スパイスの形と使い方を教えます!

今日は、スパイスの形とそれに合った使い方のお話しです。
まず、スパイスを使うための形状としては、

・ ホール
・ パウダー
・ 粗びき
・ ミックス

この4種類があります。みなさん、見たことはありますか?使ったことありますか?
それでは、4種類の形状を1つづつ説明していきましょう!

ホールは、
スパイス原型そのものを乾燥させたもの。スパイスの実や葉を使うので、スパイスの姿そのものなのでイメージしやすいですね。
料理のはじめに使うことが多いことからスタータスパイスとも呼ばれています。香りが失われにくく長期保存にも適しています。モノによっては、1年~数年持ちます。長時間加熱する煮込み料理や、ホールのスパイスと一緒に炒めた油を使う(テンパリンクという調理法です)ことで、香りが食材に移り料理を引き立てるので、野菜の炒めものやチャーハンなどもいいですね。

パウダーは、
ホールを粉末状に挽いたもの。香り立ちは早いですが、強さは少し弱くなります。スパイスが持つ栄養を体内に取り込みやすくしたり、見た目を装飾する役割があります。
カレーやシチューなどの煮込み料理や、仕上げや、彩りや食感のアクセントとして使うことが多いです。

粗びきは、
ホールを粗めに挽いたもの。香りが立ちやすいです。下ごしらえや調理の時に使うことが多いです。香りが立ちやすいことから、肉や魚などの臭みを取る時に重宝できます。また、食感を味わう楽しみもありますね。

ミックスは、
複数のスパイスをブレンドしたもの。パウダーや粗びきのものを使います。
スパイスそれぞれの特徴(香や味など)をいかし、味に深みや奥行を出したい時に使います。カレーパウダーなどはミックススパイスの代表ですね。五香粉やエルブドプロバンスなど多くのミックススパイスがあります(この話はまたの機会に)。


Today, I am talking about the form of spice and how to use it.
First, as a shape for using spices,

  • whole
  • Powder
  • Rubbing
  • MIX

There are four types. Everyone, have you seen it? Have you used it?
Let’s explain each of the four shapes one by one!

whole,
Spiced prototype itself dried. Because it uses spice fruit and leaves, it is easy to image because it is the appearance of spice itself.
It is also called starter spice because it is often used at the beginning of cooking. It is hard to lose its fragrance and it is suitable for long-term preservation. Depending on things, it has one to several years. By using boiled food to be heated for a long time and fried oil together with the spice of the hall (it is a cooking method called tempalink), the fragrance shifts to the ingredients and complements the dishes, so fried vegetables and fried rice are also good Right.

Powder,
Grinding holes in powder form. The fragrance is fast, but the strength is a little weak. It has a role to make it easier to incorporate the nutrition of spices into the body and to decorate the appearance.
It is common to use stewed dishes such as curry and stew, finish, accents for coloring and texture.

Rubbing,
Grind the hole roughly. The fragrance is easy to stand. I often use it for preparing and cooking. Because fragrance is easy to stand, it can be handy when you take out the smell of meat and fish. Also, there is fun to taste the texture.

Mix,
A blend of multiple spices. Use powder or rough meat.
Spice Use spicy characteristics (incense, taste, etc.) and use it when you want to give depth and depth to taste. Curry powder and others are representatives of mix spices. There are many mixed spices such as Goka powder and Elbudo Provence (this opportunity is another opportunity).


スパイスのイメージは?

スパイスのイメージはありますか?

スパイスと聞いて、みなさんはどんなイメージを持ちますか。
やっぱりカレー?激辛?どうやって使うの?なんか高そう?薬っぽい?
などでしょうか。
スパイスと日常的に関わる人とそうでない人、それぞれで思い浮かぶイメージが異なり面白いです。是非聞かせて下さい^^

一般的に言われているスパイスの役割としては、

  • 料理を引き立てる(香、色付け)
  • うまみを加える
  • 食材を長持ちさせる
  • 食材の臭い消し
  • 抗菌作用、食中毒の防止

などで、書籍や講習、ネット上で提言されていることです。

私は、そこに

  • ヒトを健康にする
  • ヒトを幸せな気分にする(変な意味でなく笑)
  • ヒトをワクワクさせる

こんな効果もあるのではないかと思うので、付け加えたいのです。

なぜかって?
それは、スパイス料理を食べた後、

  • 汗をものスゴクかいたり
  • 便がもりもりだったり(笑)
  • 体がポカポカしたり
  • 胃腸が活発になった気がしたり
  • なんか元気出てきたり

と、実際に、体感したからです!

特に南インド料理は、スパイスを多く使っています。アーユルヴェーダー施設での食事は、患者さんと同じヴィーガン、スパイス料理です。お肉や揚げ物が好きな私ですが、それでも、飽きることなく、美味しく、毎日ヴィーガン料理を食べれたのは、やっぱり味付け、すなわちスパイスの影響は大きいのではないかと思うのです。美味しい上に、さらに、栄養も抜群なのですから、やっぱり、スパイスは魅力的です。


What is the image of spice?

What kind of image do you have with spice?
After all curry? Spicy? How do you use this? Does it seem high? Medicine-like?
Is it?
People who are involved with spices everyday and those who do not, the images that come to mind are different and they are interesting. Please let me know ^^

As a role of spice commonly said,

  • Better cooking (incense, coloring)
  • Add umami
  • Make food ingredients last longer
  • Eliminate smell of ingredients
  • Antibacterial action, prevention of food poisoning

It is that it is suggested on books, lectures and online.

I, there

  • To make human health
  • To make a person happy (not a strange meaning lol)
  • Excitate humans

I think that there is such an effect, so I would like to add it.

Why you ask?
After eating Spice cuisine,

  • Sweaty and stupid skies
  • The flight is going out
  • Body sharpness
  • I felt the gastrointestinal activity became active
  • I came up with something

And, in fact, I felt it!

Especially Southern Indian cuisine uses a lot of spices. The meal at the Ayurveda facility is the same vegan, spice dish as the patient. I am fond of meat and fried food but still I am delicious and eaten Vegan cuisine every day without getting tired, I think that the influence of spice is great, after all. On top of that it is tasty, furthermore, nutrition is also outstanding, so after all spices are attractive.


スパイスを分類しよう

今日は、スパイスの属性についてのお話しです。

スパイスに限らず、植物には、属性や科目に分けられています。
自分が知ってる範囲っで洗い出してみると、

科目 スパイス
ラン科 バニラ
クワ科 麻の実
ケシ科 けしの実
オミナエシ科 マーシュ
タコノキ科 ニオイアダン
キンポウゲ科 ニゲラ
フウチョウソウ科 ケイパー
アヤメ科 サフラン
ドクダミ科 どくだみ
タデ科 ソレル、たで
ウルシ スマック、マンゴーパウダー
ニクズク科 ナツメッグ、メース
キク科 タラゴン、サフラワー
イネ科 レモングラス
ナス科 パプリカ、唐辛子
ユリ科 ガーリック、チャイブ
フトモモ科 オールスパイス、クローブ
アカネ科 くちなし
マメ科 かんぞう、タマリンド、フェネグリーク
シキミ科 スターアニス
クスノキ科 シナモン、カシア、ローレル、サッサフラス
アブラナ科 ホースラディッシュ、ルッコラ、わさび、クレソン
コショウ科 胡椒、クベバ、ロングペッパー
ミカン科 山椒、花椒、カレーリーフ、カフェライム
セリ科 アニス、キャラウェイ、クミン、コリアンダー、チャービル、ディル、パセリ、フェンネル、アサフェティダ、アジョワン、セロリー
ショウガ科 カルダモン、ショウガ、ガランガル、グレインズオブパラダイス
シソ科 オレガノ、セージ、タイム、バジル、マジョラム、ミント、ローズマリー、サボリー、しそ

ざっと30科目弱紹介してみました。
よほどの専門家でない限り、これ全部覚える必要は全くありませんし、使うとこないです(笑)しかし、重要な5属性は、効能などと併せて覚えておくと、スパイスの組み合わせなどを考える時に重宝できます。

  • アブラナ科
    • 刺激的で辛味を持つものが多く、たんぱく質を分解する働きをします
  • セリ科
    • 独特な強い香りを持ち、胃や小腸の粘膜を整える働きをします
  • ショウガ科
    • 強い香りを持ちます
  • シソ科
    • 清涼感のあり香りが特徴で、主に花・葉が使われます
  • コショウ科
    • 爽快な香りと強い辛味が特徴で、果実が使われます

分類が分かると、組み合わせがより楽しめそうですね。


Today, I am talking about spice attribute.

Not limited to spices, plants are divided into attributes and subjects.
If you try to identify it within the range you know,

Course Spice
Orchids Department Vanilla
Mulberry family hemp nuts
Poppidae Nen no kun
Ominaidae Marsh
Taconaceae Nioaden
Buttercup family Nigera
Family Family Caper
Iridaceae saffron
Dokudami Dokudomi
Tada family Sorel, tatara
Urushi Smack, Mango Powder
Nutmeg Mace Nutmeg, Mace
Asteraceae Tarragon, safflower
Gramineae Lemon grass
Solanaceae paprika, red pepper
Yuri Garlic, Chives
Famous family Allspice, cloves
Rubiaceae Gardenia
Legumiaceae Kanazu, Tamarindo, Fenugreek
Shikimi Department Star Anise
Camphoraceae Cinnamon, Cassia, Laurel, Sassafras
Brassicaceae Horseradish, Rucola, Wasabi, Watercress
Pepper family pepper, cuba, long pepper
Orchidaceae Sansho, pepper, curry leaf, cafe lime
Seriée Anise, Caraway, Cumin, Coriander, Charville, Dill, Parsley, Fennel, Asa Fetida, Ajo One, Celery
Ginger family cardamom, ginger, garangaru, grains of paradise
Labiatae oregano, sage, thyme, basil, marjoram, mint, rosemary, savory, shiso

Roughly introduced 30 weak subjects.
Unless you are a good expert, there is absolutely no need to remember all this, and you do not use it. However, important five attributes, if you remember it in conjunction with efficacy etc, can be useful when considering a combination of spices I will.

  • Crucifers
    • Many things that are exciting and pungent, they work to break down proteins
  • Seri
    • It has a unique strong scent, it works to prepare the mucosa of the stomach and small intestine
  • Ginger family
    • I have a strong scent
  • Labiatae
    • Featuring a refreshing feeling and aroma, it is mainly used for flowers and leaves
  • Pepper family
    • Featuring exhilarating scent and strong pungent character, fruits are used

When you know the classification, it seems that you can enjoy the combination more.


「スパイスの歴史」のご紹介

「Fun, Yummy, healthy!」
areUspicy is to convey the charm of spices.

Today is an introduction to a book about spices.

Although I wrote articles on the history of spices and curry in several times, I felt like I wanted to know a bit more deeply and found a book that seemed good at looking.

「SPICES:A GLOBAL HISTORY」原書房
FRED・CZARRA:著、竹田円:訳

Beginning with the introduction, a total of 5 chapters.

There are more than 100 kinds of spices, but in this book, we focus on 5 spices, and the history from ancient times, medieval to modern is spelled out.
With 5 spices,

is. areuspicy Spice dictionary has already appeared ^^

According to this book, in modern times, the use rate of spice is high in the UK. However, it is Italy that familiar with usage.
What a funny thing, many people have longing for spices, with the mind you want to get? Since it will happen until the war, it is a thing that fascinates people and the world.


「楽しく、美味しく、健康に!」
スパイスの魅力を伝える、areUspicyです

今日は、スパイスに関する本のご紹介です。

何回かに分けて、スパイスやカレーの歴史の記事を書きましたが、もうちょっと深く知りたいな、という気持ちにかられ、探したところ良さそうな本を見つけました。

「スパイスの歴史」原書房
フレッド・ツァラ:著、竹田円:訳
序章から始まり、計5章立て。

スパイスは、100を超える種類が存在するのですが、この本では、5つのスパイスに絞って、古代、中世~現代までの歴史が綴られています。
5つのスパイスとは、

です。areuspicyのスパイス辞典にも既に登場していますね^^

この本によると近代において、スパイスの使用率が高いのは、イギリスだそう。しかし、使い方を熟知しているのはイタリアだとか。
なんとも面白く、多くの人が、スパイスの憧れを持ち、手に入れたい一心で?、戦まで起きるぐらいなので、人や世界を魅了するモノなのですよね。


◆◇◆ Enjoy your spice life ◆◇◆

今日のスパイスは「タイム」

タイム

タイムの原産国はヨーロッパ。白やピンクの花を咲かせる植物で、スパイスとして使用する部分は、葉や花です。タイムと聞くと、時間TIMEと何か関連があるのかな?と思いきや、スペルがそれとは違ってThymeです。ギリシャ語でチモン(Thymon)、防腐を意味することが語源のようです。
語源もそうですが、古代ギリシャで重宝してたみたいですね。人間の能力を高めると信じられていたそうで、勇気、大胆さのシンボルだったようです。
この時代のギリシャでは、「あなたはタイムの香りがする」というのは最高の褒め言葉だったようですね。

さて効能ですが、

◆ 味
辛味

◆ 効能
駆虫、鎮痙

◆ VPK分析
(↓) ヴァータ、カパ

と、駆除や芳香で使われることが多いですが、その芳香を用いて、歯磨き粉の香料として使われていたり、その昔は薬用としても使われていました。とても爽やかな香りがするので、タイム単体で香りを堪能できますね。自分には、お香に近いようにも感じました。

使い方は、肉や魚料理、スープやドレッシングに和えるのも良いですね。大量に摂ると苦味がまさるので、少量をお使い下さい。


YToday’s spice is 「Thyme」

Thyme

The country of origin of Thyme is Europe. It is a plant that blooms white and pink flowers, the part to use as spice is leaves and flowers. When asked Thyme, is there something related to TIME? I think, Spelling is different from it Thyme. In Greek, thymon, it seems to be etymology to mean antiseptic.
The origin also seems to have been useful in ancient Greece. It seems that it was believed to raise human ability, it was a symbol of courage, boldness.
In ancient Thymes, it seems that “You smell like Thyme” was the best praise.

Well, although it’s efficient

  • Taste: pungent
  • Function: Heating body
  • Working: antispasmodic,carminative,antispasmodic
  • VIPAKA (taste after digestion): pungent
  • VPK analysis: decrease Vata,Kapha

Although it is often used for extermination and aroma, it has been used as fragrance of toothpaste with its fragrance, and it was also used as a medicine in the past. It has a very refreshing scent, so you can enjoy the fragrance by time alone. I felt like being close to incense for myself.

It is also good to use it with meat and fish dishes, soup and dressing. If you take a large amount, bitterness is better, so please use a small amount.


カレーは文明開化とともに

今日はカレーは文明開化とともにのお話しです。

カレーは、そもそもインドの料理です。スパイスたっぷりのそれは、インドでは今も昔も日常的に食され愛されるソールフード。日本で言うところの味噌汁的な存在ですね。かつては、インドを植民地にしていたイギリスがそのカレーを自国へ伝えるのですが…

さて、1633年から200年近く続いた鎖国が終わった日本
明治維新によって、文明開化が起こります。これにより、文明の道が開け、貿易が盛んに行われます。西洋文化、東洋文化が続々と日本に入ってきます。そんな中、1872年、「西洋料理指南書」「西洋料理通」という書物にカレー料理が発表されたのです。
ただしかし、イギリスが、西洋料理として紹介しました。


「西洋料理指南書」※画像は引用です
 (実物見てみたいですし、レシピが書いてあるなら再現してみたいですね~。)

そのためでしょうね、私たちが日常的に食しているカレーは、西洋風のカレーなんですね。
さらに、私たちがカレーだと思っているのは、このスタイルでは。

カレーライスです。
お米を主食とする日本は、カレーを食べる際にお米にかけたことから、カレーライスができたのだとか。カレーライスは日本の独自メニューなのです。
確かに、インドカレーや、西洋風カレーは、カレーとライスが別々ですし、パンであることもしばしばですね。

また、カレーライスの独特のとろみ、これもまた日本がアレンジしたのだとか。

  • イギリス海軍のメニューに採用されたとき、船の揺れに対応するためだったという説
  • ソースを重視するフランス料理の手法を取り入れたからという説

(Wikipediaより)
と色々と諸説があるようです、面白いですね。

確かにとろみがあります。そちらに重きを置いたためか、もしくはスパイスの入手が困難だったからなのか、カレーライスには、スパイスがあまり使われていないですね。
カレー食べたくなってきました^^


Today, curry is the story of with the civilization and enlightenment .

Curry is originally a dish of India. A lot of spices is eaten in daily life in India both now and in the past. It is a miso soup like that in Japan.
Once used to colonize India United Kingdom tells its curry to home country …

Well, the isolation that lasted nearly 200 years since 1633 is over Japan.
Civilization opening will occur by 明治維新Meiji Restoration. This opens the path of civilization, and the trade is done actively. Western culture and Oriental culture will enter Japan steadily and steadily. Meanwhile, in 1872, curry dishes were announced in the book 「西洋料理指南書」Western Cuisine Gyanan Book” and 「西洋料理通」Western Cuisine Tea.
However, UK introduced it as Western cuisine.


「西洋料理指南書」※ The picture is quoted
(I’d like to see the real thing, I would like to reproduce if the recipe is written.)

That’s why, the curry we eat on a daily basis is a Western curry.
In addition, in this style I think that we are curry.

It is curry and rice.
Japan with staple food as rice was curry rice because it was applied to rice when eating curry. Curry and rice is Japanese unique menu.
Certainly Indian curry and Western style curry have different curry and rice and are often bread.

Also, the unique thickening of curry and rice, this was also arranged by Japan.

  • The theory that it was to correspond to the shake of the ship when adopted in the menu of the British navy
  • The theory that it adopted the method of French cuisine which emphasizes sauce

(From Wikipedia)
There seems to be various theories, it is funny.

There are certainly solids. Because it placed emphasis there? Or is it difficult to obtain spices, spice is not used much for curry and rice?
I want to eat curry ^^


スパイスが日本へ到来したのはいつの事?

今日はスパイスが日本へ到来した?お話しです。

どうやら日本にスパイスらしきものが到来したのは8世紀の奈良時代のこと。
スパイスという言葉が普及したのは、近代の話です。なんと言われていたのでしょうね。


※画像は引用です

  • 712年に編纂された「古事記には」、生姜、山椒、ニンニク
  • 734年に「東大寺正倉院文書」には、胡麻
  • 934年に「延喜式」にはニンニクの栽培方法

など、古い書物には、生姜、山椒、ニンニクのことが書かれています。
そして724年~749年の聖武天皇時代には、

  • コショウ
  • クローブ
  • シナモン

これらのスパイスが既に日本に上陸していたということが分かっています。なぜそんなことが分かるのか?という話ですが、世界遺産にもなっている東大寺の正倉院の御物の中に、
が納められており、どのスパイスも薬として日本に到来したのです。


※画像は引用です

この頃の伝承、伝搬は本来の使い方なのでかもしれませんね。
その後、中国との交易、中世のヨーロッパ人の来航、東南アジアへの渡航、船貿易が盛んとなり、上記以外のスパイスも日本に入ってくるわけです。まだまだこの頃も「薬味」という言葉は出てきません。唐辛子が日本に上陸し、その薬効が明らかになると、またたくまに普及します。

  • 江戸時代初期、徳五衛門が現在の東日本橋(東京)にて、七味唐辛子を売り出し
  • 江戸時代後期に薬味という言葉が全国に広がります

薬味の由来は、唐辛子なんですね。自分としては、シナモンやクローブでないところが悔しいところです(唐辛子の原産国はアメリカ)。しかし、七味唐辛子の原点は、中国の漢方薬の配合がヒントになっていると言われています。

タイトルの回答としては「スパイスという言葉はまだ到来していない。しかし、実体は到来した」ですね。スパイスという言葉と同時期にカレーが登場します。カレーの話はまた今度(^^♪


Today Did spice arrive in Japan? This is the story.

Apparently spice-like things came to Japan About the Nara period in the 8th century.
It is the story of modern times that the word spice spread. I wonder what he was told.


※ The picture is quoted

  • 古事記(Konjiki) compiled in 712, ginger, Japanese pepper, garlic
  • In 734 “東大寺正倉院書物(Todaiji Temple Shosoin Documents)”, sesame
  • In 934 “延喜式” is a cultivation method of garlic

In old books such as ginger, peppers and garlic are written.
And during the Emperor Shomu in 724-749,

  • pepper
  • Cloves
  • Cinnamon

I know that these spices have already landed in Japan. Why do you understand such a thing? Although it is said that, in the thing of Shosoin in Todaiji which is also a world heritage,
And every spice came to Japan as a medicine.


※ The picture is quoted

It may be because traditional folklore, propagation is the original usage.After that, trade with China, the arrival of medieval Europeans, traveling to Southeast Asia, and shipping trade are thriving and spices other than those mentioned above will also enter Japan. There is still no word for “condiments” yet at this time. When peppers landed in Japan and their medicinal effects become apparent, they will spread quickly.

  • In the early 江戸初期, 徳五衛門 sold the Shichigi chilli at the present East Japan Bridge (Tokyo)
  • The term condiment spreads nationwide in the late 江戸後期

The origin of condiment is pepper. As for me, cinnamon and places that are not cloves are a regrettable place (the country of origin of chili is America). However, it is said that the origin of Shichigi chilli is a hint of Chinese Chinese herbal formulation.

As the answer to the title “The word spice has not come yet, but the entity has arrived”. Curry will appear at the same time as the word spice. The story of curry is now (^^♪


「スパイス=辛い」これは間違い

今日は「スパイス=辛い」これは間違いのお話しです。

日本には、そもそもスパイスというモノや概念がありませんでした。今でこそ浸透してきていますが、少し間違ったように認識されているのかな、と思います。そう感じたのは、自分自身、諸外国の歴史を知ったり、使い方を知ったからです。

東南アジアでスパイスが普及したのは、多くのスパイスの原産地だからということがあるでしょう。ヨーロッパで広く普及したのは、歴史的な背景などがありますね。
東南アジアやヨーロッパは、土地が広く、その昔は新鮮な食材が手に入りませんでした。そのため、

  • 食材の防腐剤
  • 臭み消し

のような用途でスパイスを大量に消費していたのです。

一方の日本はというと、土地が狭く新鮮な海山の幸を入手できやすい環境にあるので、防腐などの必要がありませんし、日本の食事は魚介や野菜が中心で、その味を活かすものが多いので、食材の味を損ねない程度の隠し味や薬味で使われる、いわば添え物のような使われ方です。

スパイスに相当するものが、昔の日本では「薬味」。この薬味には、

  • わさび
  • 山椒
  • 生姜
  • ネギ

など
辛いものが多いです。
このため、日本では「スパイス」=「辛いもの」と認識されてしまっています。
これまでに紹介したスパイスの中にも、甘い酸っぱい苦いなど、辛い以外のスパイスがたくさんあります。
実は、世界で使われているスパイスのうち、辛味のあるスパイスは1割もないそうですよ。。
スパイスを訳すと「香辛料」となりますが、その言葉にも捕らわれてしまってますよね。


Today is 「Spice = pungent」 This is a mistake.

In Japan there were no objects or concepts of spice in the first place. I think that it is perceived now, but I think that it seems to be a bit misunderstood. I felt that because I knew myself about the history of foreign countries and how to use it.

! [] (http://areuspicy.com/wp-content/uploads/2018/07/line_1506174246383.jpg)

It is probably because spices spread in Southeast Asia because it is the origin of many spices. Widespread in Europe, there is historical background and so on.
In Southeast Asia and Europe, the land is wide, and old fresh ingredients were not available. for that reason,

  • Preservatives for ingredients
  • Odor extinguishment

It was consuming a large amount of spices for such uses as.

In Japan, on the other hand, there is no need for antiseptic and so on because the land is narrow and fresh sea mountains are readily available, so Japanese meals are mainly seafood and vegetables, so many of them take advantage of their taste , It is used in a hidden taste and condiment to the extent that does not impair the taste of the ingredients, that is, how it is used like a soup.

Spices are equivalent to “spicy” in old Japan. To this savory taste,

  • wasabi
  • Japanese pepper
  • ginger
  • Leek

Such
There are many hot things.
For this reason, in Japan 「spice」=「spicy」 has been recognized.
Among the spices I have introduced so far, there are lots of spices other than spicy, such as sweet, sour, bitter.
Actually, among the spices used in the world, there is no 10% pungent spice. .
Spice translates into “spices”, but it has been caught in that word too.


今日のスパイスは「ローズマリー」

ローズマリー

原産地は、地中海沿岸です。青紫や水色の花が咲く植物で、スパイスとして使用する部分は、葉です。多くはローズマリーの名で親しまれていますが、ロスマリヌスという学名が付いています。これはラテン語で、「海のしずく」を意味しており、水色の花が地中海の色、形がしずくを連想させることから、そのように名づけられたのだとか。なんだかロマンチックな話ですが、ローズマリーは歴史の古いスパイスの1つで、愛のシンボルとして神話や儀式によく使われてもいるようです。

また、ローズマリーには、こんな俗説があります。
「聖母マリアが青いマントを香りのよいハーブの茂みにかぶせたところ、翌朝、白かった花がマントと同じ青に変わっていた。」
そんな伝説から、マリア様を象徴する花がバラであることから、ローズ・オブ・マリー=ローズマリーと呼ぶようになったとか。これまたお洒落な話ですね。

さて効能ですが、

◆ 味
辛味、苦味

◆ 効能
記憶力や集中力を高める、花粉症などのアレルギー緩和、血行不良やリウマチに効果あり

◆ VPK分析
(↓) ヴァータ、カパ

お洒落な話だけではなく、現代人にも嬉しい効能がしっかりあります。

香りには清涼感があり、独特の強い風味があります。
使用方法は、肉や魚料理、スープやじゃがいも、野菜などに相性が良く、またオイルやビネガー漬けにして味を楽しむこともできまし、ケーキやハーブティーなどの午後のひと時にもよさそうです。

なんと、古代ギリシャでは、ローズマリーの香りが頭脳を明晰にするとされていたようで、学生たちは勉強する際に、記憶定着のためにローズマリーを身につけていたと言われているのです。大事な試験や集中したい仕事がある時に、ローズマリーの香りをかいだり、ハーブティーを飲んだりすると、、もしかすると実力以上の成果が得られるかも!?しれませんね。