You smell like Thyme

「Fun, Yummy, healthy!」
areUspicy is to convey the charm of spices.

Today is the story of Thyme.

The country of origin of Thyme is Europe. It is a plant that blooms white and pink flowers, the part to use as spice is leaves and flowers. When asked Thyme, is there something related to TIME? I think, Spelling is different from it Thyme. In Greek, thymon, it seems to be etymology to mean antiseptic.
The origin also seems to have been useful in ancient Greece. It seems that it was believed to raise human ability, it was a symbol of courage, boldness.
In ancient Thymes, it seems that “You smell like Thyme” was the best praise.

Well, although it’s efficient

  • Taste: pungent
  • Function: Heating body
  • Working: antispasmodic,carminative,antispasmodic
  • VIPAKA (taste after digestion): pungent
  • VPK analysis: decrease Vata,Kapha

Although it is often used for extermination and aroma, it has been used as fragrance of toothpaste with its fragrance, and it was also used as a medicine in the past. It has a very refreshing scent, so you can enjoy the fragrance by time alone. I felt like being close to incense for myself.

It is also good to use it with meat and fish dishes, soup and dressing. If you take a large amount, bitterness is better, so please use a small amount.


◆◇◆ Enjoy your spice life ◆◇◆

カレーは文明開化とともに/Curry with civilization and enlightenment

日本語は下です

「Fun, Yummy, healthy!」
areUspicy is to convey the charm of spices.

Today, curry is the story of with the civilization and enlightenment .

Curry is originally a dish of India. A lot of spices is eaten in daily life in India both now and in the past. It is a miso soup like that in Japan.
Once used to colonize India United Kingdom tells its curry to home country …

Well, the isolation that lasted nearly 200 years since 1633 is over Japan.
Civilization opening will occur by 明治維新Meiji Restoration. This opens the path of civilization, and the trade is done actively. Western culture and Oriental culture will enter Japan steadily and steadily. Meanwhile, in 1872, curry dishes were announced in the book 「西洋料理指南書」Western Cuisine Gyanan Book” and 「西洋料理通」Western Cuisine Tea.
However, UK introduced it as Western cuisine.


「西洋料理指南書」※ The picture is quoted
(I’d like to see the real thing, I would like to reproduce if the recipe is written.)

That’s why, the curry we eat on a daily basis is a Western curry.
In addition, in this style I think that we are curry.

It is curry and rice.
Japan with staple food as rice was curry rice because it was applied to rice when eating curry. Curry and rice is Japanese unique menu.
Certainly Indian curry and Western style curry have different curry and rice and are often bread.

Also, the unique thickening of curry and rice, this was also arranged by Japan.

  • The theory that it was to correspond to the shake of the ship when adopted in the menu of the British navy
  • The theory that it adopted the method of French cuisine which emphasizes sauce

(From Wikipedia)
There seems to be various theories, it is funny.

There are certainly solids. Because it placed emphasis there? Or is it difficult to obtain spices, spice is not used much for curry and rice?
I want to eat curry ^^


「楽しく、美味しく、健康に!」
スパイスの魅力を伝える、areUspicyです


今日はカレーは文明開化とともにのお話しです。

カレーは、そもそもインドの料理です。スパイスたっぷりのそれは、インドでは今も昔も日常的に食され愛されるソールフード。日本で言うところの味噌汁的な存在ですね。かつては、インドを植民地にしていたイギリスがそのカレーを自国へ伝えるのですが…

さて、1633年から200年近く続いた鎖国が終わった日本
明治維新によって、文明開化が起こります。これにより、文明の道が開け、貿易が盛んに行われます。西洋文化、東洋文化が続々と日本に入ってきます。そんな中、1872年、「西洋料理指南書」「西洋料理通」という書物にカレー料理が発表されたのです。
ただしかし、イギリスが、西洋料理として紹介しました。


「西洋料理指南書」※画像は引用です
 (実物見てみたいですし、レシピが書いてあるなら再現してみたいですね~。)

そのためでしょうね、私たちが日常的に食しているカレーは、西洋風のカレーなんですね。
さらに、私たちがカレーだと思っているのは、このスタイルでは。

カレーライスです。
お米を主食とする日本は、カレーを食べる際にお米にかけたことから、カレーライスができたのだとか。カレーライスは日本の独自メニューなのです。
確かに、インドカレーや、西洋風カレーは、カレーとライスが別々ですし、パンであることもしばしばですね。

また、カレーライスの独特のとろみ、これもまた日本がアレンジしたのだとか。

  • イギリス海軍のメニューに採用されたとき、船の揺れに対応するためだったという説
  • ソースを重視するフランス料理の手法を取り入れたからという説

(Wikipediaより)
と色々と諸説があるようです、面白いですね。

確かにとろみがあります。そちらに重きを置いたためか、もしくはスパイスの入手が困難だったからなのか、カレーライスには、スパイスがあまり使われていないですね。
カレー食べたくなってきました^^


◆◇◆ Enjoy your spice life ◆◇◆

スパイスが日本へ到来した?/Did spice arrive in Japan?

日本語は下です

「Fun, Yummy, healthy!」
areUspicy is to convey the charm of spices.

Today Did spice arrive in Japan? This is the story.

Apparently spice-like things came to Japan About the Nara period in the 8th century.
It is the story of modern times that the word spice spread. I wonder what he was told.


※ The picture is quoted

  • 古事記(Konjiki) compiled in 712, ginger, Japanese pepper, garlic
  • In 734 “東大寺正倉院書物(Todaiji Temple Shosoin Documents)”, sesame
  • In 934 “延喜式” is a cultivation method of garlic

In old books such as ginger, peppers and garlic are written.
And during the Emperor Shomu in 724-749,

  • pepper
  • Cloves
  • Cinnamon

I know that these spices have already landed in Japan. Why do you understand such a thing? Although it is said that, in the thing of Shosoin in Todaiji which is also a world heritage,
And every spice came to Japan as a medicine.


※ The picture is quoted

It may be because traditional folklore, propagation is the original usage.After that, trade with China, the arrival of medieval Europeans, traveling to Southeast Asia, and shipping trade are thriving and spices other than those mentioned above will also enter Japan. There is still no word for “condiments” yet at this time. When peppers landed in Japan and their medicinal effects become apparent, they will spread quickly.

  • In the early 江戸初期, 徳五衛門 sold the Shichigi chilli at the present East Japan Bridge (Tokyo)
  • The term condiment spreads nationwide in the late 江戸後期

The origin of condiment is pepper. As for me, cinnamon and places that are not cloves are a regrettable place (the country of origin of chili is America). However, it is said that the origin of Shichigi chilli is a hint of Chinese Chinese herbal formulation.

As the answer to the title “The word spice has not come yet, but the entity has arrived”. Curry will appear at the same time as the word spice. The story of curry is now (^^♪


「楽しく、美味しく、健康に!」
スパイスの魅力を伝える、areUspicyです。

今日はスパイスが日本へ到来した?お話しです。

どうやら日本にスパイスらしきものが到来したのは8世紀の奈良時代のこと。
スパイスという言葉が普及したのは、近代の話です。なんと言われていたのでしょうね。


※画像は引用です

  • 712年に編纂された「古事記には」、生姜、山椒、ニンニク
  • 734年に「東大寺正倉院文書」には、胡麻
  • 934年に「延喜式」にはニンニクの栽培方法

など、古い書物には、生姜、山椒、ニンニクのことが書かれています。
そして724年~749年の聖武天皇時代には、

  • コショウ
  • クローブ
  • シナモン

これらのスパイスが既に日本に上陸していたということが分かっています。なぜそんなことが分かるのか?という話ですが、世界遺産にもなっている東大寺の正倉院の御物の中に、
が納められており、どのスパイスも薬として日本に到来したのです。


※画像は引用です

この頃の伝承、伝搬は本来の使い方なのでかもしれませんね。
その後、中国との交易、中世のヨーロッパ人の来航、東南アジアへの渡航、船貿易が盛んとなり、上記以外のスパイスも日本に入ってくるわけです。まだまだこの頃も「薬味」という言葉は出てきません。唐辛子が日本に上陸し、その薬効が明らかになると、またたくまに普及します。

  • 江戸時代初期、徳五衛門が現在の東日本橋(東京)にて、七味唐辛子を売り出し
  • 江戸時代後期に薬味という言葉が全国に広がります

薬味の由来は、唐辛子なんですね。自分としては、シナモンやクローブでないところが悔しいところです(唐辛子の原産国はアメリカ)。しかし、七味唐辛子の原点は、中国の漢方薬の配合がヒントになっていると言われています。

タイトルの回答としては「スパイスという言葉はまだ到来していない。しかし、実体は到来した」ですね。スパイスという言葉と同時期にカレーが登場します。カレーの話はまた今度(^^♪


◆◇◆ Enjoy your spice life ◆◇◆

「スパイス=辛い」これは間違い/「Spice = pungent」 This is a mistake

日本語は下です

「Fun, Yummy, healthy!」
areUspicy is to convey the charm of spices.

Today is 「Spice = pungent」 This is a mistake.

In Japan there were no objects or concepts of spice in the first place. I think that it is perceived now, but I think that it seems to be a bit misunderstood. I felt that because I knew myself about the history of foreign countries and how to use it.

! [] (http://areuspicy.com/wp-content/uploads/2018/07/line_1506174246383.jpg)

It is probably because spices spread in Southeast Asia because it is the origin of many spices. Widespread in Europe, there is historical background and so on.
In Southeast Asia and Europe, the land is wide, and old fresh ingredients were not available. for that reason,

  • Preservatives for ingredients
  • Odor extinguishment

It was consuming a large amount of spices for such uses as.

In Japan, on the other hand, there is no need for antiseptic and so on because the land is narrow and fresh sea mountains are readily available, so Japanese meals are mainly seafood and vegetables, so many of them take advantage of their taste , It is used in a hidden taste and condiment to the extent that does not impair the taste of the ingredients, that is, how it is used like a soup.

Spices are equivalent to “spicy” in old Japan. To this savory taste,

  • wasabi
  • Japanese pepper
  • ginger
  • Leek

Such
There are many hot things.
For this reason, in Japan 「spice」=「spicy」 has been recognized.
Among the spices I have introduced so far, there are lots of spices other than spicy, such as sweet, sour, bitter.
Actually, among the spices used in the world, there is no 10% pungent spice. .
Spice translates into “spices”, but it has been caught in that word too.


「楽しく、美味しく、健康に!」
スパイスの魅力を伝える、areUspicyです。

今日は「スパイス=辛い」これは間違いのお話しです。

日本には、そもそもスパイスというモノや概念がありませんでした。今でこそ浸透してきていますが、少し間違ったように認識されているのかな、と思います。そう感じたのは、自分自身、諸外国の歴史を知ったり、使い方を知ったからです。

東南アジアでスパイスが普及したのは、多くのスパイスの原産地だからということがあるでしょう。ヨーロッパで広く普及したのは、歴史的な背景などがありますね。
東南アジアやヨーロッパは、土地が広く、その昔は新鮮な食材が手に入りませんでした。そのため、

  • 食材の防腐剤
  • 臭み消し

のような用途でスパイスを大量に消費していたのです。

一方の日本はというと、土地が狭く新鮮な海山の幸を入手できやすい環境にあるので、防腐などの必要がありませんし、日本の食事は魚介や野菜が中心で、その味を活かすものが多いので、食材の味を損ねない程度の隠し味や薬味で使われる、いわば添え物のような使われ方です。

スパイスに相当するものが、昔の日本では「薬味」。この薬味には、

  • わさび
  • 山椒
  • 生姜
  • ネギ

など
辛いものが多いです。
このため、日本では「スパイス」=「辛いもの」と認識されてしまっています。
これまでに紹介したスパイスの中にも、甘い酸っぱい苦いなど、辛い以外のスパイスがたくさんあります。
実は、世界で使われているスパイスのうち、辛味のあるスパイスは1割もないそうですよ。。
スパイスを訳すと「香辛料」となりますが、その言葉にも捕らわれてしまってますよね。


◆◇◆ Enjoy your spice life ◆◇◆

学業成就にローズマリー

「楽しく、美味しく、健康に!」
スパイスの魅力を伝える、areUspicyです。

今日はローズマリーのお話しです。

原産地は、地中海沿岸です。青紫や水色の花が咲く植物で、スパイスとして使用する部分は、葉です。多くはローズマリーの名で親しまれていますが、ロスマリヌスという学名が付いています。これはラテン語で、「海のしずく」を意味しており、水色の花が地中海の色、形がしずくを連想させることから、そのように名づけられたのだとか。なんだかロマンチックな話ですが、ローズマリーは歴史の古いスパイスの1つで、愛のシンボルとして神話や儀式によく使われてもいるようです。

また、ローズマリーには、こんな俗説があります。
「聖母マリアが青いマントを香りのよいハーブの茂みにかぶせたところ、翌朝、白かった花がマントと同じ青に変わっていた。」
そんな伝説から、マリア様を象徴する花がバラであることから、ローズ・オブ・マリー=ローズマリーと呼ぶようになったとか。これまたお洒落な話ですね。

さて効能ですが、

  • 味:辛味、苦味
  • 機能:体を温める
  • 働き:記憶力や集中力を高める、花粉症などのアレルギー緩和、血行不良やリウマチに効果あり
  • VIPAKA(消化後の味):辛味
  • VPK分析:ヴァータ、カパを下げる

と、お洒落な話だけではなく、現代人にも嬉しい効能がしっかりあります。

香りには清涼感があり、独特の強い風味があります。
使用方法は、肉や魚料理、スープやじゃがいも、野菜などに相性が良く、またオイルやビネガー漬けにして味を楽しむこともできまし、ケーキやハーブティーなどの午後のひと時にもよさそうです。

なんと、古代ギリシャでは、ローズマリーの香りが頭脳を明晰にするとされていたようで、学生たちは勉強する際に、記憶定着のためにローズマリーを身につけていたと言われているのです。大事な試験や集中したい仕事がある時に、ローズマリーの香りをかいだり、ハーブティーを飲んだりすると、、もしかすると実力以上の成果が得られるかも!?しれませんね。


◆◇◆ Enjoy your spice life ◆◇◆

Rosemary in fulfillment of academic achievement

「Fun, Yummy, healthy!」
areUspicy is to convey the charm of spices.

Today is the story of Rosemary.

Origin is the Mediterranean coast. It is a plant bluish purple or a light blue flower, and the part to use as spice is a leaf. Many are familiar with rosemary, but have a scientific name of Rosemarinus. This is Latin, which means 「Drop of the sea」, and it is said that it was named so that the light blue flowers remind us of the color and shape of the Mediterranean Sea. Scientific name is somehow romantic, but rosemary is one of the old spices of history, and it seems that is commonly used for myths and ceremonies as a symbol of love.
Also, rosemary has this myth.
“When the Virgin Mary covered the blue mantle with a fragrant herbal bush, the next morning the whitewashed flowers had turned blue the same as the mantle.”
From such a legend, flowers that symbolize Mr. Mary are roses, so it came to call it Rose of Mary = Rosemary. This is also a stylish story.

Well, although it’s efficacy,

  • Taste: pungent,bitter
  • Function: Heating body
  • Working: Increase memory and concentration, effective allergy relief such as hay fever, effect on poor circulation and rheumatism
  • VIPAKA (taste after digestion): pungent
  • VPK analysis: decrease Vata,Kapha

And not only fashionable stories, modern people have a pleasant efficacy.

The scent has a refreshing feeling, and there is a unique strong flavor.
Usage is compatible with meat and fish dishes, soup and potatoes, vegetables, etc. Also you can enjoy taste by pickling in oil or vinegar, it seems to be good for afternoon cake and herb tea etc.

In ancient Greece, it seems that the scent of rosemary was made to make the brain clearer, and it was said that students were wearing rosemary for study consolidation when studying There is. When there are important tests and work you want to concentrate, if you scent the rosemary or drink herbal tea, maybe you can get results beyond your ability! What? You do not have to.


◆◇◆ Enjoy your spice life ◆◇◆

クレソンは最強

「楽しく、美味しく、健康に!」
スパイスの魅力を伝える、areUspicyです

今日はクレソンのお話しです。

原産地は、ヨーロッパやアジア。白い花が咲く植物で、スパイスとして使用する部分は、葉や茎です。クレソンには別名があって、ウォータークレス、オランダがらしとも言われています。自分の持っているアーユルベーダの参考書には、ウォータークレスで載っていました。クレソンは、自生力繁殖力が高いので、水にクレソンの枝を浸しておくだけで、発根します(私でも育てられそう!?)。

さて効能ですが、

  • 味:辛味
  • 機能:体を温める
  • 働き:利尿剤、去痰薬
  • VIPAKA(消化後の味):辛味
  • VPK分析:ヴァータ、カパを下げる

と、アーユルヴェーダ、薬膳としても重宝されるスパイスです。

クレソンは、ピリっと辛味がありますが、風味は爽やかです。使い方は、サラダやスープ、肉料理の付け合わせに良いですね。メインにならないクレソンですが、

しかし、最強の野菜なのです

2014年、アメリカの疾病(慢性疾患)予防管理センターの研究誌で、クレソンには、栄養素の含有量がどの野菜よりも多く含まれていると、発表しています。その栄養素とは、

  • カリウム
  • 食物繊維
  • たんぱく質
  • カルシウム
  • ビタミンB1,B2,B3,B6,B12
  • 葉酸
  • 亜鉛
  • ビタミンA
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • ビタミンK

です。
これらの栄養素の含有量をスコア化して結果を出しているようですが、クレソンは100点満点の堂々1位。例えば、日本で体に良い野菜と言われているほうれん草は、86.43点で5位。ここでは、癌予防にもなると言われてるようです。
これからは、クレソン押しですね(笑)


◆◇◆ Enjoy your spice life ◆◇◆

キャラウェイは惚れ薬

「楽しく、美味しく、健康に!」
スパイスの魅力を伝える、areUspicyです

今日はキャラウェイのお話しです。

原産地は、西アジアやヨーロッパです。小さな白い花を咲かせる植物で、スパイスとして使用する部分は種です。キャラウェイは古代ローマ時代に使われていた記録があるようで、歴史のあるスパイスの一つです。

さて効能ですが、

  • 味:辛味
  • 機能:体を温める
  • 働き:胃腸薬、風邪薬、殺菌効果
  • VIPAKA(消化後の味):辛味
  • VPK分析:ヴァータ、カパを下げる

と、薬の代わりにも重宝できるスパイスです。

このスパイス、とても面白い言い伝えがあり、

  • キャラウェイは惚れ薬に必要不可欠な材料
  • キャラウェイを一緒に入れておけば物が盗まれない

など。キャラウェイには、人やモノ引き止めておく力があるとのだとか。
古くは、

  • 恋人の心を引き止める、すなわち愛情を永続させる
  • 家畜に食べさせる、すなわち行方不明にならない

など。本当か迷信なのか実のところ分かりませんが(笑)

そんな、引き止める力のあるスパイスは、一体どんな味がするのか!?と興味がわきますが、単体でひとつまみ口にしたところ、爽やかなミントのような味がしました。喉越しは甘味をほんのり感じました。

使い方は、パン、チーズ、煮込み料理、ポテトサラダ、焼きりんご。またドイツのキュメルン酒、オランダのジン、スカンジナビアのアクワビット酒などに使われています。

「クミンとよく似ていて混同しそう」というご質問がありましたので、比較してみました。写真左がキャラウエイ、右がクミンです。外観はほぼ同じですね、色が若干、キャラウェイは濃く、茶色っぽいです。口にせずとも香りを嗅ぐと一発で違いが分かりますよ。キャラウェイは、風味も香りも爽やかです。


◆◇◆ Enjoy your spice life ◆◇◆

セージと豚の関係

「楽しく、美味しく、健康に!」
スパイスの魅力を伝える、areUspicyです

今日はセージのお話しです。

原産地は、地中海沿岸。紫色の花を咲かせる植物で、スパイスとして使用する部位は葉です。セージは、みなさまお馴染みの「ソーセージ」の語源になったという説があります。
確かに発音が似てますね。これは、英語のSOW(雌豚)とその腸詰製品に欠かせない、セージとの合成語であるのだとか。その他にも、ラテン語のSalsus(塩で味を付けた)に由来する説もあったりだとか。ふむふむ。色々と語源があるようですね。確かに、セージという言葉を聞いた時に、少しソーセージを想起しましたね。

さて効能ですが、

  • 味:辛味
  • 機能:体を温める
  • 働き:発汗、止血、解熱、抗酸化作用、抗菌作用
  • VIPAKA(消化後の味):辛味
  • VPK分析:ヴァータ、カパを下げる

セージを単体でひとつまみ食べてみたところ、苦味あり。ほろ苦く、香り強めのスパイスで、少しミントっぽさを感じました。古代ローマ頃から薬用として用いられており、歯磨き粉の材料にもなっているようです。また、紅茶が広まっていない時代、ヨーロッパでは、お茶にして飲んでいたのだとか、ハーブティにも良いのですね。

使い方は、ソーセージなどの食肉加工製品や、シチューやスープ、オイルやビネガーに漬け込んだドレッシング、バターに混ぜたりと、なにかと重宝できますね。
特徴でもある香りは、冷凍しても持ちます。


◆◇◆ Enjoy your spice life ◆◇◆

Nutmeg is sometimes poisonous

「Fun, Yummy, healthy!」
areUspicy is to convey the charm of spices.

Today is the story of nutmeg.

Origin is the East Indian archipelago and the Molucca archipelago in Indonesia. It is a plant with pale yellow flowers blooming in Suzuran. To use it for spice is called fruit, it becomes fruit in seeds.
Nutmeg is used as a medicine in China during the Tang Dynasty, it seems to be transmitted to Europe around the 6th century. Currently it is used also in traditional Chinese medicine.

Well, although it’s efficacy,

  • Taste: pungent
  • Function: Heating body
  • Working: Fatigue recovery, stomach medicine, rheumatism, joint pain, neuralgia, tranquility, hair growth agent, bath water
  • VIPAKA (taste after digestion): pungent
  • VPK analysis: decrease Vata,Kapha

Well, this nutmeg is a very expensive spice long ago, it seems that it could be exchanged for several sheep and cows. Even now it is expensive spice.
In Japan, it may not be familiar, but it is widely used worldwide, it is one of the four big spices in the world. By the way, the other three spices in the world

  • pepper
  • Cloves
  • Cinnamon

is.

Nutmeg is also used for hamburger steak, roll cabbage, cream stew, cheese fondue, and baked confectionery. It is also used for drinks originating in the USA called Eggnog (which will be raised in recipes).

! Finally note on usage!

Do not take more than 5 g of nutmeg on a day! !

Because excessive intake may cause convulsions, vomiting, hallucinations.


◆◇◆ Enjoy your spice life ◆◇◆