今日のスパイスは「オールスパイス」

オールスパイス




※画像は引用です。実物がすぐに手に入らず、入り次第差し替え予定。

原産地は、中産地。使用する部分は、未熟な果実部分です。日本では、あまり馴染みのなスパイスですね。スパイスを知りたての人がよく勘違いするのですが(ちなみに私も勘違いした人の1人です笑)、オールスパイスという名前から、色々なスパイスが入っているミックススパイスではなく、1つのスパイスなのです。ここテストにでますよ!!
なぜ、こんな名前なのかと言うと、クローブ、ナツメグ、シナモンを合わせたような、甘くて、爽やかな香りを放ち、多くの食材と相性がよく、世界中での料理で多用されているからだそうです。

◆ 味
辛味

◆ 効能
殺菌・抗菌作用、食欲増進、強壮作用、緩下作用、抗リウマチ作用

◆ VPK分析
(↓)ヴァータ、カパ (↑)ピッタ

◆ 含有成分
オイゲノール、チモール、フェランドレン、シネオール

◆ 料理
夏野菜料理、肉料理、紅茶など

※気質やVPK分析は、アーユルヴェーダ理論になります。詳しくはコチラをご覧ください。

なんと、このスパイスは、古くは遺体の保存に使われていたのだとか。それだけでなく、日常的には、肉や魚の保存として用いられていました。産地の中南米では、オールスパイスの精油を神経痛やリウマチの治療に用いられているようで、薬の効果も高いスパイスです。また、男性用の香水に最も用いられています。


今日のスパイスは「ミント」

ミント

原産地は、ヨーロッパやアジア。スパイスとして使用する部分は、葉および花穂です。
正直なところ、私はあまり好きではなく…、爽やかな清涼感。スースーする感じですね(笑)
チョコミントの味に納得がいかないのは私だけかもしれません^^;

◆ 味
苦味

◆ 効能
鎮痛作用、防腐作用、殺菌作用、発汗作用、抗リウマチ作用

◆ VPK分析
不明

◆ 含有成分
メンチルアセテート、メントン、リモネン、メントール、

◆ 料理
夏野菜料理、肉料理、紅茶など

※気質やVPK分析は、アーユルヴェーダ理論になります。詳しくはコチラをご覧ください。

ギリシャ神話に登場するミントは、とても美しく妖艶でした。そんな美しい美少女は、王様のプルーストと話をするだけで、妻プルセルピナに嫉妬され、魔法で植物に変えられてしまいました。その植物は、爽やかな香りで人々の心を清めたため、この植物がミントと名付けられたそうです^^


Today’s spice is 「arugula」

arugula

Origin is the Mediterranean coast and West Asia. It is a plant where cream-colored flowers bloom. The part to use as spice, leaves. It is a spice often used in Italian cuisine, I feel that it is not very familiar in Japan, recently it is popular, in Europe, it is spice that has been used since ancient Greece.

◆ Taste
Pungent, bitterness

◆ Indication
Antibacterial action, anti-cancer action, other thrombosis prevention

◆ VPK analysis
unknown

◆ Ingredients
β-carotene, magnesium, phosphorus, allyl isothiocyanate

◆ Cooking
Raw ham and cheese, palmigiano reggano, tomato dishes, soup etc.

※ Disposition and VPK analysis will be Ayurveda theory. For details, please click here.

There is a scent similar to sesame when biting Rucco’s leaves, is it? What? Sesame fragrance …?
Shamefully I do not understand the scent.

Do you have a menu called “Serbatika” at a full-fledged Italian restaurant? This is a varietal which is said to be the rucola’s prototype, also called “Ruccola Cell Vatica” and is a spice indispensable for Italian cuisine as well as Rucola.


Today’s spice is 「Dill」

Dill

Origin is Southern Europe and West Asia. Plants in which yellow flowers bloom. The parts used as spices are seeds and leaf stems.
It is a spice that is not very familiar in Japan, but in Europe it seems that it is called “fish herb” because it is often used for fish dishes.

◆ Taste
Pungent, bitterness

◆ Indication
Sedative action, digestion promotion, stomach action, halitosis prevention, detoxification action

◆ VPK analysis
(↓) Pita, Kapa

◆ Ingredients
Carbon, limonene, pinene, dipentene, phellandrene, camphene, terpinene, γ-sitosterin, furano coumarin

◆ Cooking
Fish dishes (marinated and other non-heated dishes), pickles, sauces, etc.

※ Disposition and VPK analysis will be Ayurveda theory. For details, please click here.

The scent felt like a Japanese tea to me, but it is expressed as a unique refreshing scent.
In medieval Europe, cultivation expanded in ancient Greek times, it seems that it was used as a material of a magician and a witch’s mischievous, and it was often used as an aphrodisiac or a medicine. He seems to have treated the knight’s wound by pasting baked dill seed.


今日のスパイスは「パセリ」

パセリ

原産地は、地中海沿岸。スパイスとして使用する部分は葉茎です。
パセリには多くの品種があるのですが、写真のパセリは、モスカールドパセリで、日本で見るのはこれが一般的かなと思います。
口臭をやわらげることにとても優位なのですが、特にニンニク臭に効果があります。
栄養面でもこ抜群のスパイスです。

◆ 味
苦味

◆ 効能
口臭防止作用、利尿作用、消化促進、解熱作用、抗リウマチ作用、皮膚病の治療など

◆ VPK分析
(↑)ピッタ、(↓)カパ、ヴァータ

◆ 含有成分
アピオール、α-ピネン、フェランドレン、ミリスチシン、フラボン配糖体、アピイン、鉄分、ミネラル、ビタミンA,Cなど

◆ 料理
スープ、サラダ、パセリライスなど

※気質やVPK分析は、アーユルヴェーダ理論になります。詳しくはコチラをご覧ください。

古代ギリシャ・ローマ時代には、パセリの持つ芳香が、アルコールの吸収をして酔いを冷ましたり、アルコール中毒にならないと信じられていたようで、宴会の席に、パセリを飾っとのだとか。オードブルやお刺身なんかに、パセリが使われていたりますね。その名残!?私は、なにも知らずに食べてました(笑)周囲からは「それ食べる人なかなかいない」といじられた記憶がありますが。あながち間違いでもなさそうですね。
とはいえ、、、この束の使い道は、どうしたものか(笑)


今日のスパイスは「ルッコラ」

ルッコラ

原産地は地中海沿岸や西アジア。クリーム色の花が咲く植物です。スパイスとして使用する部分は、葉。イタリア料理で多用されるスパイスで、日本ではあまり馴染みがないせいかい、最近流行りなのかと思いきや、ヨーロッパでは、古代ギリシャ時代から利用されているスパイスです。

◆ 味
辛味、苦味

◆ 効能
抗菌作用、抗癌作用、他血栓予防

◆ VPK分析
不明

◆ 含有成分
β-カロテン、マグネシウム、リン、アリルイソチオシアネート

◆ 料理
生ハムやチーズ、パルミジャーノレッジャーノ、トマト料理、スープなど

※気質やVPK分析は、アーユルヴェーダ理論になります。詳しくはコチラをご覧ください。

ルッコラの葉を噛むと、ごまに似た香りとあるのですが、??ごまの香り・・・?
恥ずかしながら私にはその香りが分からずです。

本格的なイタリア料理店で「セルバチカ」というメニューを見ることがあるでしょうか。これは、ルッコラの原種と言われる品種で、またの名を「ルッコラセルバチカ」とも呼ばれていて、ルッコラ同様にイタリア料理に欠かせないスパイスなのです。


今日のスパイスは「ディル」

ディル

原産地は南ヨーロッパや西アジアです。黄色い花が咲く植物。スパイスとして使う部分は、種子や葉茎です。
日本ではあまり馴染みがないスパイスなのですが、ヨーロッパでは、魚料理によく用いられていることから、「魚のハーブ」と呼ばれているそうです。

◆ 味
辛味、苦味

◆ 効能
鎮静作用、消化促進、健胃作用、口臭防止、解毒作用

◆ VPK分析
(↓)ピタ、カパ

◆ 含有成分
カルボン、リモネン、ピネン、ジペンテン、フェランドレン、カンフェン、テルピネン、γ-シトステリン、フラノクマリン

◆ 料理
魚料理(マリネなどの加熱しない料理)、ピクルス、ソースなど

※気質やVPK分析は、アーユルヴェーダ理論になります。詳しくはコチラをご覧ください。

香りが、私には日本茶のようにも感じましたが、独特な爽やかな香りと表現されています。
中世ヨーロッパでは、古代ギリシャ時代には、栽培が広がり、なんと魔術師や魔女のまじないの材料として使われていたそうですし、また媚薬や医薬品として多用されていたのだとか。騎士の傷口に焼いたディルシードを貼って治療したそうです。


Today’s spice is 「Celery」

Celery

Origin is Southern Europe and Sweden. It is familiar celery with vegetables. Parts used in vegetables are leaves and stems, but the parts used as spices are divided into seeds (the pictures are not available for vegetable celery).
Like the leaves and stems of celery seeds, there are unique fragrances, odor and bittersweet.
In ancient Rome and Greece, it was used as a medicinal rather than as a vegetable. It is indeed painful for good medicine.

◆ Taste
Pungent

◆ Indication
Diuretic action, Intestinal action, Treatment of eye inflammation, Sweating action, Treatment of bruise, Treatment of rheumatism

◆ VPK analysis
Capital

◆ Ingredients
α-limonene, α-selinene, appein, bergapten, luteolin glycoside, alkaloid, sedanolic acid, nerol, sesquiterpene alcohol

◆ Cooking
Tomato dish, pickles, dressing, salad etc.

※Dosha and VPK analysis will be Ayurveda theory. For details, please click here.

In recent years, there are many productions in Shizuoka and Nagano etc, and vegetables familiar in Japan (although there was no recognition of spice), it was in the late 16th century that I came into Japan. It seems that Kiyoshi Kato was also called 「清二(Seiji) carrot」 because it brought back for fake carrot seed. In other countries, Hippocrates, the father of medicine, says, 「If nerves are gone, you should eat celery and take medicine」.

I want to eat quickly, for you like that, easy Celery pickles seems to be good. I mixed salt, clove, pepper, chili peppers in vinegar, soaked celery there. A proper recipe is released separately.

You can easily eat one bunch^^


今日のスパイスは「セロリー」

「楽しく、美味しく、健康に!」
スパイスの魅力を伝える、areUspicyです

原産地は南ヨーロッパやスウェーデンです。野菜でお馴染みのセロリーですよね。野菜で使用する部分は、葉や茎ですが、スパイスとして使用する部分は種子という分け方をしています(写真は手に入らなかったので野菜のセロリーです)。
セロリーの種子も葉や茎と同様に、独特の香り、青臭さとほろ苦さがあります。
古代ローマやギリシャでは、野菜としてではなく医薬的に使用していたのだとか。まさに良薬口に苦しです。

◆ 味
辛味

◆ 効能
利尿作用、整腸作用、眼炎の治療、発汗作用、打撲の治療、リウマチの治療

◆ VPK分析
(↑)カパ

◆ 含有成分
α-リモネン、α-セリネン、アピイン、ベルガプテン、ルテオリン配糖体、アルカロイド、セダノール酸、ネロール、セスキテルペンアルコール

◆ 料理
トマト料理、ピクルス、ドレッシング、サラダなど

※気質やVPK分析は、アーユルヴェーダ理論になります。詳しくはコチラをご覧ください。

昨今、静岡や長野などでの生産が多く、日本でもお馴染みの野菜ですが(スパイスの認識はありませんでしたが)、日本に入ってきたのは16世紀後半のこと。加藤清二がニンジンの種子と偽って持ち帰ったことより「清二ニンジン」とも呼ばれていたそうです。諸外国では、医学の父ヒポクラテスは、「神経がまいったならば、セロリーを食べて薬にするとよい」とも言ってます。

手っ取り早く食したい、そんなあなたには、簡単にできるセロリーの酢漬けをおすすめします。お酢に塩、クローブ、花椒、チリペッパーを混ぜ、そこにセロリーを漬け込み、待つこと数時間~1日。ちゃんとしたレシピは別途公開。

これだと1房ペロっと食べれますね。


Today’s spice is 「onion」

onion

Due to the prejudicial prejudice that onion was a vegetable, I forgot about it entirely. It was found in the spice dictionary securely, what I did. Some people are vegetables, and they are versatile foods that can be said as spices.

◆ Taste
Bitterness, sweetness

◆ Indication
Promotes digestion, stimulates menstruation, hypnotic action, blood pressure lowering effect, treatment of bruises, diuretic action etc.

◆ VPK analysis
(↑) Pitta (↓) Vata, Kapha

◆ Ingredients
Di-n-propyl disulfide, methyl-n-propyl disulfide, glucose, sucrose, dextrin, scorodose

◆ Cooking
Curry, meat dishes, hamburgers, salads and more.

※Dosha and VPK analysis will be Ayurveda theory. For details, please click here.

When I cook onions, I have tears, but this is due to the chemical substance thiopropanal S-oxide contained in the onions scattering. A researcher named Charles Darwin investigated whether tears falling asleep in times of sadness and tears when cutting an onion are the same. The result is Yes. Both are the same tears.
Onion was already useful as a main ingredient since Greek and Roman times, but because it turns translucent as it turns leather, the Romans say “onion” as “like a pearl, many layers are one It was said to have called the meaning “unio”.
Sure, it is a beautiful translucent color.
There seems to be a mysterious legend also on onion, it seemed to have been said to be fortunate simply by dreaming of an onion, such as putting sick on the left side or getting worse if you give a fire or onion is. Really??