スパイスを使った七草ミルク粥の作り方

今日は「スパイスを使った七草ミルク粥」です

今日1月7日は、日本では七草粥を食べる日です。
ただの語呂合わせもあるけれど、昔から無病息災を願う日でもあります。

使用スパイスは、

◆ シナモン
◆ クローブ
◆ ナツメグ
◆ コリアンダー
◆ 生姜

生姜以外は、パウダー状のガラムマサラ(薬膳鍋用)です。
お鍋でお米を炊きつつお粥に。
水にスパイスを加えて煮だした出汁を使ってお米を炊いて、お米が炊けてきたら、牛乳を入れましょう。塩で味を調整して完成です!!
無病息災を願って、栄養満点のお粥になりました、いただきます。

七草粥とはWikiより

春の七草や餅などを具材とする塩味の粥で、その一年の無病息災を願って1月7日に食べられる。正月の祝膳や祝酒で弱った胃を休める為とも言われる。この行事は、平安時代には行われていたが、室町時代の汁物の原型ともされている。

七草の種類は、

◆ セリ
◆ ナズナ
◆ ゴギョウ
◆ ハコベラ
◆ ホトケノザ
◆ スズナ
◆ スズシロ

です。専門外なので、栄養や効能は調べず(笑)

去年は、1月7日にスーパーへ行くとすでに完売となっていた、七草のセット。
今年は、3日前ぐらいに見つけたので、すかさず確保です。


最近は良いものがありますね^^


初心者でも「スパイス天ぷら」を簡単に作る方法

スパイス天ぷら

私は、揚げ物が大の苦手!
苦手というか、何年か前にポンデリングを作ろうとして、爆発したことがあるので(笑)、揚げ物には遠ざかっている。
でも、パセリの天ぷらのイメージは出来てしまったし、なんとなくイケルような気もしているので、とりあえず、簡単にできる方法を聞いたり調べたり。天ぷらをする方向で。

ということで結果、
水と混ぜるだけの天ぷら粉(卵も薄力粉も不要!良い時代ですね) & フライパンを使用(少量の油ですみますね)で作りました。

意外と簡単にできました!
使った食材は

◆ パセリ
◆ パクチー
◆ 春菊

です。上記の食材は、大きすぎる場合は、一口サイズに切ってもOKです。

パセリの苦味は薄れて、これで1束完食。思った以上に美味しく食べれましたし、
パクチーは香りがほどよく残り、ペロリ。
春菊は衣のサクサク感と噛んだ時のしっとり感がグッドです。

葉物の天ぷらには、塩とポン酢がよく合いますね^^
揚げ物はカロリーが気になるところですが、食材が葉なので相殺される!?かな。


パクベーゼパスタで胃を休める?

今日は「パクベーゼパスタ」です

お正月料理にもそろそろ飽きたあなたに!?
ジェノベーゼならぬ、パクベーゼ(バジルではなくパクチーを使用)はいかがでしょう。

パクチーは、春から夏にかけてが旬なので、昨秋食べ収めかなと、これみよがしにパクチー盛りを食べましたが、ん!?スーパーにパクチーがある。ハウス栽培なのかな。

ジェノベーゼは好きで(香りがたまりませんね)、一時期はまって作ってました。
今回もスーパーにバジルはあったので、すごい迷った笑(正月早々どうでも良い迷い)
あげく、パクチー優勢というわけです。
※ジェノベーゼとは、パスタの一種。地名ジェノヴァに由来する名称。バジルや松の実を入れたジェノベーゼペーストを特徴とする(Weblio辞書より)。

めっちゃ簡単、即席の「パクベーゼ」。

◆ 材料
・パクチー(コリアンダー)
・オリーブオイル
・塩
・ニンニク※なくてもOK

◆ 手順
上の材料をミキサーでペースト状にする。
好みのパスタを茹でて合えるだけ。
(今日は、冷凍のシーフドとパセリをトッピング)

会社員にとって、この長期休暇は大事ということは分かっていつつ、休みも後半戦だというのに、スパイス講座の企画書…まだ1つも手をつけていないという。
テスト勉強、課題はいつも一夜漬けだったからなぁ、、大人になってもそれは変わらないよな、と。スタイルを変えるのは、相当の根性が必要ですね笑、と思う今日この頃。
ただ、スパイスを使った料理は思ったよりできたのでヨシです^^


手順不要!スパイスを使うだけで栄養満点の「薬膳鍋」を作る方法

今日は「薬膳鍋」です

ようやくこのタイミングで。冬と言えば、年末といえば鍋ですね。
8月に薬膳スパイスアドバイザー研修のお土産でもらった、「薬膳スープ」用のスパイスを使って作りました。

薬膳鍋で使うスパイスは、

◆ ナツメグ
◆ スターアニス
◆ カルダモン
◆ クローブ
◆ ジュニパーベリー
※スパイス辞典で、ジュニパーベリーを紹介していないことに気が付きましたのでいずれ。

さて、
お鍋のメインになる、スープについて。

◇ シイタケ
◇ 手羽先
◇ 生姜は千切り
◇ ニンニクは千切り
◇ ごま油はスプーン2杯ぐらい
◇ 水

◇の材料に◆のスパイスを煮出します。お味は塩で調整。
写真にポン酢載ってますが、味が薄い場合に必要かな、と思って一応用意。しかし、しっかり味がつくので、ポン酢の出番なしでした。

あっさりテイストなので、具材はとくに選びませんよ。
今回は、大根、しゃぶしゃぶ用のお肉、エリンギ、春菊などを入れてみました。本当は、ネギと豆腐が欲しいところだったなぁ、、ただの買い忘れです^^;
お鍋の〆に雑炊も良いお味。
分量は多少適当でも失敗しづらい鍋です。
これで寒い冬も乗り切れそう!?


たった15分でできる簡単「つなカレー」の作り方


簡単に作るために、缶詰めを使います!

■ 材料

◇ メイン

  • つな缶
  • トマト缶
  • 玉ねぎ
  • 生姜
  • ニンニク

◇ スパイス

  • 黒コショウ
  • マスタードシード
  • ターメリック
  • クミン
  • スターアニス
  • クローブ
  • カルダモン
  • シナモン
  • フェネグリーク
  • アサフェティダ
  • チリ

■ 簡単レシピ

◇ 下準備

  • チリ、マスタードシード以外のスパイスをミックススパイスにしておく
  • 玉ねぎは、みじん切り
  • 生姜、ニンニクは、すりおろし

◇ 調理

  1. 少量の油で熱したところにマスタードシードを入れて炒める
  2. タマネギ、生姜、ニンニクを加え炒める
  3. 少量の塩で味を調える
  4. 水とミックススパイスを入れて混ぜる
  5. 少し冷まし、ミキサーでペースト状にする
  6. 5を鍋で温めなおし、チリをお好みで混ぜる
  7. つな缶のつなと汁を加えて煮込んで完成!

たった15分でできる簡単「缶詰め南インドカレー」、7食分大公開

今日は「缶詰め南インドカレー」7食分です

南インドカレーと相性抜群の魚介類。しかし、魚介類を使った料理は面倒なイメージがありませんか。それに刺身や焼く、煮るなど、あっさりや醤油ベースのテイストが好まれる日本(人)。栄養が良いのは知っていても、なかなか毎日の食卓に魚介類を並べるのは難しいかもしれません。そこで、手軽に楽しめて、かつ美味しい味わえるといいな、と。考案したのが、缶詰を使った南インドカレーです。魚介類だけでも缶詰の種類が結構あったので、1週間分考えてみました。もちろん味は抜群です^^

◆ 月曜日は「さばカレー」

使用魚介 栄養 効能 出来上がり
さば
カルシウム
ミネラル
ビタミンB,D
DHA、EPAなど
活習慣病予防
骨や歯を健康に保つ
血液や血流さらさら

※材料やレシピはこちらを参照ください→ さばカレーの作り方

◆ 火曜日は「つなカレー」

使用魚介 栄養 効能 出来上がり
つな ナトリウム
カリウム
ビタミンD
ビタミンE
ナイアシンなど
脳神経の再生や保護、活性化
免疫力アップ

※材料やレシピはこちらを参照ください→ つなカレーの作り方

◆ 水曜日は「あさりカレー」

使用魚介 栄養 効能 出来上がり
あさり水煮
ナトリウム
リン、鉄
β-カロテン
ビタミンB12
葉酸
ミネラルなど
貧血予防、疲労回復、美肌効果

※材料やレシピはこちらを参照ください→ あさりカレーの作り方

◆ 木曜日は「さんまカレー」

使用魚介 栄養 効能 出来上がり
さんまの水煮缶
ナトリウム
カルシウム、リン
ビタミンD
レチノール
葉酸
DHAなど
脳細胞の活性化
コレステロール低下
抗血栓

※材料やレシピはこちらを参照ください→ さんまカレーの作り方

◆ 金曜日は「いわしカレー」

使用魚介 栄養 効能 出来上がり
オイルサーディン
ナトリウム
ヨウ素
セレン、リン
葉酸
ビオチン
ビタミンB12など
記憶力、集中力アップ
コレステロール低下
中性脂肪の燃焼

※材料やレシピはこちらを参照ください→ いわしカレーの作り方

◆ 土曜日は「ホタテカレー」

使用魚介 栄養 効能 出来上がり
ホタテ水煮
ナトリウム
カリウム
カルシウム
マグネシウム
ビタミンB12
イノシン酸
アラニン
グリシンなど
疲労回復
生活習慣病予防
二日酔い
不眠改善

※材料やレシピはこちらを参照ください→ ホタテカレーの作り方

◆ 日曜日は「牡蠣カレー」

使用魚介 栄養 効能 出来上がり
牡蠣のオイル漬け
ナトリウム
リン、亜鉛

ビタミンA
ビタミンE
ビタミンB12
葉酸
グリコーゲンなど
貧血予防
慢性疲労
免疫力アップ

※材料やレシピはこちらを参照ください→ 牡蠣カレーの作り方


手順や使用するスパイスは7食分とも同じで、具材の魚介類を変えただけ。
さば、あさり、いわしの缶詰は百円均一にも売っているのでお手頃ですし。スパイスの栄養はもちろん、魚介の栄養も一緒に摂れるのでかなりオススメです。それに味が単調でないので、飽きないです。

◇ 共通スパイス
黒コショウ、マスタードシード、ターメリック、クミン、スターアニス、クローブ、カルダモン、シナモン、フェネグリーク、アサフェティダ、チリ

美味しさの順位をつけるならば
1、いわしカレー
2、さばカレー
かな!?


たった15分でできる簡単「ホタテカレー」の作り方


簡単に作るために、缶詰めを使います!

■ 材料

◇ メイン

  • ホタテ缶
  • トマト缶
  • 玉ねぎ
  • 生姜
  • ニンニク

◇ スパイス

  • 黒コショウ
  • マスタードシード
  • ターメリック
  • クミン
  • スターアニス
  • クローブ
  • カルダモン
  • シナモン
  • フェネグリーク
  • アサフェティダ
  • チリ

■ 簡単レシピ

◇ 下準備

  • チリ、マスタードシード以外のスパイスをミックススパイスにしておく
  • 玉ねぎは、みじん切り
  • 生姜、ニンニクは、すりおろし

◇ 調理

  1. 少量の油で熱したところにマスタードシードを入れて炒める
  2. タマネギ、生姜、ニンニクを加え炒める
  3. 少量の塩で味を調える
  4. 水とミックススパイスを入れて混ぜる
  5. 少し冷まし、ミキサーでペースト状にする
  6. 5を鍋で温めなおし、チリをお好みで混ぜる
  7. ホタテ缶のホタテと汁を加えて煮込んで完成!

たった15分でできる簡単「牡蠣カレー」の作り方


簡単に作るために、缶詰めを使います!

■ 材料

◇ メイン

  • オイル牡蠣缶
  • トマト缶
  • 玉ねぎ
  • 生姜
  • ニンニク

◇ スパイス

  • 黒コショウ
  • マスタードシード
  • ターメリック
  • クミン
  • スターアニス
  • クローブ
  • カルダモン
  • シナモン
  • フェネグリーク
  • アサフェティダ
  • チリ
     

■ 簡単レシピ

◇ 下準備

  • チリ、マスタードシード以外のスパイスをミックススパイスにしておく
  • 玉ねぎは、みじん切り
  • 生姜、ニンニクは、すりおろし

◇ 調理

  1. 少量の油で熱したところにマスタードシードを入れて炒める
      !ポイント
     缶詰のオイルを使うことで旨味アップ。。
  2. タマネギ、生姜、ニンニクを加え炒める
  3. 少量の塩で味を調える
  4. 水とミックススパイスを入れて混ぜる
  5. 少し冷まし、ミキサーでペースト状にする
  6. 5を鍋で温めなおし、チリをお好みで混ぜる
  7. オイル牡蠣缶の牡蠣を加えて煮込んで完成!

たった15分でできる簡単「あさりカレー」の作り方


簡単に作るために、缶詰めを使います!

■ 材料

◇ メイン

  • あさり水煮缶
  • トマト缶
  • 玉ねぎ
  • 生姜
  • ニンニク

◇ スパイス

  • 黒コショウ
  • マスタードシード
  • ターメリック
  • クミン
  • スターアニス
  • クローブ
  • カルダモン
  • シナモン
  • フェネグリーク
  • アサフェティダ
  • チリ

■ 簡単レシピ

◇ 下準備

  • チリ、マスタードシード以外のスパイスをミックススパイスにしておく
  • 玉ねぎは、みじん切り
  • 生姜、ニンニクは、すりおろし

◇ 調理

  1. 少量の油で熱したところにマスタードシードを入れて炒める
  2. タマネギ、生姜、ニンニクを加え炒める
  3. 少量の塩で味を調える
  4. 水とミックススパイスを入れて混ぜる
  5. 少し冷まし、ミキサーでペースト状にする
  6. 5を鍋で温めなおし、チリをお好みで混ぜる
  7. あさりの水煮缶の缶の汁を加えて煮込んで完成!

たった15分でできる簡単「さんまカレー」の作り方


簡単に作るために、缶詰めを使います!

■ 材料

◇ メイン

  • さんま水煮缶
  • トマト缶
  • 玉ねぎ
  • 生姜
  • ニンニク

◇ スパイス

  • 黒コショウ
  • マスタードシード
  • ターメリック
  • クミン
  • スターアニス
  • クローブ
  • カルダモン
  • シナモン
  • フェネグリーク
  • アサフェティダ
  • チリ

■ 簡単レシピ

◇ 下準備

  • チリ、マスタードシード以外のスパイスをミックススパイスにしておく
  • 玉ねぎは、みじん切り
  • 生姜、ニンニクは、すりおろし

◇ 調理

  1. 少量の油で熱したところにマスタードシードを入れて炒める
  2. タマネギ、生姜、ニンニクを加え炒める
  3. 少量の塩で味を調える
  4. 水とミックススパイスを入れて混ぜる
  5. 少し冷まし、ミキサーでペースト状にする
  6. 5を鍋で温めなおし、チリをお好みで混ぜる
  7. さんまの水煮缶のさんまと汁を加えて煮込んで完成!