パプリカは元気が出るね

「楽しく、美味しく、健康に!」スパイスの魅力をお伝えする、areUspicyです。

今日はパプリカのお話しです。

パプリカの原産地は、熱帯アメリカです。白い花を咲かせる植物で、スパイスとして使うのは果実の部分です。パプリカは、甘唐辛子の仲間で、赤のほかに黄色を見かけますよね。
見た目が鮮やかで、元気が出ますよね。

さて効能ですが、

  • 味:辛味
  • 機能:体を温めます
  • 働き:ビタミンCが豊富なため、疲労回復や美容面での効果あり
  • VIPAKA(消化後の味):辛味
  • VPK分析:ヴァータ、カパを下げる


※花は白いのですが、便宜上、黒で書いてます

パプリカの歴史を辿ると、スペイン人がトウガラシをヨーロッパに伝えたそうです。17正規になるとトルコ人がハンガリーに伝え、ハンガリーで生まれたトウガラシが変種しパプリカとなったと言われています。諸説では、

  • パプリカはハンガリーで品種改良されたもの
  • すでにトルコ人がパプリカを料理に入れ、ハンガリー人がその実の種をハンガリーにまいて生えた

などと言われています。実際のところは分かりませんが(笑)

パプリカの使い道には、煮込み料理、鶏肉料理、揚げ物料理など色々な料理で重宝でき、じゃがいもや、卵、チーズやサラダとの相性ピッタリです。


◆◇◆ Enjoy your spice life ◆◇◆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です