知ってる?日本カレーとインドカレーの違い

今日は、日本カレーとインドカレーの違いについてのお話しです。

日本のカレーは、カレーライスと呼ばれ、老若男女にこよなく愛されているメニューですよね。おそらく多くの人が物心ついたときには、カレーライスという食べ物が浸透していたことと思います。
そもそも、カレーという食べ物は、インドが発祥であることは、この情報社会、みなさまも薄々は気が付いてるご様子。

私もカレーライス歴の方がはるかに長いのですが、インドカレーを知ってからのハマリっぷりが尋常ではなく、もはや中毒なのではないか?と思うぐらいなのですが。なぜ、はまるのか?美味しく健康的ということは、もちろんのこと、なんだか魅惑の中毒性みたいなもの感じるのではなかろうか、と思うわけです( ̄▼ ̄;)

そんな魅惑のインドカレーはカレーライスと一体何が違うのかを考えてみました。

◆日本カレーの特徴

その1
命は、なんと言ってもルー。このルーの中に、スパイスや旨味、こくが詰まっているのです。がしかし、このルーの大半は、小麦粉や油からなる。
その2
とろみ重要、コク、具の内容で勝負しているところがある。
その3
保存食とされることが多い。レトルトカレーにもなってるぐらいなので、長持ちする感があります。というか、長持ちする。
その4
週1で食べるけど、毎日はキツイものがある。こってりしてるので、飽きがくるのも早い。(人によりますか?)
その5
ご飯とルーを合わせてカレーと言っている節がある。すなわちカレーライス
その6
油まみれで洗い物が大変

◆インドカレーの特徴

その1
ルーの概念はない。ベースは、トマト、玉ねぎ、ニンニク。後は、ここに多くのスパイスが加わる。小麦粉なし、油も玉ねぎを炒める時に少量使う程度
その2
スープっぽい、コクはさほど重要でない。
その3
保存しない。あまり長持ちしない(2~3日程度)
その4
毎日でも飽きない。インド人の多くは、毎日なんらかのカレー風味の料理を食べている。日本で言う味噌汁的な存在で、汁ものの扱い
その5
油をあまり使わないので洗い物がとても楽

と自分が考えるだけでも、これぐらいは出てきました。そして、ここが最も大事なのですが、最大の違いは、使用しているスパイスの数だと思うのです。
2,3種類でも十分カレーの旨味は出るのですが、インドでは何十種類ものスパイスを使って作れます。日本カレーに用いられるルーには基本の数種類のスパイスが入っています。
スパイスがたくさん入っているから、体を健康にしたり、また食べたいと思わせる感覚(中毒性、病みつき感)が得られるのかな、と考えるのです。


Today I’m talking about the difference between Japanese curry and Indian curry.

Japanese curry is called curry rice and is a menu loved by young and old women. Perhaps when a lot of people got involved, I think that the food called curry rice had penetrated.
In the first place, the food called curry, that India originated in this information society, everyone is getting aware of it a little.

I also have a long history of curry rice, but the hammerness from knowing Indian curry is not extraordinary, is not it addictive any longer? I think that I think. Why does it catch up? I think that deliciously healthy, of course, does not seem somewhat like a fascinating addictive thing( ̄▼ ̄;)

◆ Features of Japanese curry

Part 1
Life is Ru no matter what. In this roux, spices and umami are packed. But, the majority of this roux consists of flour and oil.
Part 2
Temp There is a place where you are competing with the contents of important, rich and ingredients.
Part 3
It is often preserved food. Because it is also becoming a retort curry, there is a feeling of lasting longer. Or, I will last long.
Part 4
I eat it at week one, but every day has something hard. Because it is heavy, it gets tired soon. (Do you depend on people?)
Part 5
There is a section saying curry with rice and roux. Curry rice
Part 6
Oiled and washing difficult

◆ Features of Indian curry

Part 1
There is no concept of Ru. Base is tomato, onion, garlic. Later, a lot of spices will be added here. No wheat flour, oil used a small amount when stir-frying onions
Part 2
Soupy style, rich is not so important.
Part 3
Do not save. It does not last long (about 2 or 3 days)
Part 4
I do not get tired every day. Many Indians eat some curry-flavored food everyday. In miso soup like existence in Japan, treatment of juice
Part 5
Because it does not use much oil, washing is very easy

Even though I think myself, this is about this. And this is the most important thing, but the biggest difference is the number of spices used.
There are enough curry umami in 2 or 3 kinds, but in India you can make dozens of spices. Ru used in Japanese curry contains several basic spices.
Because I have a lot of spices, I think that I get a sense of being healthy and wanting to eat again (addictive, addictive).


現地に行って分かった、インドの南と北の違いを教えます

今日は、インドの南と北の特徴やカレーの違いのお話しです。
インドの国土面積は日本の約9倍、小さな日本ですら北海道と沖縄の食生活や文化が異なるのですから、それだけ広いインドはもっと違って当然。
みなさんがインドに抱く印象は南?それとも北?

◆ 南インド&カレーの特徴

・ その1 
  年中温暖で、海が近い
・ その2 
  町は、穏やか。南国の田舎
・ その3 
  シーフード料理が美味しい
・ その4 
  カレーはスープっぽい
  さらっとしていて、コクより酸味や辛味
・ その5 
  カレーのお共はお米
 (ビリヤニなどのお米料理が美味しい)
・ その6 
  チャイを頼むと普通のミルクティが出てくる。
  スパイスが入っているチャイを飲むには、
  マサラチャイを頼まないといけない

◆ 北インド&カレーの特徴

・ その1 
  ヒマラヤ山脈辺りが北インドで、
  冬は寒い(年中暑いイメージは間違い)
・ その2 
  町がカオス
  道には牛、犬などが歩いている
・ その3 
  岩塩や生姜をよく使う
  ヒマラヤのピンクソルトを愛している
・ その4 
  カレーは濃厚、コクがある
・ その5 
  カレーのお共はナンや小麦粉料理
・ その6 
  チキンをよく使う
・ その7 
  チャイには生姜をたっぷり入れる
  (これがめちゃくちゃ美味しい)

と、こんな感じです。
みなさんが抱くインドの町は北が多いのかな、と思います。
カレーもそうなのかな。最近は、ミールスという南インド料理のお店が増えているので、知ってる方も多いとは思いますが、それでも、まだまだ日本にあるインド料理屋さんの多くは北インドスタイルです。カレーはもちろんのこと、北インド料理も美味しいのですが、私はやっぱり南インドカレー推進派です^^
それはなぜかって? もちろんスパイスがたくさん入っていて、そのスパイスの原産地の多くは南インドだからです。それに、南インドはアーユルヴェーダー発祥の地、予防医学の考え方が定着していている場所だと思うからです。
南インド料理もまた、アーユルヴェーダーに基づくので、美味しいだけでなく、体にも良いのです。


Today, I am talking about the differences between Indonesian south and north features and curry.
Since the diet and culture of Hokkaido and Okinawa are different in India’s national land area about 9 times even in Japan, small India is wider than that of course.
The impression you have in India is South? Or is it North?

South Indian & Curry Features

· Part 1
Mild year round, the sea is near
· Part 2
The town is calm. Tropical countryside
· Part 3
Seafood cuisine is delicious
· Part 4
Curry is like soup
It is unbelievable and more acidic and pungent than rich
· Part 5
Curry’s co is rice
(Rice dishes such as Biriyani are delicious)
· Part 6
When ordered Chai, ordinary milk tea comes out.
To drink a spicy chai,
I have to ask Masarachai

North Indian & Curry Features

· Part 1
The Himalayas Mountains are in North India,
It is cold in winter (hot and hot images are wrong)
· Part 2
Chaos in town
Cows and dogs are walking on the road
· Part 3
Frequently use rock salt or ginger
I love Himalayan pink salt
· Part 4
Curry is rich and rich.
· Part 5
Curry’s coffee is Nan or flour dish
· Part 6
Frequently use chicken
· That 7
Plenty of ginger in chai(This is super delicious)

And, it is like this.
I think that there are many North in the Indian town that you hold.
I guess curry is also so. Recently, the number of South Indian cuisines called Mears is increasing, so I think that there are many people who know, but still many Indian restaurants in Japan are North Indian style. Not to mention curry as well as northern Indian cuisine, but also I am a South Indian curry promoter ^^
Why? Of course, it contains a lot of spices, so many of the spice’s origins are South India. Besides, South India is the place of origin of Ayurveda, I think that the idea of preventive medicine is established.
South Indian cuisine is also based on Ayurveda, so it is good not only for delicious but also for the body.


”味”の秘密ちょっと知りたくない?

今日は、味覚のお話です。

味には大きく6つに分けることができます。

◇ 甘味 (あまい)
◇ 酸味(酸っぱい)
◇ 塩味(しょっぱい)
◇ 苦味(にがい)
◇ 辛味(からい)
◇ 渋味(しぶい)

ご存知の通りですね。

味覚は舌で察知し、脳で理解します。
舌には水分がありますが、この水分が足りないと味覚を感じなくなってしまいます。高齢により味覚が鈍ったり、体調が悪くて味覚が鈍い場合、ひょっとすると、舌の水分が足りない(乾燥)状態なのかもしれません。

それでは、もう少し詳しく見てみましょう

◆ 甘味
・機能:
 知性を司る、脳に栄養を運搬する 、育毛、肌の色を良くする
・摂りすぎると:
 脂肪となり、肥満の原因になる、糖尿病になる危険が高まる
・含まれる食材: バナナ、牛乳、金

私は、試験当日に甘い物(チョコレート)を少し食べていましたが、
理に適っているみたいですね。金箔は体にもすごく良いみたいです!

◆  酸味
・機能:
 消化を促進する、口まわりを綺麗にする、お腹にたまったガスを出す
・摂りすぎると:
 めまいを起こす、痒みを引き起こす 、視界が狭くなる
・含まれる食材:お酢、バターミルク、銀

口臭ケア商品には酸味が入っているようです。

◆ 塩味
・機能:
 薬の即効性を高める、むくみを取る、行動を素早くする
・摂りすぎると:
 炎症を引き起こす、白髪を増やす
・含まれる食材:塩、銅

少し使うことで、甘味を引き立てたりしますが、ついつい使い過ぎてしまいがそれはダメです。

◆ 苦味
・機能:
 食欲を低下させる、体を冷やす
・摂りすぎると:
 痩せすぎてしまう、体にとって必要な細胞が減る、体を乾燥させる
・含まれる食材:ターメリック、サンダーウッド、ニーム

ターメリックが苦味の仲間に入るなんて知りませんでしたよ。
無味だと思ってました。

◆ 辛味
・機能:
 のどの痛み・口内炎や傷口に効く、食欲を増進させる、視界が良好になる
・摂りすぎると:
 のどが渇く、乾燥する、糖尿病を引き起こす
・含まれる食材:黒胡椒、ニンニク、生姜

のどが痛いときに塩水でうがいをすると良いと言いますね。
炎症を抑える働きがあるということで合点がいきました。

◆ 渋味
・機能:
 便秘を引き起こす、膨満感を引き起こす
・摂りすぎると:
 のどが渇く
・含まれる食材:はちみつ、デーツ、真珠

体の健康にはなくてはならない味6つのお話しでした。
どの味覚にも味と同じく役割があります。
適度にとることで薬にもなりますが、過剰に摂ると体にとって毒にもなりかねません。機能や食材を知り、バランスよくいつもの食事に取り入れたいですね。何事もバランスが大事。


Today is the taste story.

The taste can be broadly divided into six.

◇ Sweet
◇ Sour
◇ Salty
◇ Bitter
◇ Pungent
◇ Astringent

You know what?

I sense the taste with my tongue and understand it with my brain.
There is moisture on the tongue, but if you lack this moisture you will not feel the taste. If the taste dullens due to aging, the physical condition is bad and the taste is dull, it may be that the moisture of the tongue is insufficient (dry).

Let’s have a closer look at it.

Sweet
·function:
To control intelligence, to convey nutrition to the brain, to improve hair growth, skin color
·If you take too much:
Become fat, cause obesity, increase the risk of becoming diabetic
·Ingredients included: banana, milk, gold

I was eating a little sweet (chocolate) on the test day,It seems to be reasonable. Gilt is also very good for your body!

Sour
·function:
Promote digestion, clean up the mouth, give off guts accumulated in the stomach
·If you take too much:
Cause dizziness, cause itching, narrow visibility
·Ingredients included: vinegar, buttermilk, silver

The bad breath care product seems to have sour taste.

Salty
·function:
Increase immediate effect of drug, take swelling, make action quick
·If you take too much:
Cause inflammation, increase gray hair
·Ingredients included: salt, copper

By using it for a while, I will improve the sweetness, but it is useless if I use it too much.

Bitter
·function:
Decrease appetite, cool body
·If you take too much:
Too thin, reduce the number of cells necessary for the body, dry the body
·Ingredients included: Turmeric, Thunder Wood, Nimes

I did not know that turmeric would enter into a bitter taste.
I thought that it was tasteless.

Pungent
·function:
Sore throes · Effect on stomatitis and wounds, increase appetite, improve visibility
·If you take too much:
I am thirsty, dry, cause diabetes
·Ingredients included: black pepper, garlic, ginger

If you have a sore throat, you should gargle with salt water.
I got a point of intersection that there is work to suppress inflammation.

Astringent
·function:
It causes constipation, causes fullness
·If you take too much:
is thirsty
·Ingredients included: honey, dates, pearls

It was a talk of six tastes that are essential to body health.
Every taste has a role as well as taste.
Taking it moderately will also be a medicine, but taking it too much can be a poison to the body. I want to know the function and ingredients, and to take it in my usual diet in good balance. Balance is important in everything.


南インド料理に欠かせない食材は〇〇〇

今日はトマトのお話しです。

トマトは昔から日本でも体に良いから、お肌に良いから食べなさいなんて言われてきませんでしたか。アーユルベーダーでもトマトはとっても良い食材です。南インド料理では、カレーのみならず、多くの料理でトマトを使っています。トマトの摂取量が半端ないから、彼らは、肌が綺麗なのではないか、と思ったりします。
南インド料理を習った7日間、毎食のようにトマトが食材としてあがるのですが、そんなにトマトって使い道あるかな?と思えるほど。しかし、南インド料理では至るところに使います。それまでの私は、トマトを使った料理って、冷やしトマトやサラダに沿えるぐらいしか思い付きませんでした。
そもそもトマトを温めるという発想がないのでは!?

トマトを分析すると、

◇ 
  酸味、甘味
◇ 栄養成分
  ビタミンA(カロテン)
◇ 機能
  食欲増進、抗発ガン作用や免疫賦活作用、髪の健康維持、視力維持、粘膜や皮膚の健康維持、喉や肺など呼吸器系統の保護
◇ 働き
  体内を温め、消化を早める
◇ VPK分析
  ヴァータ、ピッタ、カパ全てを上げます
  ※VPK分析については、別途詳しく説明します

体に良い影響を与えることを考えるならば、トマトは温めて食した方が良いということがアーユルヴェーダーでは言われています。
そして、インドカレーにはトマトやトマト汁が多用されているのですが、日本ではフレッシュトマトは高い!!!
ですので、トマトジュースでも代用可能です^^
体内に吸収される栄養価的にはそう変わらないのかな、と思います。


Today is the story of tomato.

Since tomatoes are good for the body even in Japan from long ago, did not you tell me you should eat it because it is good for your skin? Tomato is also a very good ingredient in Ayurveda. In South Indian cuisine, we use tomatoes not only for curry but also for many dishes. Because the tomato intake is not hemispherical, they think that the skin is beautiful.
For 7 days when I learned South Indian cuisine, tomatoes are raised as ingredients like every meal, but is tomato so much used? I think so. However, it is used everywhere in South Indian cuisine. Until then, I came up with only cooked tomatoes and salads when I cooked tomatoes.
In the first place there is no idea of ​​warming tomatoes! What?

Analyzing tomatoes,

Taste
  Sourness, sweetness
◇ Nutritional elements
  Vitamin A (carotene)
Function
  Promotes appetite, anti-carcinogenic action and immunostimulatory action,hair health   maintenance, vision maintenance,Maintain mucosal and skin health respiratory system protection such as throat and lungs
Work
  Warm up the body and accelerate digestion
VPK analysis
  Raise Vata, Pitta, Kapa all
  * VPK analysis will be explained in detail separately

It is said in Ayurveda that tomatoes should be warmed and eaten if you think about having a good effect on your body.
And tomato and tomato juice are frequently used in Indian curry, but fresh tomatoes are high in Japan! ! !
So, tomato juice can also be substituted ^^
I think that whether it is absorbed in the body does not change so much in nutritional value.


スパイスとハーブは何が違うの?

今日は、スパイスとハーブの違いのお話です。

昨今、ハーブがブームになっているので、もしかすると、スパイスよりもハーブという言葉の方が耳馴染みがあるかもしれません。
また、危険ドラッグに脱法ハーブなんて言葉が一人歩きしているせいか、危ないものと考える人もいるかもしれませんし、カフェなどのメニューにあるハーブティーのイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。

さて、本題のスパイスとハーブの違いですが、正直なところ、コレが答えです!という明確な正解はありません。
しかし、学術的に分類すると、

◆ ハーブは、植物の葉や花の部分をさし
◆ スパイスは、木、実を含めた全てのことをさす

と、説明されています。wikipediaなどを見ると割と曖昧な説明なのですが、私にはこの分類が一番しっくりきています。

面白い話には、このように分類していたりもします。

  • ヨーロッパでとれるのはハーブ、熱帯・亜熱帯地方でとれるのがスパイス
  • よい香りを持つ草がハーブ
  • 有用な草がハーブ

いずれにせよ、何らかの基準でスパイスとハーブは分けて考えられているみたいです。

なぜ、明確な正解がないのでしょうか。自分なりに考えてみると、スパイスやハーブは、植物学、医学、農学、薬学、栄養学など、多くの学問から研究されていたり、用途も、料理、薬、香りと多岐に渡るからなのかな、と思います。


Today is the story of spice and herbal difference.

Nowadays, since herbs are booming, perhaps the word herb is more familiar to the ear than spice.
In addition, there may be people who think that it is dangerous because the words are walking alone for dangerous drugs because they are walking alone, and there are many people who have images of herbal tea in cafes and other menus Is it not?

Well, the difference between the essential spice and herbs, but honestly, this is the answer! There is no clear right answer.
However, when classified academically,

◆ Herbs feed leaves and flowers of plants
◆ Spice refers to everything including trees and fruits

And it is explained. Wikipedia is a relatively unclear explanation, but this classification is the best for me.

For interesting stories, I also classify like this.

  • Herbs that can be taken in Europe, spices that can be taken in tropical and subtropical regions
  • Grass with a good scent has herbs
  • Useful grass herbs

Either way, it seems that spices and herbs are considered separately on some basis.

Why is there no clear right answer? Thinking on my own, spices and herbs have been studied from many disciplines such as botany, medicine, agriculture, pharmacology, nutrition, etc., and their use is also diversified from cooking, medicine, scent and so on ,I think.