クミンはカレーの源

「楽しく、美味しく、健康に!」スパイスの魅力をお伝えする、areUspicyです。

今日はクミンのお話しです。

クミンの原産地はエジプト、暑い場所育ちです。ピンクがかった白い花が咲く植物です。スパイスとなる部分は、トゲのような毛が生えているようです。クミンは、エジプトのみならず、北アフリカやインド、インドネシアに中国さらにはアメリカと、広域に移植されたこともあり、世界でも人気のスパイスと言えます。

さて効能ですが、

  • 味:辛味、苦味
  • 機能:体を温める、消化促進
  • 働き:下痢などお腹の不調を緩和、熱を下げる、嘔吐をなくす
  • VPK分析:ヴァータとカパを下げる。

と、風邪や胃腸にとても良いスパイスです。

日本では、クミンはあまり馴染みがないのですが、実はみなさんよく食べる、あれ、あれには欠かせないスパイスなのです(もうタイトルに書いてしまってますが笑)。
そう、

カレー

日本のカレールーにも必ず入っています。
それもそのはず、このクミンがいわゆる、カレー臭(カレー香)を発しているのです。クミン単体で香を嗅ぐと、カレーだ、とまではならないぐらいの香なのですが、火を通すとたちまち、

カレー食べたい

ってね。
香だけでなく、胃腸に良いスパイスなので、カレーは体にとっても良い食べものなんですよね。
だからかな?多くの人に愛されていますね。
あーカレー食べたくなってきた。


◆◇◆ Enjoy your spice life ◆◇◆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です