レモングラスは独特な風味

「楽しく、美味しく、健康に!」
スパイスの魅力を伝える、areUspicyです

今日はレモングラスのお話しです。

レモングラスの原産地は、熱帯アジア。淡い紫色の花が咲く植物で、スパイスとして使う部分は、葉や茎です。レモングラスは芳香が強く、エッセンシャルオイルとしては臭い消しとしても用いられています。

さて効能ですが、

  • 味:辛味、苦み
  • 機能:体を冷やします
  • 働き:利尿作用、発汗作用をもたらす
  • VIPAKA(消化後の味):辛味
  • VPK分析:ピッタとカパを下げる


※写真は白っぽいですが、もう少し黄色です。

レモングラスは、その名の通り、レモンのようわ爽やかな香りや風味があります。
ハーブティーとして摂られることが多いですね。シンガポール空港内のお店のレモングラスティーが美味しくて、レモングラスにはまりました。
料理では、そう!タイ料理のトムヤムクンに入っていますね、独特な風味が嫌だだという人も多い一方で、なんとも言えない味が癖になるという人も多いはず。私は病みつきになっているうちの一人ですね。

レモングラスもいずれチャイにしようと企み中です(笑)♪


◆◇◆ Enjoy your spice life ◆◇◆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です