カレーが食べたくなったら風邪の予兆?/If curry wants to eat it is a sign of a cold?

日本語は下です

「Fun, Yummy, healthy!」
areUspicy is to convey the charm of spices.

A cold which is likely to change at the turn of the season where the temperature difference is severe or when the physical strength / mental tiredness. If you can prevent it, you do not have to go to bed.

Today, “When you want to eat curry, it is a sign of a cold,” he said.Although this story has been well done since long ago, there is a scientific and psychological ground for anything (irresponsible) in urban legends and Indian conspiracy.

A lot of spices are used for curry,
Turmeric (ウコン in Japan) is widely used as one of them.

This turmeric contains a lot of ingredients, too,
One of them, the compound called curcumin, works well.
Curcumin activates the liver function, senses the cold virus that invaded the body, is repelling.
That’s why it is included in nutrition drinks etc.

I know that curry is good for a cold, but what I want to know is “Why are they foretelling?”

Curry has been eating in Japan since about Meiji 5,
Many existing people now know the food called curry since childhood, and in many cases, have eaten frequently.
When eating many times since childhood, the body remembers that curcumin will get rid of the cold virus.
And when a cold virus is about to invade, the body you learn will want nature and curcumin.Because the human body is clever, it reacts trying to self-protect properly, do not you think?

I want to eat curry! When thinking about it, it is good to eat curry according to the reaction. And I praised that it seemed to catch a cold.This is a patchy measure against a sign.

Next is prevention.
It is good to always have curcumin in your body.
To say it is easy going.Anything that contains curcumin compounds is acceptable,
I am tired of drinking the power of turmeric every day and it is never delicious,
It is good to be able to ingest deliciously.

「楽しく、美味しく、健康に!」
スパイスの魅力を伝える、areUspicyです

寒暖差が激しい季節の変わり目や、体力・精神が疲れている時になりやすい風邪。予防ができれば、寝込まなくてもいいんですけどね。

今日は、「カレーが食べたくなったら、風邪の予兆かも」というお話し。
昔からこの話は結構されているのですが、都市伝説やインド人の陰謀でもなんでもなく(これは失礼)、科学的、心理学的根拠があります。

カレーには多くのスパイスが使われているのですが、
その1つにターメリック(日本ではウコン)が多く使われています。

このターメリックの中には、これまた多くの成分が含まれているのですが、
そのうちの1つ、クルクミンという化合物が良い働きをします。
クルクミンは、肝機能を活発にさせ、体内に侵入した風邪ウィルスを察知して、撃退しているのです。
栄養ドリンクなどに含まれるのはそのためですね

カレーが風邪に良いことはわかったけど、知りたいのは「なぜ予兆なのか」ってこと。

カレーは明治5年頃から、日本で食べ続けられている食事で、
今、現存する人の多くは、幼い頃からカレーという食べ物を知っていますし、多くの場合、頻繁に食べてきたのではないでしょうか。
幼い頃から何度も食べていると、クルクミンが風邪ウィルスを退治してくれると体が記憶しています。
そして、風邪ウィルスが侵入しそうになると、学習した体は、自然とクルクミンを欲するというわけです。
ヒトの体は賢いので、きちんと自己防衛しようとして反応するんですね。

カレーが食べたい!と思ったら、その反応に従ってカレーを食べるのが吉です。そして、風邪ひきそうだったんだな、と褒めてあげて(笑)
これで予兆に対する対策もバッチリです。

次は、予防。
常に体内にクルクミンがいる状態にしておけばいいってわけです。
言うは易く行うは難しです。
クルクミン化合物が含まれるものであれば何でも良いのですが、
毎日ウコンの力を飲むのも飽きますし、決して美味しいものではないので、
美味しく摂取できると良いですね。


◆◇◆ Enjoy your spice life ◆◇◆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です