これで不健康解決!「血液ドロドロ」に効果ありのスパイス

発汗作用

スパイスで健康

発汗作用とは、汗をかく働きを促す作用のこと。
発汗は、一般に温熱刺激で皮膚温が 43~46℃になったときに起こるとされています。体温が高まったときに起る体温調節現象の一種で,汗のうちの水分の蒸発により、熱の放散が増大します。

発汗作用が高まるメリット

◆ デトックス効果
汗をかくということは、体内にたまっている老廃物や毒素が出ていくということなので、汗をかけばかくほど、体内の老廃物や毒素が放出されているのです。老廃物・毒素が体内に滞在し続けると、血液を通り臓器に伝わります。ちなみに、老廃物や毒素の排出の多くは便からです。

◆ 体内がキレイに
汗を意識的に出さない人や、低体温症などで汗をかきにくい人は、毒素をためこむ傾向にあります。食事や運動により積極的に汗をかく習慣を身につけた方が良さそうです。

◆ 血液がサラサラに
汗をかくことで、サラサラの血液になります。発汗量が多いと、血行促進効果も高くなります。血液がドロドロになると脳梗塞や動脈硬化を引き起こしやすくなります。汗をかかない人ほど血液がドロドロであることも分かっています。

健康な体を維持するには、発汗が欠かせないのですね。