スパイスで便秘解消ってホント?

知っ得スパイス情報

今日は、排便のお話しです。

日々、健康に暮らしてくには、排便は、重要です。
日本人は便秘の人が多いですし、なぜだか、便秘の日数を競って「私のが出てない歴長い」と言ってる風潮にある気もしますが、けっして排便をないがしろにしてはいけません。便秘は、健康にとって大敵なのですから。
排便は、体内の不要な物を外へ出す働きを担っているので、必要な機能なのです。健康や不健康のバロメータにもなりますし。

判断するには、

基準 良し 悪し
バナナ状 途切れ途切れ
茶色 黄色
硬さ 硬め 柔らかい
におい 臭い いつもより臭い
重量 軽い 重い

※測るわけにはいかないので、浮いたらOK.などを見ます。

さて、その排便ですが、規則正しい生活をしていればある程度時間がたったら促されるかもしれないのですが、そう簡単にいかないのが現代人。私の場合、紅茶やチャイを飲むともよおしますが、乳製品を食べたらという人もいるでしょうし、中には、本屋さんに(インクの匂いかな)行くと、もよおすという人もいます。出るポイントは千差万別なので面白いですね。

それはいったいなぜ?

体質が異なるからです。それぞれの体と食材の持つ効果に体質の差があるからなのです。
だから、ダイエット本を試したけど、全然排便されないし体重が減らないなんてことが往々にしてあるわけ。

健康か不健康になりつつあるかの判断に硬さをあげましたが、これが水っぽいと下痢になります。
下痢っぽいなと思ったら、正露丸を飲んでしまいそうですが(緊急のときはそうして下さい)、違和感があるな、調子が悪いなと感じるレベルであれば、

  • あたたかいお水(白湯)を飲む
  • スパイスの摂取
  • 生姜(生姜湯など)
  • クミン(スープやカレー)

などの対処で、ご自身でゆっくり予防することをお勧めします。
生姜やクミン、唐辛子などのスパイスには、排便を促す作用があるので、スパイスで便秘解消できるのは本当です。
ただし、特に唐辛子は便秘に効果的だからと言って摂りすぎはいけません、お腹を壊してしまいますからね。