ダイエット中の方必見!糖分の代わりになるスパイス教えます

知っ得スパイス情報
※画像は引用です。

ダイエット中の方必見!糖分の代わりになるスパイス教えます

ダイエット中の方には大敵の糖分、砂糖
甘味をもたらすことで知られる調味料ですが、なにやら、この砂糖はとっても不思議で面白い働きをするらしい。
こんな経験はありますか?

◆ 苦味の強いコーヒーに砂糖を加えると、苦味が弱くなって飲みやすくなった
◆ 酸味の強いレモン果汁に砂糖を加えると、飲みやすくなった
◇ 砂糖をたくさん入れたコーヒーが生ぬるくなった時に飲むと甘ったるく感じた
◇ アイスコーヒーの砂糖が足りないと感じた

◆の現象について
砂糖の甘さには、苦味を弱くしたり、塩味を遮蔽したり、酸味を弱めたりする働きがあるのです。

※遮蔽とは、上におおいをかけたりして、他から見えないようにすること(大辞林 第三版の解説より)

砂糖は、甘味をもたらすだけでなく、その他の強い味を弱めるのです。

◇の現象について
味覚は、温度によって感じ方が変わるという面白いことが分かっています。甘味の場合は、体温付近の温度が(36度前後)、最も甘味を強く感じます。
一方、熱い時、冷たい時の甘味は弱く感じます。確かに考えてみると、冷やた/凍ったチョコレートは、あまり甘味を感じません。口の中で溶けてきた時に、甘味を感じるように思います。
と、このように魅惑たっぷりの砂糖ですが、摂り過ぎると、脂肪が増え、体重増加の元になることは周知の事。ダイエット中の人には、砂糖の摂りすぎは控えたいところです。
ただ、甘さを控えたダイエットは、特に甘いもの好きなあなたには、苦痛では。そんなあなたにおすすめの減糖方法をアドバイス。そのアドバイスが、砂糖の変わりにスパイスを使うことなのですね。スパイスを使うことで、砂糖の使用を抑えることができるのです。
変わりになるスパイスは、

  • バニラ
  • シナモン
  • です。アイスやスイーツでよく使われているのでご存知の方やすでに使っている方も多いと思います。不思議なことに、バニラやシナモンを直接、口に入れても甘味を感じることはありません。なぜなら、甘味の成分は含まれていないのです。
    なのに何故、代わりになるの?と思いますよね。
    それは、甘い芳香を利用するからです。バニラやシナモンは、甘い香りを放ちます。そしてその甘い香りには、不思議と砂糖の甘味を強める働きがあるのです。

  • バニラもしくはシナモンを使用したり
  • 36度の料理にする
  • こんな方法で、砂糖の量を半分にしても、いつもと同じ甘味を感じる食事を摂ることができるというわけです。
    是非試してみてください^^