知ってる?「カルダモンの効能」が凄いということ

スパイス辞典

カルダモン

原産地はインドやスリランカ、暖かい場所育ちです。赤紫色の筋が入った白い花が咲く植物です。そんなカルダモンは、甘くそして(切なくと言いたいところですが)、爽やかな香を放つため、インドでは、古くからスパイスの女王と呼ばれているみたいです。

◆ 味

甘味、辛味

◆ 効能

解毒作用、消化促進作用、口腔清涼作用、利尿作用、緩下作用、強壮作用、防腐作用
※緩下(かんげ)作用とは、腸の動きを高め、排便をもたらす作用のこと

◆ アーユルヴェーダ的分析

(↓)ヴァータ、カパ (↑)ピッタ
※詳しくはコチラをご覧ください。

◆ 含有成分

シオネール、α-テルピニルアセテート、リモネン、サビネン、ボルネオール、カンファー

◆ 料理

ひき肉料理、チャイ、焼き菓子など

◆ オイシイ話

スパイス辞典

香水を振りまくっているそれとは違い(笑)、体にもとても良いスパイスなのです。
カルダモンの香は、この緑に覆われた種から発しています。南インドの行く前まではパウダーを使っていたので、素敵な香がするなんてこと、ほんの少ししか気が付いていなかったのですが、修行の調理実習で、カルダモンを石臼でひいてる真横を除きこんだ時に、衝撃を受けたなんて良い香がするんだ!石臼で引いていたのは、調理のおばちゃんだったのですが、「すごい良い香する!」と伝えたら、ニコっと笑って、引き立てのカルダモンをそっと私に差出した。そんな彼女の姿すらをも女王様に見えるほどの、何か自分の中で眠っていたものが覚めた、そんな香でした。それからというもの、調理実習でカルダモンが登場するたびに、香をクンクンかいではニヤニヤして満足しているのであります。チャイやカレーでの使用頻度が高いです。私としては、カルダモンの香が充満しているだけで幸せな気分になるほど(変な意味でなくね笑)。もう女王様にメロメロです。