今日のスパイス「陳皮(オレンジピール)」の効能は

陳皮

スパイス辞典

原産地は、日本。スパイスとして使用する部分は、果皮です。
陳皮という名が、中国っぽいのですが原産は、我が国日本です。日本にも実は、スパイスがたくさんあります。
みなさんに馴染みのある、ミカンです。

◆ 味
辛味、苦味

◆ 効能
健胃作用、発汗作用、去痰作用、鎮咳作用

◆ VPK分析
(↑)ピタ (↓)ヴァータ、カパ
※VPK分析は、アーユルヴェーダ理論になります。詳しくはコチラをご覧ください。

◆ 含有成分
テルペン類、リモネン、ヘスペリジン、ナリンジン

◆ 料理
マーマレード、ケーキ、クッキー、お吸い物など

◆ オイシイ話
こたつでミカンは日本の冬の風物詩でもありますが、給食にもミカンが登場するので、幼いころから親しまれています。
ミカンの皮はゴミにしてしまいがちなのですが、皮にこそ栄養がつまっているなんて言われていています。
陳皮は甘くてフルーティなだけでなく、古くから漢方薬として、鎮咳剤や風邪薬として調合され、使用されています。
薬の効果も高いのです。田舎ではミカンを多く食べるように思いますが、先人の知恵もあながち捨てたものではないんですよね。