今日のスパイス「ハイビスカス」の効能は

ハイビスカス

スパイス辞典

原産地は、ハワイや沖縄などの南国。スパイスとして使用する部分は、花です。

◆ 味
渋味、甘味

◆ 効能
血行不良の緩和、肩こり、筋肉痛、疲労回復、目の疲れの改善、利尿作用

◆ VPK分析
(↑)ヴァータ (↓)ピッタ、カパ
※VPK分析は、アーユルヴェーダ理論になります。詳しくはコチラをご覧ください。

◆ 含有成分
ビタミンA、ビタミンE、鉄、カリウム、植物酸(クエン酸、リンゴ酸、ハイビスカス酸)など

◆ 料理
ハイビスカスティーなど

◆ オイシイ話
青い空や海に映えるハイビスカスは、色が鮮やかだけでなく、効能も抜群なのです。
酸味が気になる方は、お砂糖やチャイ(スパイスティー)にして飲むと良いですよ。