今日のスパイスで健康は「血圧降下」

血圧降下作用

スパイスで健康
※画像は引用です。

血圧降下作用とは、血圧を下げる働きのこと。

血圧には上と下がありますが、この違いをご存知でしょうか。

血圧は、心臓を経由して全身を巡っています。その心臓が、縮んだり膨らんだりしながら動くことで血液を送りだすことができます。ポンプをイメージすると分かりやすいですね。心臓が収縮することで、血液が大動脈に流れ全身に送り出されています。最初に、血液の約55%が送られ、残りの45%は、たまります。

◆血圧の上
心臓の収縮時に動脈にかかる圧が収縮期血圧です。短時間で血液が送られるので、動脈にかかる圧力が高くなります。これが血圧の上です。

◆血圧の下
心臓の拡張時には、血液がたまって膨らんでいた大動脈が元に戻ることで、血液が末梢の血管に送られます。この間、血液が先に送られるため、動脈にかかる圧が低くなります。これが血圧の下です。

血圧が140/90mmHg以上の場合に高血圧と診断されますが、上下いずれかの値だけが正常範囲より高い場合も高血圧に該当します。
症状は、ほとんどありません。

血圧が急激に上昇した場合、

◇ 頭痛や視力の低下
◇ 吐き気

などを伴うことがあります。
ひどい場合、気づかないうちに進行し、脳卒中や心筋梗塞などの合併症を引き起こすこともありますので日常生活で日頃から気を付けたいものですね。

◆ 血圧降下作用のあるスパイス