シナモンの魔性性

「楽しく、美味しく、健康に!」スパイスの魅力をお伝えする、areUspicyです。

今日はシナモンのお話しです。

シナモンの原産地はスリランカ、暖かい場所育ちです。シナモンと呼ばれる部分は樹皮なのですが、白い花が咲く植物です。そんなシナモンは独特な香がするため、現在ではアロマとしても用いられていますが、古くはエジプトのミイラの保存に使用されていたのだとか。

シナモンは、日本ではスイーツによく使われています。お馴染みなのは京都の八つ橋では?ふりかかっているパウダーがそれです。また、レトロな喫茶店では、コーヒや紅茶のマドラー代わりに使って高貴感を出したりしています。実際に、日本で買うとお高いです。独特の香りと風味には、癒しに加えて何だか妖艶さを感じさせる魔性の魅力があるように感じるのは私だけでしょうか(笑)

さて効能ですが、

  • 味:辛味、苦味、甘味 (辛味が意外で、自分にはあまり感じないのですが)
  • 機能:食欲増進、消化促進
  • 働き:鎮痛、発汗作用、喉の渇きの緩和、循環器の流れを整える、血行不良の緩和
  • VPK分析:ヴァータとカパを下げる。

と、効能を見てもとても素晴らしいスパイスです。

そんなシナモン、検索すると、サンリオのキャラクターが出てきました(この新キャラ知りませんでした)。そう言えば、ペットの名前にもけっこうあって・・特に、小さいトイプードルとか。
う~ん、日本ではシナモンのイメージが茶色くて可愛らしいモノになるのでしょうかね(サンリオのキャラは茶色くでもない)。どちらにしても、私には、香、風味、効能を考えると、全然違ってて、大人な高貴な感じなんですけどね(笑)

スイーツはもちろんのこと、カレーとも相性の良いスパイスなので、使い方には困りませんよ。
砂糖の代用にも良さそうです^^


◆◇◆ Enjoy your spice life ◆◇◆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です