今日のスパイス「パセリ」の効能は

パセリ

スパイス辞典

原産地は、地中海沿岸。スパイスとして使用する部分は葉茎です。
パセリには多くの品種があるのですが、写真のパセリは、モスカールドパセリと言われる種類です。日本で見るのはこれが一般的かな、と思います。口臭をやわらげることにとても優位なのですが、特にニンニク臭に効果があります。添え物のイメージの強いパセリですが、栄養面で抜群のスパイスです。

◆ 味
苦味

◆ 効能
口臭防止作用、利尿作用、消化促進、解熱作用、抗リウマチ作用、皮膚病の治療など

◆ VPK分析
(↑)ピッタ、(↓)カパ、ヴァータ
※VPK分析は、アーユルヴェーダ理論になります。詳しくはコチラをご覧ください。

◆ 含有成分
アピオール、α-ピネン、フェランドレン、ミリスチシン、フラボン配糖体、アピイン、鉄分、ミネラル、ビタミンA,Cなど

◆ 料理
スープ、サラダ、パセリライス、天ぷらなど

◆ オイシイ話
古代ギリシャ・ローマ時代には、パセリの持つ芳香が、アルコールを吸収して酔いを冷ましたり、アルコール中毒にならないと信じられていたことから、宴会の席には、パセリを飾っとのだとか。オードブルやお刺身なんかに、パセリが使われていたりますね。その名残!?なのでしょうか。私は、なにも知らずに食べてました(笑)周囲からは、「それ食べる人なかなかいない」などと、いじられた記憶がありますが。あながち奇行ではなさそうですよね。
とはいえ、、、束で購入してしたったこのパセリは、どうしたものか(笑)