知ってる?日本カレーとインドカレーの違い

今日は、日本カレーとインドカレーの違いについてのお話しです。

日本のカレーは、カレーライスと呼ばれ、老若男女にこよなく愛されているメニューですよね。おそらく多くの人が物心ついたときには、カレーライスという食べ物が浸透していたことと思います。
そもそも、カレーという食べ物は、インドが発祥であることは、この情報社会、みなさまも薄々は気が付いてるご様子。

私もカレーライス歴の方がはるかに長いのですが、インドカレーを知ってからのハマリっぷりが尋常ではなく、もはや中毒なのではないか?と思うぐらいなのですが。なぜ、はまるのか?美味しく健康的ということは、もちろんのこと、なんだか魅惑の中毒性みたいなもの感じるのではなかろうか、と思うわけです( ̄▼ ̄;)

そんな魅惑のインドカレーはカレーライスと一体何が違うのかを考えてみました。

◆日本カレーの特徴

その1
命は、なんと言ってもルー。このルーの中に、スパイスや旨味、こくが詰まっているのです。がしかし、このルーの大半は、小麦粉や油からなる。
その2
とろみ重要、コク、具の内容で勝負しているところがある。
その3
保存食とされることが多い。レトルトカレーにもなってるぐらいなので、長持ちする感があります。というか、長持ちする。
その4
週1で食べるけど、毎日はキツイものがある。こってりしてるので、飽きがくるのも早い。(人によりますか?)
その5
ご飯とルーを合わせてカレーと言っている節がある。すなわちカレーライス
その6
油まみれで洗い物が大変

◆インドカレーの特徴

その1
ルーの概念はない。ベースは、トマト、玉ねぎ、ニンニク。後は、ここに多くのスパイスが加わる。小麦粉なし、油も玉ねぎを炒める時に少量使う程度
その2
スープっぽい、コクはさほど重要でない。
その3
保存しない。あまり長持ちしない(2~3日程度)
その4
毎日でも飽きない。インド人の多くは、毎日なんらかのカレー風味の料理を食べている。日本で言う味噌汁的な存在で、汁ものの扱い
その5
油をあまり使わないので洗い物がとても楽

と自分が考えるだけでも、これぐらいは出てきました。そして、ここが最も大事なのですが、最大の違いは、使用しているスパイスの数だと思うのです。
2,3種類でも十分カレーの旨味は出るのですが、インドでは何十種類ものスパイスを使って作れます。日本カレーに用いられるルーには基本の数種類のスパイスが入っています。
スパイスがたくさん入っているから、体を健康にしたり、また食べたいと思わせる感覚(中毒性、病みつき感)が得られるのかな、と考えるのです。