趣味と実益を兼ねたスパイス勉強法

今日は、スパイスの勉強法のお話しです。

スパイス講座と検索すると、たいてい料理教室がヒットします。
そして、アーユルヴェーダ勉強と検索すると、お高い専門学校のようなコースの紹介がヒットします。
う~ん、どれもこれも私が知りたいことじゃない(笑)と悶々としていました。正直なところ、料理はそんなに得意じゃないんだな、私(レシピ載せてるやん、と突っ込み)。
あえて言い訳をすると、得意じゃないからこそ、誰でも簡単にできるレシピにしています。

私の知りたいことって何だったのかを今一度考えると、

◆ スパイスはなぜ体に良いのか
◆ スパイスの効能
◆ どういう時にどんな部位に効果があるのか

この辺りでした。
確かに最近、スパイスやハーブの本も増えてきたのですが、それもやっぱり・・お洒落感だけが目についてしまって私にはすごく違和感です(苦笑)

ということで、以下の方法で勉強&勉強中です!

◇ 「スパイスマスター&インストラクター」「メディカルハーブマスター&インストラクター」通信講座
これは、国家資格ではなく民間資格なので特になにができるわけでもないですが(笑)知識は身に付きます。

◇ 南インドでの「KAL食事療法&薬膳」講座
理論や実習あり。アーユルヴェーダの知識の基礎から学ぶことができます。実習もあるので、達成感ありますね。

◇ S&Bのスパイスセミナー
エスビー食品株式会社で毎月行われているセミナ-です。実習もあって、初心者のとっかかりにも良いですし、面白い話も聞けました。過去の記事で内容書いてます。

◇ アーユルヴェーダの参考書
最近お気に入り愛読書。写真右は、南インドの学校で購入した本。アーユルヴェーダの内容に加えてレシピが100種類以上も載っています。
そして、写真左の本はとある人に教えていただいたアーユルヴェーダとスパイスの本。日本国内では、置いている場所が限られているみたいで、半月ほど待ってようやく手に入りました。私の知りたい情報がここに全て詰まってるやんかー。見てるだけでニヤニヤしつつ。最近、ずっと持ち歩いています(笑)

私の知らないスパイスがまだ山のようにありますね^^
先日、知人に「スパイスの研究員じゃん」と言われて気をよくしています(笑)