今日のスパイスは「ディル」

ディル

原産地は南ヨーロッパや西アジアです。黄色い花が咲く植物。スパイスとして使う部分は、種子や葉茎です。
日本ではあまり馴染みがないスパイスなのですが、ヨーロッパでは、魚料理によく用いられていることから、「魚のハーブ」と呼ばれているそうです。

◆ 味
辛味、苦味

◆ 効能
鎮静作用、消化促進、健胃作用、口臭防止、解毒作用

◆ VPK分析
(↓)ピタ、カパ

◆ 含有成分
カルボン、リモネン、ピネン、ジペンテン、フェランドレン、カンフェン、テルピネン、γ-シトステリン、フラノクマリン

◆ 料理
魚料理(マリネなどの加熱しない料理)、ピクルス、ソースなど

※気質やVPK分析は、アーユルヴェーダ理論になります。詳しくはコチラをご覧ください。

香りが、私には日本茶のようにも感じましたが、独特な爽やかな香りと表現されています。
中世ヨーロッパでは、古代ギリシャ時代には、栽培が広がり、なんと魔術師や魔女のまじないの材料として使われていたそうですし、また媚薬や医薬品として多用されていたのだとか。騎士の傷口に焼いたディルシードを貼って治療したそうです。