知ってる?「ローズマリーの効能」が凄いということ

スパイス辞典

ローズマリー

原産地は、地中海沿岸。青紫や水色の花が咲く植物で、スパイスとして使用する部分は、葉です。多くはローズマリーの名で親しまれていますが、ロスマリヌスという学名が付いています。これはラテン語で、「海のしずく」を意味しており、水色の花が地中海の色、形がしずくを連想させることから、そのように名づけられたのだとか。なんだかロマンチックな話ですが、ローズマリーは歴史の古いスパイスの1つで、愛のシンボルとして神話や儀式によく使われてもいるようです。

◆ 味

辛味、苦味

◆ 効能

記憶力や集中力を高める、花粉症などのアレルギー緩和、血行不良やリウマチ、抗神経痛作用、血圧降下作用

◆ アーユルヴェーダ的分析

(↓) ヴァータ、カパ
※詳しくはコチラをご覧ください。

◆ 含有成分

シオネール、ボルネオール、カンファー、テルピネオール、リナロール、ピネン、カンフェン、リモネン、ミルセン、カリオフィレン、イソボルネオール、ハイドロオキシトリテルペン酸、ウロゾール酸、オレアノール酸

◆ 料理

野菜料理、じゃがいも料理、シチューなど

◆ オイシイ話

ローズマリーには、こんな俗説があります。「聖母マリアが青いマントを香りのよいハーブの茂みにかぶせたところ、翌朝、白かった花がマントと同じ青に変わっていた。」そんな伝説から、マリア様を象徴する花がバラであることから、ローズ・オブ・マリー=ローズマリーと呼ぶようになったとか。これまたお洒落な話ですね。

スパイス辞典

なんと、古代ギリシャでは、ローズマリーの香りが頭脳を明晰にするとされていたようで、学生たちは勉強する際に、記憶定着のためにローズマリーを身につけていたと言われているのです。大事な試験や集中したい仕事がある時に、ローズマリーの香りをかいだり、ハーブティーを飲んだりすると、もしかすると実力以上の成果が得られるかも!?しれませんね。