アーユルヴェーダ

今日は、アーユルヴェーダのお話です。

聞いたことはあるけどよく分からない人や、何それと思われた方も大歓迎です。
それエステかなんかでしょと思われた方は要注意ですね(笑)

アーユルヴェーダとは、インドで5千年以上も前から伝承されている医学のことで、世界三大伝承医学の1つに当たります。そう、れっきとした医学なのです。ここをよく勘違いされて、パフォーマンス的なエステが先行してしまって、日本ではエステ色が強くちょっとがっかりです。

  • アーユル:生命
  • ヴェーダ:科学、知識

という意味で、すなわち、アーユルヴェーダは生命科学という分野なのです。
アーユルヴェーダの考え、理論で

  • 食事療法
  • ハーブ治療
  • 施術
  • 薬投与

などが行われます。トータルでアーユルヴェーダです。
インドではアーユルヴェーダの資格をもつことで、全ての施術を行うことができ、この施術の一部に鼻から薬を投与したり、浣腸や下剤を入れたりします。これらは医師でないとできません。ですので、日本でいうところの医学や薬学と同等の勉強や資格取得が必要です。

日本ではアーユルヴェーダ資格は医師資格と認めらていませんので、できることが限られます。エステと同じじゃない?と思われるのはそんな背景があるからです。

さて私が学んだアーユルヴェーダはその中のほんの一部の理論です。
アーユルヴェーダ医師になろうなんてそんな容易くできません。それでも何故、それが必要なのか。
そう、食事や施術にスパイスが多く使われているからです。スパイスがどんな働きがあって、体のどこの部位、どんな機能不全に効果があるのかを知りたかったからです。ただそれだけです。スパイスで健康になるなら良いじゃない^^

これから、スパイスに関係するアーユルヴェーダの理論を挟みながらご紹介していこうと思います。