「スパイス=辛い」これは間違い/「Spice = pungent」 This is a mistake

日本語は下です

「Fun, Yummy, healthy!」
areUspicy is to convey the charm of spices.

Today is 「Spice = pungent」 This is a mistake.

In Japan there were no objects or concepts of spice in the first place. I think that it is perceived now, but I think that it seems to be a bit misunderstood. I felt that because I knew myself about the history of foreign countries and how to use it.

! [] (http://areuspicy.com/wp-content/uploads/2018/07/line_1506174246383.jpg)

It is probably because spices spread in Southeast Asia because it is the origin of many spices. Widespread in Europe, there is historical background and so on.
In Southeast Asia and Europe, the land is wide, and old fresh ingredients were not available. for that reason,

  • Preservatives for ingredients
  • Odor extinguishment

It was consuming a large amount of spices for such uses as.

In Japan, on the other hand, there is no need for antiseptic and so on because the land is narrow and fresh sea mountains are readily available, so Japanese meals are mainly seafood and vegetables, so many of them take advantage of their taste , It is used in a hidden taste and condiment to the extent that does not impair the taste of the ingredients, that is, how it is used like a soup.

Spices are equivalent to “spicy” in old Japan. To this savory taste,

  • wasabi
  • Japanese pepper
  • ginger
  • Leek

Such
There are many hot things.
For this reason, in Japan 「spice」=「spicy」 has been recognized.
Among the spices I have introduced so far, there are lots of spices other than spicy, such as sweet, sour, bitter.
Actually, among the spices used in the world, there is no 10% pungent spice. .
Spice translates into “spices”, but it has been caught in that word too.


「楽しく、美味しく、健康に!」
スパイスの魅力を伝える、areUspicyです。

今日は「スパイス=辛い」これは間違いのお話しです。

日本には、そもそもスパイスというモノや概念がありませんでした。今でこそ浸透してきていますが、少し間違ったように認識されているのかな、と思います。そう感じたのは、自分自身、諸外国の歴史を知ったり、使い方を知ったからです。

東南アジアでスパイスが普及したのは、多くのスパイスの原産地だからということがあるでしょう。ヨーロッパで広く普及したのは、歴史的な背景などがありますね。
東南アジアやヨーロッパは、土地が広く、その昔は新鮮な食材が手に入りませんでした。そのため、

  • 食材の防腐剤
  • 臭み消し

のような用途でスパイスを大量に消費していたのです。

一方の日本はというと、土地が狭く新鮮な海山の幸を入手できやすい環境にあるので、防腐などの必要がありませんし、日本の食事は魚介や野菜が中心で、その味を活かすものが多いので、食材の味を損ねない程度の隠し味や薬味で使われる、いわば添え物のような使われ方です。

スパイスに相当するものが、昔の日本では「薬味」。この薬味には、

  • わさび
  • 山椒
  • 生姜
  • ネギ

など
辛いものが多いです。
このため、日本では「スパイス」=「辛いもの」と認識されてしまっています。
これまでに紹介したスパイスの中にも、甘い酸っぱい苦いなど、辛い以外のスパイスがたくさんあります。
実は、世界で使われているスパイスのうち、辛味のあるスパイスは1割もないそうですよ。。
スパイスを訳すと「香辛料」となりますが、その言葉にも捕らわれてしまってますよね。


◆◇◆ Enjoy your spice life ◆◇◆

“「スパイス=辛い」これは間違い/「Spice = pungent」 This is a mistake” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です