サフラン、君はどうしてそんなにお高いの

「楽しく、美味しく、健康に!」
スパイスの魅力を伝える、areUspicyです

今日はサフランのお話しです。

サフランの原産地は、南ヨーロッパや西アジアです。スパイスとして使用する部分は、花の雌しべ。スパイスの多くは、葉や実を使いますが、花、しかも雌しべを使うのはサフランぐらいです。水にひたすことで、黄金色の色素が移るので、お米やお菓子の色付けなどに用いられていますが、日本ではあまりお目にかかりませんね。

さて効能ですが、

  • 味:辛味、苦味、甘味
  • 機能:体を冷ます
  • 働き:若返り、胃腸内のガスを排出する、月経を促進する
  • VIPAKA(消化後の味):甘味
  • VPK分析:ヴァータ、ピッタ、カパを整える

日本で買うとめちゃくちゃ高いんですよね、これが。日本は特に高いのですが、世界的にもサフランは高価なスパイスです。それは、なぜか。
希少性
サフランは、花の雌しべですが、ひとつの花から3本しか取れません。1キロのサフランを取るに17万個の花が必要になります。
人件費
一本一本手作業で採取していることもあり、手間暇がものすごいかかっています。

スペインのパエリアが代表的ですが、その他には、イタリア料理のミラノ風リゾットやブイヤベース、お菓子などで使われています。手軽に楽しむには、お湯を注ぐだけのサフランティーが良さそうです♪


◆◇◆ Enjoy your spice life ◆◇◆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です