知ってる?「生姜の効能」が凄いということ

スパイス辞典

生姜

原産地は、インドや中国。使用する部分は、根です。和食料理にも重宝される、生姜はみんなの人気者です。日本での生姜生産量1位は、高知県だそうです。白い花が咲く植物です。ここであえて説明するまでもなく万能な生姜は、まさにスーパーマンです。

◆ 味

苦味、甘味

◆ 効能

発汗作用、解毒作用、食欲増進作用、風邪症状の緩和、鎮痛作用、リウマチの治療、去痰作用、打撲傷の治療、睾丸円の治療

◆ アーユルヴェーダ的分析

(↓)ヴァータ、カパ
※詳しくはコチラをご覧ください。

◆ 含有成分

ジンギベレン、シトラール、ジンゲロン、ショウガオール、リナロール、シオネール、ボルネオール

◆ 料理

夏野菜料理、肉料理、紅茶など

◆ オイシイ話

風邪薬と一緒に、もしくは代わりに生姜湯を飲んでいた人も多いのでは。ピリッとくる辛さの成分、ショウガオールが胃腸をポカポカにさせ、血行を良くすることで、私たちの体を健康に導いてくれています。古代より、中国人やインドで栽培され、孔子(中国の哲学者)は、論語で生姜について述べているようです。一方日本では、縄文時代に渡来したと言われており、古くから広く食されたスパイスなのです。