知ってる?「フェネグリークの効能」が凄いということ

スパイス辞典

フェネグリーク

原産地は、西アジアや南東ヨーロッパ。使用する部分は、葉と種子です。
ん?フェネグリークって、それは何だ。聞いたこともない、という方が多いと思います。それもそのはず日本ではあまり知られていないスパイスです。

◆ 味

辛味、苦味、甘味

◆ 効能

感染症の治療、鎮静作用、強壮作用、健胃作用

◆ アーユルヴェーダ的分析

(↓)ヴァータ、カパ (↑)ピッタ
※詳しくはコチラをご覧ください。

◆ 含有成分

クマリン、トリゴネリン、プテロカルバン、コリン、サポニン、ディオスゲニン

◆ 料理

カレー、豆料理など

◆ オイシイ話

このスパイスがめっちゃ万能だということを知ってしまった私は、ニヤニヤが止まりません(笑)フェネグリークは、セロリみたいな匂いがします。嗅ぐと「あ、インドだわ」と思います。それもそのはず、インドのローカルの間では定番で、ドクターもその効果を熱弁していました。
なんと、体内だけでなく頭皮や美肌にも良いそうで、現地の主婦はパックを作って愛用しているのだとか。
ということで、早速、聞いたレシピで頭皮用オイルと、フェイスパックを作りました。

◇ 頭皮用オイル(写真左)

  • 作り方:フェネグリーク小さじ0.5杯にココナッツオイル小さじ1杯を混ぜる
  • 使い方:シャンプー前に、頭頂部に塗りこむ
  • ◇ フェイスパック(写真右)

  • 作り方:フェネグリーク小さじ0.5杯にヨーグルト小さじ2杯を混ぜる
  • 使い方:顔や体に塗り込む
    ※いずれも、パウダーの場合はそのまま使ってください。ホールの場合は、ミルサーなどでパウダー状にしてから使ってください。
  • とっても簡単ですね^^
    頭皮の乾燥を防いだり、髪に艶を与えるみたいです。肌には潤いとモチモチ感がたまりません。特に目の周りのくすみを抑えるみたいです。
    フェネグリークが手に入る方は是非お試しを。