今日のスパイス「わさび」の効能は

わさび

スパイス辞典

原産地は、我が国、日本。スパイスとして使用する部分は、茎、根です。
わさびの生産は、長野県だけかな、と思っていたら、とんでもない。
長野県(穂高町)、静岡県(伊豆天城山)、山口県、奈良県、兵庫県、鳥取県、島根県と西側も生産していることが分かりました。
刺身やお寿司、日本料理には欠かせないスパイスですね。

◆ 味
辛味

◆ 効能
殺菌作用、防腐作用、利尿作用、抗寄生虫作用、抗壊血病作用、食欲増進作用、血圧上昇作用、去痰作用、肺炎の治療、扁桃腺炎の治療、リウマチ治療、鎮痛作用、解熱作用、興奮作用、抗神経痛作用

◆ VPK分析
不明
※VPK分析は、アーユルヴェーダ理論になります。詳しくはコチラをご覧ください。

◆ 含有成分
アリルイソチオシアネート、フェニールエチルイソチオシアネーチ、フェニールプロピルイソチオシアネート、ブチルサルファシアネート、シニグリン、ミロシン、チモール、リモネン

◆ 料理
刺身、お茶漬け、和え物など

◆ オイシイ話
わさびの語源は

  • ワサアフヒ(早葵)がなまった
  • 辛さが早く響くことから「わさ(早い)+ び(響く)」ことから名づけられた
  • という面白い説があります。
    わさびをおろす時、茎側の上端をゆっくり”の”の字を書くようにおろせと言われるのですが、これは、乱暴におろすと酵素が働かなくなり、辛味成分が出にくくなるためなのですよね。