セロリーは好き嫌いが分かれるがとても万能

「楽しく、美味しく、健康に!」
スパイスの魅力を伝える、areUspicyです

今日は、セロリーのお話しです。

原産地は南ヨーロッパやスウェーデンです。野菜でお馴染みのセロリーですよね。野菜で使用する部分は、葉や茎ですが、スパイスとして使用する部分は種子という分け方をしています(写真は手に入らなかったので野菜のセロリーです)。
セロリーの種子も葉や茎と同様に、独特の香り、青臭さとほろ苦さがあります。
古代ローマやギリシャでは、野菜としてではなく医薬的に使用していたのだとか。まさに良薬口に苦しですね。

さて効能ですが、

  • 味:辛味
  • 機能:体を温める
  • 働き:利尿作用、整腸作用、眼炎の治療、発汗作用、打撲の治療、リウマチの治療
  • VIPAKA(消化後の味):辛味
  • VPK分析:カパを上げる

効能を見ると確かに薬ですね。万能です。
昨今、静岡や長野などでの生産が多く、日本でもお馴染みの野菜です(スパイスの認識はありませんでしたが)が、日本に入ってきたのは16世紀後半のこと。加藤清二がニンジンの種子と偽って持ち帰ったことより「清二ニンジン」とも呼ばれていたそうです。諸外国では、医学の父ヒポクラテスは、「神経がまいったならば、セロリーを食べて薬にするとよい」と述べてもいます。

トマト料理と相性の良いセロリーです。他には、ドレッシング、煮込み料理やピクルスなどに使うと良いですね。
ということで、簡単にできるセロリーの酢漬け(ピクルス?)を作りました。
お酢に塩、クローブ、花椒、チリペッパーを混ぜ、そこにセロリーを漬け込みました。

これだと1房ペロっと食べれますね。


◆◇◆ Enjoy your spice life ◆◇◆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です