知ってる?「サフランの効能」が凄いということ

スパイス辞典

サフラン

サフランの原産地は、南ヨーロッパや西アジアです。スパイスとして使用する部分は、花の雌しべ。スパイスの多くは、葉や実を使いますが、花、しかも雌しべを使うのはサフランぐらいです。水にひたすことで、黄金色の色素が移るので、お米やお菓子の色付けなどに用いられていますが、日本ではあまりお目にかかりませんね。

◆ 味

辛味、苦味、甘味

◆ 効能

若返り、胃腸内のガスを排出する、月経を促進する、鎮静作用、記憶障害改善作用、更年期障害改善作用

◆ アーユルヴェーダ的分析

(-)ヴァータ、ピッタ、カパ
※詳しくはコチラをご覧ください。

◆ 含有成分

サフラナール、ピクロクロシン、クロシン、クロセチン、α-カロチン、β-カロチン、γ-カロチン、リコピン、ツアキサンチン、シオネール

◆ 料理

パエリア、ブイヤベース、リゾットなど

◆ オイシイ話

スパイス辞典

日本で買うとめちゃくちゃ高いんですよね、これが。日本は特に高いのですが、世界的にもサフランは高価なスパイスです。それは、なぜか。
希少性
サフランは、花の雌しべですが、ひとつの花から3本しか取れません。1キロのサフランを取るに17万個の花が必要になります。
人件費
一本一本手作業で採取していることもあり、手間暇がものすごいかかっています。

スペインのパエリアが代表的ですが、その他には、イタリア料理のミラノ風リゾットやブイヤベース、お菓子などで使われています。手軽に楽しむには、お湯を注ぐだけのサフランティーが良さそうです♪