知らなきゃ損!「タマリンド」の効能がすごい

スパイス辞典

タマリンド

原産地は、アフリカ熱帯地域、暑い場所育ちです。スパイスで使うのは果実の部分なのですが、赤い筋の入った黄色い花が咲く植物です。酸味をもたらす数少ないスパイスの1つです。その酸味のせいなのか、インドの一部地域では「タマリンドには悪霊が宿っている」と言い伝えがあるようです。決して危ないスパイスではありません(笑)

◆ 味

酸味、甘味

◆ 効能

便秘を和らげる、腎臓や肝臓に良い、ビタミンが豊富なため美容にも良い

◆ VPK分析

(↓)ヴァータ、カパ
※VPK分析は、アーユルヴェーダ理論になります。詳しくはコチラをご覧ください。

◆ 含有成分

チアミン、マグネシウム、鉄分、リン

◆ 料理

シーフードカレーなど

◆ オイシイ話

なんと体に良いだけでなく美容にも。写真左はペースト状、写真右は固形です。固形の場合は、水で戻す必要あり。ついペースとで楽しがち(笑)

スパイス辞典

はじめて南インド(ケララ州)に行った時のこと、通った料理教室は野菜料理のクラス。南インドと言えば、魚なのに物足りない。たまたま、ふらっと行った海辺のカフェ。そこで食べたフィッシュカレーがめちゃ旨の衝撃的だった。思い切って、お店の人に作り方を尋ねたら、若い男前のシェフ現る。簡単だから教えてあげるよと。懇切丁寧レシピを教えてくれました。その時に、「タマリンド」は入れてね、と言ってた。タマリド???シェフがしきりに「た~まりんど」「タ~マリンドは黒色だよ」と言うのですが、私はずっとターメリックと思い込んでしまい。どれだけたくさんターメリック入れるねん、色違いで入れるのか、って本気の勘違いを。。帰国して1カ月以上経ち、ある時、合点いった、「タマリンドだ!」と(笑)日本にある食材の組み合わせで、タマリンドと同じ味になるのですが、それが、梅干しと砂糖です。カレーに梅干しを入れることを考えるとちょっと違和感ありますね^^;