トマトは南インド料理のスタメン/Tomatoes are South Indian food starks

日本語は下です

「Fun, Yummy, healthy!」
areUspicy is to convey the charm of spices.

Today is the story of tomato.

Since tomatoes are good for the body even in Japan from long ago, did not you tell me you should eat it because it is good for your skin? Tomato is also a very good ingredient in Ayurveda. In South Indian cuisine, we use tomatoes not only for curry but also for many dishes. Because the tomato intake is not hemispherical, they think that the skin is beautiful.
For 7 days when I learned South Indian cuisine, tomatoes are raised as ingredients like every meal, but is tomato so much used? I think so. However, it is used everywhere in South Indian cuisine. Until then, I came up with only cooked tomatoes and salads when I cooked tomatoes.
In the first place there is no idea of ​​warming tomatoes! What?

Analyzing tomatoes,

Taste
  Sourness, sweetness
◇ Nutritional elements
  Vitamin A (carotene)
Function
  Promotes appetite, anti-carcinogenic action and immunostimulatory action,hair health   maintenance, vision maintenance,Maintain mucosal and skin health respiratory system protection such as throat and lungs
Work
  Warm up the body and accelerate digestion
VPK analysis
  Raise Vata, Pitta, Kapa all
  * VPK analysis will be explained in detail separately

It is said in Ayurveda that tomatoes should be warmed and eaten if you think about having a good effect on your body.
And tomato and tomato juice are frequently used in Indian curry, but fresh tomatoes are high in Japan! ! !
So, tomato juice can also be substituted ^^
I think that whether it is absorbed in the body does not change so much in nutritional value.


「楽しく、美味しく、健康に!」
スパイスの魅力を伝える、areUspicyです

今日はトマトのお話しです。

トマトは昔から日本でも体に良いから、お肌に良いから食べなさいなんて言われてきませんでしたか。アーユルベーダーでもトマトはとっても良い食材です。南インド料理では、カレーのみならず、多くの料理でトマトを使っています。トマトの摂取量が半端ないから、彼らは、肌が綺麗なのではないか、と思ったりします。
南インド料理を習った7日間、毎食のようにトマトが食材としてあがるのですが、そんなにトマトって使い道あるかな?と思えるほど。しかし、南インド料理では至るところに使います。それまでの私は、トマトを使った料理って、冷やしトマトやサラダに沿えるぐらいしか思い付きませんでした。
そもそもトマトを温めるという発想がないのでは!?

トマトを分析すると、

◇ 
  酸味、甘味
◇ 栄養成分
  ビタミンA(カロテン)
◇ 機能
  食欲増進、抗発ガン作用や免疫賦活作用、髪の健康維持、視力維持、粘膜や皮膚の健康維持、喉や肺など呼吸器系統の保護
◇ 働き
  体内を温め、消化を早める
◇ VPK分析
  ヴァータ、ピッタ、カパ全てを上げます
  ※VPK分析については、別途詳しく説明します

体に良い影響を与えることを考えるならば、トマトは温めて食した方が良いということがアーユルヴェーダーでは言われています。
そして、インドカレーにはトマトやトマト汁が多用されているのですが、日本ではフレッシュトマトは高い!!!
ですので、トマトジュースでも代用可能です^^
体内に吸収される栄養価的にはそう変わらないのかな、と思います。


◆◇◆ Enjoy your spice life ◆◇◆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です