツメグを入れてるとは思えませんが、風味が好きな方とかでしょうかね。
    ひき肉と相性のいいナツメグなのでハンバーグに限らず、ひき肉料理に使われている方もいますね。

    ナツメグ以外に入れるとすると、オールスパイスというスパイスを入れるのもありですよ^^