スパイス&ハーブ検定

スパイス勉強法

スパイス&ハーブ検定

今日は、台風のさなか、「スパイス&ハーブ検定」の検定試験に行きました。
あわよくば、台風で中止にならぬかと、昨日から思っていたのですが。ま、試験を先延ばしにしたところで、たぶん結果はさほど変わらないと思います(笑)

「スパイス&ハーブ検定」公益財団法人 山崎香辛料振興財団が主催する、検定試験。3級、2級、1級があります。
※ご当地検定同様?資格を取ったからすぐにどうこうというものではないのです。
この試験が開催されることを知ったのが約1カ月前の、申し込み受け付け終了間近でした。面白そうだな~それに、今回なんと記念すべき第10回目!これは、と思って軽い気持ちで申し込みました(年1回の開催なので10年続いてるみたいなので割とすごい)。

過去問を見た限り、3級は結構簡単だったので(おそらく、このブログを読んでいる人は朝飯前(笑))、2級&1級併願にしました。
申し込みした時の勢いのある自分が若干、恨めしいです。
問題の構成は、

  • 2級は、マーク式のみ全60問
  • 1級は、マーク式50問、記述式10問の全60問

です。
この検定試験を受けるに辺り、推奨参考書があり、この範囲での問題が多くだされています。山崎香辛料振興財団主催ですが、エスビーフードも協賛しているようで、エスビー執筆ですね。結構薄い本なので、隅々まで読み込んでいればある程度はクリアできるのでしょうが、それはそれで大変です。スパイスが60種類は載ってました。。

力不足と感じたのが、まだまだ知らないスパイスやハーブがたくさんあるということ。そして、その見たことも聞いたこともない(参考書レベル)スパイスやハーブ

  • 味がどうなのか
  • どんな効能があるのか
  • 科目は何か、
  • 何色の花が咲くのか

など

スパイス勉強法

それらのスパイスを1回でも実物を見たり、香りを嗅いだりと、実体験があれば、さほど難しいと感じることもないのかもしれませんが、暗記だけに頼ってもこの類の問題はどうにもならないですね(あまり暗記もせずに挑みましたが^^;)

検定試験を受講している人がざっと200人はいたように思います。
意外だ!(主催者に失礼^^;)それに、自分の勝手なイメージでは、女性が9割を占めているだろうななんて想像していたのですが、セカンドライフ風なおじさんや、男子若者なども3割ほどいたように思います。問題の内容が、歴史、植物学、医学、など広範囲におよぶので、そう考えると、老若男女の生活に必要なことかもしれませんよね。
今回の検定試験を通じて、スパイスってまだまだ奥が深くて、自分のモノにするには、もっと研究が必要だなと思いました。