「スパイスの歴史」のご紹介/introduction to a book 「SPICES:A GLOBAL HISTORY」

「Fun, Yummy, healthy!」
areUspicy is to convey the charm of spices.

Today is an introduction to a book about spices.

Although I wrote articles on the history of spices and curry in several times, I felt like I wanted to know a bit more deeply and found a book that seemed good at looking.

「SPICES:A GLOBAL HISTORY」原書房
FRED・CZARRA:著、竹田円:訳

Beginning with the introduction, a total of 5 chapters.

There are more than 100 kinds of spices, but in this book, we focus on 5 spices, and the history from ancient times, medieval to modern is spelled out.
With 5 spices,

is. areuspicy Spice dictionary has already appeared ^^

According to this book, in modern times, the use rate of spice is high in the UK. However, it is Italy that familiar with usage.
What a funny thing, many people have longing for spices, with the mind you want to get? Since it will happen until the war, it is a thing that fascinates people and the world.


「楽しく、美味しく、健康に!」
スパイスの魅力を伝える、areUspicyです

今日は、スパイスに関する本のご紹介です。

何回かに分けて、スパイスやカレーの歴史の記事を書きましたが、もうちょっと深く知りたいな、という気持ちにかられ、探したところ良さそうな本を見つけました。

「スパイスの歴史」原書房
フレッド・ツァラ:著、竹田円:訳
序章から始まり、計5章立て。

スパイスは、100を超える種類が存在するのですが、この本では、5つのスパイスに絞って、古代、中世~現代までの歴史が綴られています。
5つのスパイスとは、

です。areuspicyのスパイス辞典にも既に登場していますね^^

この本によると近代において、スパイスの使用率が高いのは、イギリスだそう。しかし、使い方を熟知しているのはイタリアだとか。
なんとも面白く、多くの人が、スパイスの憧れを持ち、手に入れたい一心で?、戦まで起きるぐらいなので、人や世界を魅了するモノなのですよね。


◆◇◆ Enjoy your spice life ◆◇◆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です