スパイスを使って漬物を長持させる方法/How to prolong pickles using spices

日本語は下です

「Fun, Yummy, healthy!」
areUspicy is to convey the charm of spices.


※ The picture is quoted.

In the past, in the explanation of the role of spice, I told that spice has a function to make foods such as meat and fish last longer.
The work of such spice also brings similar function to pickles loved in Japan. People who like pickles are a must-see.

◆ When there is no spice, the number of storage days is 3 days
◆ When adding nutmeg, 6 days
◆ In addition, if you add sanshoi, cardamom and black pepper, 9 days

Such research results have come out (from the “study to raise the preservability of pickles at room temperature” conducted by 愛知県食品工業試験所).
If you want to keep it for a long time, add nutmeg, sanshoow or cardamom or black pepper to the usual pickles so it looks good.

The above spice has sterilization and antibacterial action. Regarding the efficacy of each spice, please see dictionary.
And vinegar of necessities for pickles. Vinegar is known to have bacteriostatic action to prevent the growth of bacteria.
In the study, we kept water-washed horse mackerel and vinegar-washed horse mackerel in a refrigerator kept at a temperature of 5 degrees and compared the freshness. As it is, asahi was washed in 3 days, breeding of viable bacteria exceeded the dangerous criteria, but the result that vegetables washed with vinegar was kept fresh for 7 days has come out.
Also, it has been confirmed by experiments that when you cook rice or add a small amount of vinegar to the bread dough, it is hard to be caught at high temperatures.

By combining such vinegar and spice, the effect doubles.
!caution
Vinegar and spices are not harmful to the body, but increasing the amount does not mean that the preservation period will be prolonged, so please refrain from excessive use.

「楽しく、美味しく、健康に!」
スパイスの魅力を伝える、areUspicyです


※画像は引用です。

過去にスパイスの役割の説明で、スパイスには、肉や魚などの食材を長持ちさせる働きがあるとお話しました。
そんなスパイスの働きは、日本で愛される漬物にも同様の働きをもたらします。漬物好きな方は必見ですね。

◆ スパイスがないときの保存日数は、日間
◆ ナツメッグを加えた場合、日間
◆ さらに、サンショウやカルダモンやブラックペッパーを加えた場合、日間

このような研究結果が出ています(愛知県食品工業試験所が行った「常温で漬物の保存性を高めるための研究」より)。
少しでも長い間保存しておきたい場合には、いつも作る漬物に、ナツメッグサンショウもしくはカルダモンもしくはブラックペッパーを加えると良さそうです。

上記のスパイスは、殺菌、抗菌作用を持ちます。各スパイスの効能については、スパイス辞典をご覧ください。
そして漬物に必需品の食酢。食酢には、細菌の増殖を防ぐ制菌作用があることが知られています。※制菌作用とは、細菌の発育や増殖を抑制する作用のこと。

研究では、水洗いしたアジと酢洗いしたアジを、温度5度に保たれた冷蔵庫で保存し、鮮度を比べました。そうしたところ、水洗いしたアジは3日で生菌の繁殖が危険基準を超えたが、酢洗いしたアジは7日間鮮度を保ったという結果が出ています。
また、お米を炊く時や、パンの生地に少量の食酢を加えることで、高温でもいたみにくいことが実験で確認されています。

そんな食酢とスパイスを併用することで効果が倍増するというわけです。
!注意
食酢やスパイスは体に害のあるものではありませんが、分量を増やせば保存期間が長くなるというわけではないので、過度なご使用はお控えください。


◆◇◆ Enjoy your spice life ◆◇◆

Today’s spice is 「Celery」

「Fun, Yummy, healthy!」
areUspicy is to convey the charm of spices.

Origin is Southern Europe and Sweden. It is familiar celery with vegetables. Parts used in vegetables are leaves and stems, but the parts used as spices are divided into seeds (the pictures are not available for vegetable celery).
Like the leaves and stems of celery seeds, there are unique fragrances, odor and bittersweet.
In ancient Rome and Greece, it was used as a medicinal rather than as a vegetable. It is indeed painful for good medicine.

◆ Taste
Pungent

◆ Indication
Diuretic action, Intestinal action, Treatment of eye inflammation, Sweating action, Treatment of bruise, Treatment of rheumatism

◆ VPK analysis
Capital

◆ Ingredients
α-limonene, α-selinene, appein, bergapten, luteolin glycoside, alkaloid, sedanolic acid, nerol, sesquiterpene alcohol

◆ Cooking
Tomato dish, pickles, dressing, salad etc.

※Dosha and VPK analysis will be Ayurveda theory. For details, please click here.

In recent years, there are many productions in Shizuoka and Nagano etc, and vegetables familiar in Japan (although there was no recognition of spice), it was in the late 16th century that I came into Japan. It seems that Kiyoshi Kato was also called 「清二(Seiji) carrot」 because it brought back for fake carrot seed. In other countries, Hippocrates, the father of medicine, says, 「If nerves are gone, you should eat celery and take medicine」.

I want to eat quickly, for you like that, easy Celery pickles seems to be good. I mixed salt, clove, pepper, chili peppers in vinegar, soaked celery there. A proper recipe is released separately.

You can easily eat one bunch^^

今日のスパイスは「セロリー」

「楽しく、美味しく、健康に!」
スパイスの魅力を伝える、areUspicyです

原産地は南ヨーロッパやスウェーデンです。野菜でお馴染みのセロリーですよね。野菜で使用する部分は、葉や茎ですが、スパイスとして使用する部分は種子という分け方をしています(写真は手に入らなかったので野菜のセロリーです)。
セロリーの種子も葉や茎と同様に、独特の香り、青臭さとほろ苦さがあります。
古代ローマやギリシャでは、野菜としてではなく医薬的に使用していたのだとか。まさに良薬口に苦しです。

◆ 味
辛味

◆ 効能
利尿作用、整腸作用、眼炎の治療、発汗作用、打撲の治療、リウマチの治療

◆ VPK分析
(↑)カパ

◆ 含有成分
α-リモネン、α-セリネン、アピイン、ベルガプテン、ルテオリン配糖体、アルカロイド、セダノール酸、ネロール、セスキテルペンアルコール

◆ 料理
トマト料理、ピクルス、ドレッシング、サラダなど

※気質やVPK分析は、アーユルヴェーダ理論になります。詳しくはコチラをご覧ください。

昨今、静岡や長野などでの生産が多く、日本でもお馴染みの野菜ですが(スパイスの認識はありませんでしたが)、日本に入ってきたのは16世紀後半のこと。加藤清二がニンジンの種子と偽って持ち帰ったことより「清二ニンジン」とも呼ばれていたそうです。諸外国では、医学の父ヒポクラテスは、「神経がまいったならば、セロリーを食べて薬にするとよい」とも言ってます。

手っ取り早く食したい、そんなあなたには、簡単にできるセロリーの酢漬けをおすすめします。お酢に塩、クローブ、花椒、チリペッパーを混ぜ、そこにセロリーを漬け込み、待つこと数時間~1日。ちゃんとしたレシピは別途公開。

これだと1房ペロっと食べれますね。


◆◇◆ Enjoy your spice life ◆◇◆

Today’s spice is 「onion」

「Fun, Yummy, healthy!」
areUspicy is to convey the charm of spices.

Due to the prejudicial prejudice that onion was a vegetable, I forgot about it entirely. It was found in the spice dictionary securely, what I did. Some people are vegetables, and they are versatile foods that can be said as spices.

◆ Taste
Bitterness, sweetness

◆ Indication
Promotes digestion, stimulates menstruation, hypnotic action, blood pressure lowering effect, treatment of bruises, diuretic action etc.

◆ VPK analysis
(↑) Pitta (↓) Vata, Kapha

◆ Ingredients
Di-n-propyl disulfide, methyl-n-propyl disulfide, glucose, sucrose, dextrin, scorodose

◆ Cooking
Curry, meat dishes, hamburgers, salads and more.

※Dosha and VPK analysis will be Ayurveda theory. For details, please click here.

When I cook onions, I have tears, but this is due to the chemical substance thiopropanal S-oxide contained in the onions scattering. A researcher named Charles Darwin investigated whether tears falling asleep in times of sadness and tears when cutting an onion are the same. The result is Yes. Both are the same tears.
Onion was already useful as a main ingredient since Greek and Roman times, but because it turns translucent as it turns leather, the Romans say “onion” as “like a pearl, many layers are one It was said to have called the meaning “unio”.
Sure, it is a beautiful translucent color.
There seems to be a mysterious legend also on onion, it seemed to have been said to be fortunate simply by dreaming of an onion, such as putting sick on the left side or getting worse if you give a fire or onion is. Really??


◆◇◆ Enjoy your spice life ◆◇◆

今日のスパイスは「タマネギ」

「楽しく、美味しく、健康に!」
スパイスの魅力を伝える、areUspicyです

タマネギは野菜だと勝手な先入観があったせいか、すっかり忘れていました。しっかりとスパイスの辞典には載っていました、私としたことが。野菜という人もいれば、スパイスとも言える万能な食材です。

◆ 味
苦味、甘味

◆ 効能
消化促進、月経促進、催眠作用、血圧降下作用、打撲傷の治療、利尿作用など

◆ VPK分析
(↑)ピッタ(↓)ヴァータ、カッパ

◆ 含有成分
ジ-n-プロピル・ジサルファイド、メチル-n-プロピル・ジサルファイド、グルコース、シュークロース、デキストリン、スコロドース

◆ 料理
カレー、肉料理、ハンバーグ、サラダなど。

※気質やVPK分析は、アーユルヴェーダ理論になります。詳しくはコチラをご覧ください。

タマネギを調理すると、涙が出ますがこれは、タマネギに含まれるチオプロパナールS-オキシドという化学物質が飛び散るせい。チャールズ・ダーウィンという研究者は、悲しい時などに零れ落ちる涙とタマネギを切った時に出る涙は同じものなのかを調べた。その結果はYes。どちらも同じ涙だそう。
タマネギは、ギリシア時代、ローマ時代からすでに主要食材として重宝されていましたが、皮を向くと半透明になるからか、ローマ人はタマネギのことを「真珠のように、たくさんの層が一つにまとまった」と意味のunioと呼んでいたそうです。
確かに、半透明の綺麗な色ですね。
タマネギにも神秘的な言い伝えがあるようで、左側に置くと病気を寄せ付けないだったり、火をくべれば厄除けになるだとか、タマネギの夢を見るだけで幸運に恵まれると言われていたそうです。ほんとかよ!?


◆◇◆ Enjoy your spice life ◆◇◆

スパイスで減塩ができるってホント!?

「楽しく、美味しく、健康に!」
スパイスの魅力を伝える、areUspicyです

日本は醤油や塩の文化が根付いているので、辛さよりもショッパサを好む人も多いかもしれません。自分もそのうちの1人です。醤油には、かなりの塩が使われています。塩も適量の場合は、体に必要な成分が含まれるので問題なのですが、塩分過多は、控えたいところです。

今日は、スパイスで減塩できる、という話。
この話は、エスビー食品株式会社のスパイスセミナーで仕入れました。目からウロコ。スパイスの働きは、着色やパンチを加えるだけじゃなく、健康にも良いなんて、ますます魅力に感じました。

そのセミナーでは、以下の2種類のきんぴらごぼうを食べ比べました。
◆ 一般きんぴら
塩、醤油を使って作る、きんぴらごぼうをさします。
◆ 減塩スパイスきんぴら
スパイス、醤油を使って作る、きんぴらごぼうをさします。

一般きんぴらを食べて、減塩スパイスきんぴらを食べると、
味の差がはっきりと分かりました。減塩と聞くと、薄味を想像しがちで、実際の病院食なんかは、薄味です。が、しかし、薄味といった感じが全くありません。味覚で言うと、ちょっと甘味?のようなコクを感じたり。
そして、
減塩スパイスきんぴらを食べた後、一般きんぴらを食べると、「わっ、めっちゃくちゃ濃い」と、率直に感じました。

ですので、最初から、減塩スパイスきんぴらが食卓に出てきてたら、全く違和感なしです。ご飯のお供にもなる塩加減です。

さて、使用するスパイスは一体何なの、ということですが、それは、
コリアンダーです。パクチーとも呼ばれる、スパイスですね。パクチーを知っている人は、きんぴらごぼうが、あの独特な香りや味で上書きされるだけじゃないの?と思ってしまうかもしれません。しかし、使用する部分は、コリアンダーの種子の部分。独特な香りや味は、葉の部分のみで、種子にはそれらがありません。市販で売られているコリアンダーパウダーは、種子をパウダー状にしているので、心配はいりません。

コリアンダーは、苦味成分を含み、また体への効能も期待できる優れたスパイスなので、減塩&健康にも良く、まさに万能なスパイスなのです!


◆◇◆ Enjoy your spice life ◆◇◆

カレーが食べたくなったら風邪の予兆?/If curry wants to eat it is a sign of a cold?

日本語は下です

「Fun, Yummy, healthy!」
areUspicy is to convey the charm of spices.

A cold which is likely to change at the turn of the season where the temperature difference is severe or when the physical strength / mental tiredness. If you can prevent it, you do not have to go to bed.

Today, “When you want to eat curry, it is a sign of a cold,” he said.Although this story has been well done since long ago, there is a scientific and psychological ground for anything (irresponsible) in urban legends and Indian conspiracy.

A lot of spices are used for curry,
Turmeric (ウコン in Japan) is widely used as one of them.

This turmeric contains a lot of ingredients, too,
One of them, the compound called curcumin, works well.
Curcumin activates the liver function, senses the cold virus that invaded the body, is repelling.
That’s why it is included in nutrition drinks etc.

I know that curry is good for a cold, but what I want to know is “Why are they foretelling?”

Curry has been eating in Japan since about Meiji 5,
Many existing people now know the food called curry since childhood, and in many cases, have eaten frequently.
When eating many times since childhood, the body remembers that curcumin will get rid of the cold virus.
And when a cold virus is about to invade, the body you learn will want nature and curcumin.Because the human body is clever, it reacts trying to self-protect properly, do not you think?

I want to eat curry! When thinking about it, it is good to eat curry according to the reaction. And I praised that it seemed to catch a cold.This is a patchy measure against a sign.

Next is prevention.
It is good to always have curcumin in your body.
To say it is easy going.Anything that contains curcumin compounds is acceptable,
I am tired of drinking the power of turmeric every day and it is never delicious,
It is good to be able to ingest deliciously.

「楽しく、美味しく、健康に!」
スパイスの魅力を伝える、areUspicyです

寒暖差が激しい季節の変わり目や、体力・精神が疲れている時になりやすい風邪。予防ができれば、寝込まなくてもいいんですけどね。

今日は、「カレーが食べたくなったら、風邪の予兆かも」というお話し。
昔からこの話は結構されているのですが、都市伝説やインド人の陰謀でもなんでもなく(これは失礼)、科学的、心理学的根拠があります。

カレーには多くのスパイスが使われているのですが、
その1つにターメリック(日本ではウコン)が多く使われています。

このターメリックの中には、これまた多くの成分が含まれているのですが、
そのうちの1つ、クルクミンという化合物が良い働きをします。
クルクミンは、肝機能を活発にさせ、体内に侵入した風邪ウィルスを察知して、撃退しているのです。
栄養ドリンクなどに含まれるのはそのためですね

カレーが風邪に良いことはわかったけど、知りたいのは「なぜ予兆なのか」ってこと。

カレーは明治5年頃から、日本で食べ続けられている食事で、
今、現存する人の多くは、幼い頃からカレーという食べ物を知っていますし、多くの場合、頻繁に食べてきたのではないでしょうか。
幼い頃から何度も食べていると、クルクミンが風邪ウィルスを退治してくれると体が記憶しています。
そして、風邪ウィルスが侵入しそうになると、学習した体は、自然とクルクミンを欲するというわけです。
ヒトの体は賢いので、きちんと自己防衛しようとして反応するんですね。

カレーが食べたい!と思ったら、その反応に従ってカレーを食べるのが吉です。そして、風邪ひきそうだったんだな、と褒めてあげて(笑)
これで予兆に対する対策もバッチリです。

次は、予防。
常に体内にクルクミンがいる状態にしておけばいいってわけです。
言うは易く行うは難しです。
クルクミン化合物が含まれるものであれば何でも良いのですが、
毎日ウコンの力を飲むのも飽きますし、決して美味しいものではないので、
美味しく摂取できると良いですね。


◆◇◆ Enjoy your spice life ◆◇◆