カレーじゃなくてカレーリーフ

「楽しく、美味しく、健康に!」スパイスの魅力をお伝えする、areUspicyです。

今日は、カレーリーフのお話しです。

ここ日本では、あまりみかけないスパイスなのですが、南インドでは多用されていますし、栽培も豊富。聞いたところによると、沖縄でも少し栽培あるかもとのことでした。

さて、名前にカレーとついていますが、別にカレーだけでに使うわけでもなく、カレーの香がするわけでもないので、特に関係はないとは思いますが、カレーに使うととっても爽やかな風味になります。
味は、辛味、苦味、甘味の3種類と教わりましたが、自分としては渋味もあるような。。
人によっては薬っぽいと感じる人もいますね。
体への効能としては、

  • 血糖値を下げる
  • 食欲増進
  • 解熱
  • 殺菌

などがあります。
また、3つの気質でご紹介した、ヴァータ、ピッタ、カパの働きとしては、

  • ピッタとカパを下げる

ということなので、消化をゆっくりにさせる。すなわち腹持ちが良いということになりますね。

南インド修行中、帰国の前日に、近くのスーパでカレーリーフを買いました。枝から葉のフレッシュな状態でなかなか見かけないし手に入らないので。翌日の朝まで食堂の冷蔵庫で預かってもらってました。朝はバタバタするから私絶対に忘れると思い、スタッフに忘れないように協力してもらいましたが、、翌日そのスタッフお休み。そして案の定忘れました^^;あぁぁぁぁ。ちゃんと使ってくれたかなぁ。ってことで、お見せしたかったのですが、写真は、別のところでもらった、もぎたての状態のカレーリーフです。
使うときは、葉の部分をカレーやスープにそのまま入れて煮込むだけでOKです。ご飯と一緒に炊いてもOK。
香がとっても良くて、好きなスパイスの1つです。


◆◇◆ Enjoy your spice life ◆◇◆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です