ニンニクはスタミナ源

「楽しく、美味しく、健康に!」スパイスの魅力をお伝えする、areUspicyです。

今日はニンニクのお話しです。

生姜の原産地は、アジア全域。日本でも多く育てられていますね。初夏頃になると、薄紫色を帯びた白い花が咲きます。和食、中華、洋食とあらゆるジャンルの料理で使われているので、お馴染みの食材で、むしろスパイスだったっけ?と思うほど。

さて効能ですが、

  • 味:辛味、苦味、甘味、渋味、甘味(酸味以外の味すべてが入ってるというので驚き)
  • 機能:体を温める
  • 働き:疲労回復、食欲増進、抗菌作用、感染症予防
  • VIPAKA(消化後の味):辛味
  • VPK分析:ヴァータとカパを下げる

元気が出ない時に摂ると、体力、気力パワーアップです。
ニンニクは、古代エジプト時代から用いられており、ピラミッド建設の労働者のスタミナ源として重宝されていたスパイスなんだとか。現代でも、滋養強壮飲料やサプリメントに用いられていますね。

インドカレーには、なんとニンニクを使用しています。意外でしょ!?
ニンニク特有のあの香は、生の状態が一番香がきつく、調理をすることでその香がかなり和らぎますので、カレーとして煮込んでしまえば全然においませんよ。他ではガーリックチャーハンやトマトスープ、美味しいですよね。

カレーと言えば、今晩半年ぶりぐらいに、とある食堂の安いカレーを食べましたが・・・
インドカレーじゃないとカレーと認めない体になってました(笑)、決して不味いわけではないのですが・・胃腸が温かくならないし、汗もかかないし、後味もその後もすごく喉が渇く><;辛口カレーを食べたわけでもないのに。日本のカレーは1年に1度ぐらいでいいかな、と思ってしまった。


◆◇◆ Enjoy your spice life ◆◇◆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です