知ってる?日本カレーとインドカレーの違い/Do you know Difference between Japanese curry and Indian curry

日本語は下です

「Fun, Yummy, healthy!」
areUspicy is to convey the charm of spices.

Today I’m talking about the difference between Japanese curry and Indian curry.

Japanese curry is called curry rice and is a menu loved by young and old women. Perhaps when a lot of people got involved, I think that the food called curry rice had penetrated.
In the first place, the food called curry, that India originated in this information society, everyone is getting aware of it a little.

I also have a long history of curry rice, but the hammerness from knowing Indian curry is not extraordinary, is not it addictive any longer? I think that I think. Why does it catch up? I think that deliciously healthy, of course, does not seem somewhat like a fascinating addictive thing( ̄▼ ̄;)

◆ Features of Japanese curry

Part 1
Life is Ru no matter what. In this roux, spices and umami are packed. But, the majority of this roux consists of flour and oil.
Part 2
Temp There is a place where you are competing with the contents of important, rich and ingredients.
Part 3
It is often preserved food. Because it is also becoming a retort curry, there is a feeling of lasting longer. Or, I will last long.
Part 4
I eat it at week one, but every day has something hard. Because it is heavy, it gets tired soon. (Do you depend on people?)
Part 5
There is a section saying curry with rice and roux. Curry rice
Part 6
Oiled and washing difficult

◆ Features of Indian curry

Part 1
There is no concept of Ru. Base is tomato, onion, garlic. Later, a lot of spices will be added here. No wheat flour, oil used a small amount when stir-frying onions
Part 2
Soupy style, rich is not so important.
Part 3
Do not save. It does not last long (about 2 or 3 days)
Part 4
I do not get tired every day. Many Indians eat some curry-flavored food everyday. In miso soup like existence in Japan, treatment of juice
Part 5
Because it does not use much oil, washing is very easy

Even though I think myself, this is about this. And this is the most important thing, but the biggest difference is the number of spices used.
There are enough curry umami in 2 or 3 kinds, but in India you can make dozens of spices. Ru used in Japanese curry contains several basic spices.
Because I have a lot of spices, I think that I get a sense of being healthy and wanting to eat again (addictive, addictive).

「楽しく、美味しく、健康に!」
スパイスの魅力を伝える、areUspicyです

今日は、日本カレーとインドカレーの違いについてのお話しです。

日本のカレーは、カレーライスと呼ばれ、老若男女にこよなく愛されているメニューですよね。おそらく多くの人が物心ついたときには、カレーライスという食べ物が浸透していたことと思います。
そもそも、カレーという食べ物は、インドが発祥であることは、この情報社会、みなさまも薄々は気が付いてるご様子。

私もカレーライス歴の方がはるかに長いのですが、インドカレーを知ってからのハマリっぷりが尋常ではなく、もはや中毒なのではないか?と思うぐらいなのですが。なぜ、はまるのか?美味しく健康的ということは、もちろんのこと、なんだか魅惑の中毒性みたいなもの感じるのではなかろうか、と思うわけです( ̄▼ ̄;)

そんな魅惑のインドカレーはカレーライスと一体何が違うのかを考えてみました。

◆日本カレーの特徴

その1
命は、なんと言ってもルー。このルーの中に、スパイスや旨味、こくが詰まっているのです。がしかし、このルーの大半は、小麦粉や油からなる。
その2
とろみ重要、コク、具の内容で勝負しているところがある。
その3
保存食とされることが多い。レトルトカレーにもなってるぐらいなので、長持ちする感があります。というか、長持ちする。
その4
週1で食べるけど、毎日はキツイものがある。こってりしてるので、飽きがくるのも早い。(人によりますか?)
その5
ご飯とルーを合わせてカレーと言っている節がある。すなわちカレーライス
その6
油まみれで洗い物が大変

◆インドカレーの特徴

その1
ルーの概念はない。ベースは、トマト、玉ねぎ、ニンニク。後は、ここに多くのスパイスが加わる。小麦粉なし、油も玉ねぎを炒める時に少量使う程度
その2
スープっぽい、コクはさほど重要でない。
その3
保存しない。あまり長持ちしない(2~3日程度)
その4
毎日でも飽きない。インド人の多くは、毎日なんらかのカレー風味の料理を食べている。日本で言う味噌汁的な存在で、汁ものの扱い
その5
油をあまり使わないので洗い物がとても楽

と自分が考えるだけでも、これぐらいは出てきました。そして、ここが最も大事なのですが、最大の違いは、使用しているスパイスの数だと思うのです。
2,3種類でも十分カレーの旨味は出るのですが、インドでは何十種類ものスパイスを使って作れます。日本カレーに用いられるルーには基本の数種類のスパイスが入っています。
スパイスがたくさん入っているから、体を健康にしたり、また食べたいと思わせる感覚(中毒性、病みつき感)が得られるのかな、と考えるのです。


◆◇◆ Enjoy your spice life ◆◇◆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です