スパイスを使った七草ミルク粥の作り方

今日は「スパイスを使った七草ミルク粥」です

今日1月7日は、日本では七草粥を食べる日です。
ただの語呂合わせもあるけれど、昔から無病息災を願う日でもあります。

使用スパイスは、

◆ シナモン
◆ クローブ
◆ ナツメグ
◆ コリアンダー
◆ 生姜

生姜以外は、パウダー状のガラムマサラ(薬膳鍋用)です。
お鍋でお米を炊きつつお粥に。
水にスパイスを加えて煮だした出汁を使ってお米を炊いて、お米が炊けてきたら、牛乳を入れましょう。塩で味を調整して完成です!!
無病息災を願って、栄養満点のお粥になりました、いただきます。

七草粥とはWikiより

春の七草や餅などを具材とする塩味の粥で、その一年の無病息災を願って1月7日に食べられる。正月の祝膳や祝酒で弱った胃を休める為とも言われる。この行事は、平安時代には行われていたが、室町時代の汁物の原型ともされている。

七草の種類は、

◆ セリ
◆ ナズナ
◆ ゴギョウ
◆ ハコベラ
◆ ホトケノザ
◆ スズナ
◆ スズシロ

です。専門外なので、栄養や効能は調べず(笑)

去年は、1月7日にスーパーへ行くとすでに完売となっていた、七草のセット。
今年は、3日前ぐらいに見つけたので、すかさず確保です。


最近は良いものがありますね^^