ベイリーブスは栄光のシンボル

「楽しく、美味しく、健康に!」
スパイスの魅力を伝える、areUspicyです

今日はベイリーブスのお話しです。

このスパイスは名前がたくさんあって、和名は月桂樹、英名はベイリーブス、仏名は、ローリエ、スペイン名は、ローレスなど。幾つか参考書を持っていますが、まちまちで探すの大変です。ここでは、英名のベイリーブスで統一しますね。
原産地は、西アジアやヨーロッパの南部で、スパイスとして使用するのは、葉です。

さて効能ですが、

  • 味:辛味、渋味
  • 機能:体を温める
  • 働き:疲労回復、健胃薬、リウマチ、関節痛、神経痛、精神安定、発毛剤、浴湯剤
  • VIPAKA(消化後の味):辛味
  • VPK分析:ヴァータ、カパを下げる

ベイリーブスは、清々しい芳香、風味には少しの苦みがあります。肉や魚介類の生臭さを和らげに使われることが多いですが、スープやシチュウなどのスープにピッタリです。
また、プリンや乳製品にも良いのだとか。自分はたま~にお米を炊くときに一緒に入れ、香りを楽しんでいます^^

このスパイス、葉だけで見ると見慣れない?かもしれませんが、みなさん1度は見かけたことがあるはず。オリンピックなどの大会の勝利者が被る、あれ

画像は引用です

葉っぱの冠、今でも、優勝旗や楯、杯のデザインに用いられていますよね。ベイリーブスは、古代オリンピックから使われている、栄光を象徴するスパイスなのです。
日本では、「月桂樹」というお酒はベイリーブスの葉を使ってましたね。お酒が飲めないので、味の確認ができませんが(笑)


◆◇◆ Enjoy your spice life ◆◇◆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です