スパイスとハーブの違い/spice and herbal difference

日本語は下です

「Fun, Yummy, healthy!」It is areUspicy to convey the charm of spices.

Today is the story of spice and herbal difference.

When I started writing blogs for areuspicy, I was talking about the difference between spices and herbs [see the past article] (http://areuspicy.com/?p=113), the other day’s lecture Because the explanation received was easy to understand, I could understand smoothly, so I explain it without reviewing it.

Spice and herbs are often set, S&B foods are typical, and communication courses are often spice&herbs. I think myself is something similar.
When classified academically

Herb refers to the leaves and flowers of plants.
Spice refers to everything including trees and fruits.

It seems to be like this.
If you understand in the diagram one shot.
![](http://areuspicy.com/wp-content/uploads/2018/08/ Spice and herbs.png)

In the future, I think that leaf things will be explained as spice course, at that time, what? It tried to explain here so as not to be confused a bit with herbs. Herb is part of spice In a corner of my head ^^ I will be going to test here.


「楽しく、美味しく、健康に!」スパイスの魅力をお伝えする、areUspicyです。

今日は、スパイスとハーブの違いのお話です。
areuspicyのブログを書き始めて間もない頃に、スパイスとハーブの違いについては、お話していたのですが過去記事参照、先日の講座で受けた説明が分かりやすくて、すんなり理解できたので、あえて復習かねて説明。

スパイスとハーブってセットにされることが多いです、S&B食品は代表的ですし、通信講座もスパイス&ハーブというものが多いです。似て非なるものだと自分では思っています。
学術的に分類すると

ハーブは、植物の葉や花の部分をさします。
スパイスは、木、実を含めた全部のことをさします。

こうなるみたいです。
図で理解すると一発。

今後、葉ものもスパイス講座として説明していこうと思っていて、その時に、え?それハーブでしょっと混乱させないように、説明してみました。ハーブはスパイスの一部ということを頭の片隅に^^ ここテストに出ますよ(笑)


◆◇◆ Enjoy your spice life ◆◇◆

Alpinia zerumbet curry (there is room for improvement)

「Fun, Yummy, healthy!」It is areUspicy to convey the charm of spices.

Today, I am talking about Alpinia zerumbet (ゲットウ).
The other day、i write this articleOkinawa herbs Alpinia zerumbet、I regret strongly that I should have asked people in the store how to make it, but I tried making it for the time being.
I did not understand how to handle the moon peach, but this time I tried to do squeezing take-in instead of just putting it in.

  • Put water in a pot
  • I put in 2 Alpinia zerumbet there (I divided it into 5 equal pieces)
  • Simmered stew
  • Paste with mixer

Leaves and fiber parts will remain, so remove them and extract only the liquid. The fragrance is thin only with leaves, but by crushing the leaves, the fragrance ingredient has bursted out and it has got a very good scent, good colors like green tea came out too.

Well, curry. If it is normal it adds water, cow milk, coconut milk and other moisture to basic gravy (which becomes curry roux), but this time, I made the moisture earlier, changed to Alpinia zerumbet juice and stewed it.
It looks like it always changes. When you make it to curry, the scent of other spices won, the fragrance of the Alpinia zerumbet faded, but the taste is good & Alpinia zerumbet extract plenty!

I ate at the shop also smelled the Alpinia zerumbet. While recollecting.Maybe you use flowers? Can you stand on spinach curry? And, we need a bit more improvement ^^
Thank you for the meal.


◆◇◆ Enjoy your spice life ◆◇◆

月桃カレー(改善の余地大あり)

「楽しく、美味しく、健康に!」スパイスの魅力をお伝えする、areUspicyです。

先日、沖縄の月桃について話をしまして、作り方をお店の人に聞けばよかったと激しく後悔をしていますが、とりあえず見よう見まねで、作ってみました。
月桃の扱い方が分からず、今回はそのまま入れるのでなく、出汁を取るカンジにしてみました。

  • 鍋い水を張って
  • そこに月桃2枚分を入れ(1枚を5等分ぐらいにしました)
  • グツグツ煮込み
  • ミキサーでペースト

葉や繊維部分が残るのでそれらは、取り除いて液体だけを抽出。葉だけでは香りが薄いですが、葉をつぶすことで、香り成分がはじけてとても良い香りがしてきました、緑茶のような良い色も出ましたね。

さて、カレー。普通だとベーシックグレィヴィ(カレーのルーになるもの)に、水や牛乳、ココナッツミルクなどの水分を加えるのですが、今回は、水分をさきほど作った、月桃汁に変えて煮込んでみました。
見た目いつもと変わりませんね。カレーにすると、他のスパイスの香りが勝って、月桃の香りが薄れてしまいましたが、味は良好&月桃エキスたっぷりです!

お店で食べたのは、月桃の香りもしたんだよな~。と回想しつつ。
華を使うのかも?ほうれん草カレーにあうかも?と、、もう少し改良が必要ですね^^
ごちそうさまでした~。


◆◇◆ Enjoy your spice life ◆◇◆

Okinawa herbs Alpinia zerumbet

「Fun, Yummy, healthy!」It is areUspicy to convey the charm of spices.

Today, I am talking about Alpinia zerumbet (ゲットウ).

Okinawa herbs, Alpinia zerumbet. It contains more polyphenols than wine and it seems to have antioxidant action.
It is a very refreshing fragrance, it is sold in lotions etc. from its efficacy.
Unfortunately we can not see the flowers at this time because it is a plant with white flowers bloom around May, but in Okinawa it seems to be a plant planted around there. Will it look like bamboo leaves?

! [] (http://areuspicy.com/wp-content/uploads/2018/08/DSC_0444.jpg)

Tsukimo, it was not the target from the beginning.
It is not an exaggeration to say thanks to the fact that the antenna of the spice was standing but it is the cafeteria of Naha city where there is meeting.
So, I ate spice curry. At that time, spice rather than Alpinia zerumbet! What? I jumped to.
So, when you look at the menu

Alpinia zerumbet curry

Is not it written as!

Alpinia zerumbet? ゲットウ? what’s that. . But I have written Okinawa’s spice. . I have to confirm the taste here, and challenge.
What incense is fresh. Flavor is honest, taste of Alpinia zerumbet, bitter? Astringent? I do not know what it is.
However, other spices were included, so delicious ~!!
I do not feel stylish in instruments, but curry and rice are also free to change on self-service.

When telling this story to the instructor,
Because moon peach is not a thing to buy, I got a leaf of the fresh moon peach growing, so that it goes to take it.
I want to try making it myself, challenge Alpinia zerumbet curry tonight ^^;

Recipe, at a later date.


◆◇◆ Enjoy your spice life ◆◇◆

沖縄のハーブ月桃

「楽しく、美味しく、健康に!」スパイスの魅力をお伝えする、areUspicyです。

今日は、月桃(ゲットウ)のお話し。

沖縄のハーブ、月桃。ワインよりも多くのポリフェノールが含まれていて、抗酸化作用の働きがあるようです。
とても爽やかな香りで、その効能から化粧水などで販売されていますね。
5月頃に白い花が咲く植物なので、残念ながらこの時期には花を見ることはできないのですが、沖縄ではそこら辺に植わっている植物だそうです。見た目は笹の葉でしょうかね。

月桃、最初から目当てだったわけではないのです。
スパイスのアンテナが立っていたおかげでと言っても過言ではありませんが、出会いがとある那覇市の食堂。
そこで、スパイスカレーを食べました。その時は、月桃ではなくスパイス!?に飛びつきました。
で、メニューを見ると

月桃カレー

と書いてあるではないか!

月桃?ツキのモモ?なんだそりゃ。。でも沖縄のスパイスって書いてあるし。。ここは味の確認をしなければ、とチャレンジ。
香がなんと爽やかなこと。風味は正直、月桃の味が、苦み?渋み?何にあたるのかは分かりません(笑)。
が、他のスパイスも入っていたので、めちゃ美味しい~!!
器にお洒落感ないですが、カレーもご飯もセルフサービスでおかわり自由です。

と、この話を講師に話したところ、
月桃は買うものじゃないから、取りに行こうってことで、生えている新鮮な月桃の葉っぱをもぎとってもらいました(笑)
自分でも作ってみたくて、今晩は月桃カレーに挑戦^^;

レシピは、また後日で。


◆◇◆ Enjoy your spice life ◆◇◆

薬膳スパイスアドバイザー

「楽しく、美味しく、健康に!」スパイスの魅力をお伝えする、areUspicyです。

さて、areUspicyは、「薬膳スパイスアドバイザー」の資格を取得するため、東京よりはるばる沖縄へ行ってきました。それ東京でも取れないの?って思われそうなのですが、それがなかなかね。

そして、沖縄に行きたい理由もありました。南インドの気候や風土が沖縄と似ているのです。日本本土で手に入らなくても、沖縄で手に入るスパイスがあったりまします。

「薬膳スパイスアドバイザー」資格は、講座を1日受けることで取得できます。講義や実習を8時間行いました。
通信やアーユルヴェーダで知識を入れていたつもりではあったのですが、知らないこともわんさか教えてもらえて、濃い経験ができました。
講義では、スパイスの歴史や役割から、スパイスそれぞれの効能だったり使い方注意など。知らないスパイスがまだまだあります。

実習では、各料理用のスパイスの組み合わせを楽しみました。
例えば、チリパウダー。これは唐辛子の1つのことをさすのだと思っていたのですが、パプリカ、唐辛子、ニンニクなど幾つかのスパイスが組み合わせて調合したものを言うのだそうです。
ふむふむ。
そしてお土産がたくさん、使いきれるかな!?

お昼ご飯は、先生の作るスパイスカレー。22種類のスパイスがブレンドされていて、汗がダラダラ止まりませんね。やっぱりスパイスカレーは美味しい、この一言につきます!!

今回の講師は、管理栄養士の資格を持っている方だったので、医療関係のお話しも多くされていて、また、講師の思い、東洋と西洋との架け橋的なところがとってもアーユルヴェーダに通じるな、と感じることができました。
これもまた、沖縄開催のこの講師の講座を受けることができて本当にヨカッタな、と思います!

資格取得にて、areUspicyは、「薬膳スパイスアドバイザー」と名乗っても良いので、今後の展開に期待ですね(笑)


◆◇◆ Enjoy your spice life ◆◇◆

Garlic is a source of stamina

「Fun, Yummy, healthy!」It is areUspicy to convey the charm of spices.

Today is the story of garlic.

Origin of ginger is throughout Asia. I am raised much in Japan, too. Around the early summer, white flowers that are light purplish are blooming. As it is used in Japanese, Chinese, Western food and cuisines of all genres, was familiar food ingredients, rather it was spice? I think so.

Well, although it’s efficacy,

  • Taste: pungent, bitter, sweet, astringent, sweet (surprising because all taste except acidity is contained)
  • Function: Warm body
  • Work: Fatigue restoration, appetite promotion, antibacterial action, prevention of infectious diseases
  • VIPAKA (taste after digestion): pungent
  • VPK analysis: lower Vata and Kapha

When you take energy when you do not get well, it is physical strength, energy power up.
Garlic has been used since ancient Egyptian times and it is spice that was useful as a stamina source for workers in pyramid construction. Even in modern times, it is used for nourishing tonic drinks and supplements.

How to use Indian curry garlic. It is surprising! What?
The incense peculiar to garlic is the most fragrant incense in its raw condition, so its incense is quite relieved by cooking, so if you cook it as curry it will not come at all. Others are garlic fried rice and tomato soup, it is tasty.

Speaking of curry, I ate a cheap curry at a cafeteria for the first time in half a year tonight …
It was not Indian curry because it was not recognized as curry, but it was never unpleasant, but the gastrointestinal does not get warm, it does not sweat, aftertaste also gets thirst very much afterwards> Even though I did not eat dry curry. I thought that Japanese curry should be about once a year.


◆◇◆ Enjoy your spice life ◆◇◆

ニンニクはスタミナ源

「楽しく、美味しく、健康に!」スパイスの魅力をお伝えする、areUspicyです。

今日はニンニクのお話しです。

生姜の原産地は、アジア全域。日本でも多く育てられていますね。初夏頃になると、薄紫色を帯びた白い花が咲きます。和食、中華、洋食とあらゆるジャンルの料理で使われているので、お馴染みの食材で、むしろスパイスだったっけ?と思うほど。

さて効能ですが、

  • 味:辛味、苦味、甘味、渋味、甘味(酸味以外の味すべてが入ってるというので驚き)
  • 機能:体を温める
  • 働き:疲労回復、食欲増進、抗菌作用、感染症予防
  • VIPAKA(消化後の味):辛味
  • VPK分析:ヴァータとカパを下げる

元気が出ない時に摂ると、体力、気力パワーアップです。
ニンニクは、古代エジプト時代から用いられており、ピラミッド建設の労働者のスタミナ源として重宝されていたスパイスなんだとか。現代でも、滋養強壮飲料やサプリメントに用いられていますね。

インドカレーには、なんとニンニクを使用しています。意外でしょ!?
ニンニク特有のあの香は、生の状態が一番香がきつく、調理をすることでその香がかなり和らぎますので、カレーとして煮込んでしまえば全然においませんよ。他ではガーリックチャーハンやトマトスープ、美味しいですよね。

カレーと言えば、今晩半年ぶりぐらいに、とある食堂の安いカレーを食べましたが・・・
インドカレーじゃないとカレーと認めない体になってました(笑)、決して不味いわけではないのですが・・胃腸が温かくならないし、汗もかかないし、後味もその後もすごく喉が渇く><;辛口カレーを食べたわけでもないのに。日本のカレーは1年に1度ぐらいでいいかな、と思ってしまった。


◆◇◆ Enjoy your spice life ◆◇◆

The relationship between disposition and attributes

「Fun, Yummy, healthy!」It is areUspicy to convey the charm of spices.

Today, I am talking about the relationship between disposition and attributes.
Although it sounds a little difficult, since there is no such thing, I think that you can get involved^^
In the past explained three dispositions (Toridosha theory) explained that there are three temperament of Vata, Pitta, Kapa. And this time the attribute here,

  • Age
  • Day
  • Night

These will be. Age group and time zone, these also have a difference in temperament in temperament.

Dosha property Age Day Night
VATA dry old age(60over) Nigth 2~3 o’clock
PITTA fire 16~55years Afternoon midnight
KAPHA slow 0~15years morning afternoon~22 o’clock

If you look closely in the contents of this table,

  • Night tends to dry up, or when it comes to the senior generation, it becomes a dry structure.
  • Digestive capacity is functioning 16 to 55 years old even during your lifetime. Or, it is the fastest digestion in the afternoon even in a day.
  • Time ranges slowly from 0 to 15 years old. , Or from the time the school or work ends until 22 o’clock the body is likely to be slow.

It is interpretation like this.
As Ayurveda, we propose that features of Vata, Pitta, Kapa are likely to appear at generations and at times of the day or night. Together with your own temperament, if you pay attention to the period and time zone in which the same temperament is likely to rise, you may be able to live more pleasantly for your body. It is quite difficult for modern people though.


◆◇◆ Enjoy your spice life ◆◇◆

気質と属性の関係

「楽しく、美味しく、健康に!」スパイスの魅力をお伝えする、areUspicyです。

今日は、気質と属性の関係についてのお話しです。

小難しく聞こえますが、なんてことはありませんので、お付き合いいただければと思います^^
過去に3つの気質(トリドーシャ論)で、ヴァータ、ピッタ、カパの3つの気質があると説明しましてね。そして今回ここで言う属性は、

  • 年代
  • 1日の時間帯
  • 夜の時間帯

これらになります。年齢層や時間帯、これらによっても気質に優位差が見られるのです。

気質 特徴 年代 1日の時間帯 夜の時間帯
ヴァータ 乾燥 60代以降、いわゆるシニア世代 夜2~3時
ピッタ 消化が早い 16~55歳、いわゆる活動世代 午後 真夜中
カパ ゆっくり 0~15歳、いわゆる幼少期、青年期 夕方~22時

この表の内容を詳しく見ていくと、

  • 夜が乾燥しがち、または、シニア世代になると乾燥体質になる。
  • 一生の中でも16~55歳が消化能力が機能してる。または、1日のうちでも午後は一番消化が早い。
  • 0~15歳はゆっくり時間が流れてい。、または、学校や仕事が終わる時間から22時までは体がゆっくりしがちだったり求めている。

こんな解釈になりますね。
アーユルヴェータとしては、世代や1日または夜の時間のそれぞれの時間にヴァータ、ピッタ、カパの特徴が現れやすいと提唱しています。ご自身の気質と併せてみて、より同じ気質が上がりやすい期間や時間帯を注意すると、もっと体にとっても心地よく暮らせるかもしれません。現代人にはなかなか難しいことですけどね。


◆◇◆ Enjoy your spice life ◆◇◆