7つの重要な細胞/Seven important cells

日本語は下です

「Fun, Yummy, healthy!」
areUspicy is to convey the charm of spices.

Today, we are talking about seven cells.
This story surely comes out when you learn Ayurveda.

And before that, as a premise, Food is divided into two roles of entering the human body nutrition or excretion. Also, that nutrition is bodily fluid and it turns into whole body or half of it is blood. On top of that, our human body is said to be built with seven cells.

  • Plasma : given nutrition and building the body
  • Blood : Blood is made. Life is given by letting the whole body go around
  • Muscle : Muscle will be made soon. Muscles protect bones and organs
  • Fats : Fats are made. It is lubricated by giving oil
  • Bone marrow : Bone marrow is made. I will work to fill the contents
  • Sperm : Sperm / semen is made. Giving genital ability

In this way, we define seven cells necessary for human body.
And, in the book of Ayurveda you own, there is written about which cell of each of these seven cells to work for each spice.

For example,

  • Ginger and garlic act on all cells.
  • Coriander works on body fluids, blood, muscles.

And so on.

In this way, as the ingredients contained in spices and ingredients are different, the cells that work are also different, so knowing that is also interesting! What? I think only I think


「楽しく、美味しく、健康に!」
スパイスの魅力を伝える、areUspicyです

今日は、7つの細胞のお話しです。
アーユルヴェーダを学ぶと必ず出てくるこの話。

と、その前に、大前提として、食べ物は、ヒトの体内に入ると、栄養物排泄物かの2つの役割に分かれます。また、その栄養物は、体液となり全身に回るか、残りの半分は血液となるという考えです。その上で、私たちヒトの体は7つの細胞で構築されているとされています。

  • 体液 : 栄養が与えられ、体を構築しています
  • 血液 : 血液が作られます。全身を巡らせることで生命を与えています
  • 筋肉 : やがて筋肉が作られます。筋肉は骨や臓器を守っています
  • 脂肪 : 脂肪分が作られます。油分が与えられることで潤滑されます
  • 骨髄 : 骨髄が作られます。中身を詰める働きをします
  • 精子 : 精子・精液が作られます。生殖器能力を与えます

と、このように、ヒトの体に必要な細胞を7つ定義しいています。
そして、自分の持っているアーユルヴェーダの本には、各スパイスごとに、この7つのどの細胞に働きかけるか、というようなことが書いてあります。

例えば、
* 生姜やニンニクは、全ての細胞に働きかける。
* コリアンダーは、体液、血液、筋肉に働きかける。
というように。

こう考えると、スパイスや食材に含まれる成分が異なるように、働きかける細胞も異なるので、それを知ると、また面白いですよね!?と思ってるのは私だけでしょうけどね(笑)


◆◇◆ Enjoy your spice life ◆◇◆

The relationship between disposition and attributes

「Fun, Yummy, healthy!」It is areUspicy to convey the charm of spices.

Today, I am talking about the relationship between disposition and attributes.
Although it sounds a little difficult, since there is no such thing, I think that you can get involved^^
In the past explained three dispositions (Toridosha theory) explained that there are three temperament of Vata, Pitta, Kapa. And this time the attribute here,

  • Age
  • Day
  • Night

These will be. Age group and time zone, these also have a difference in temperament in temperament.

Dosha property Age Day Night
VATA dry old age(60over) Nigth 2~3 o’clock
PITTA fire 16~55years Afternoon midnight
KAPHA slow 0~15years morning afternoon~22 o’clock

If you look closely in the contents of this table,

  • Night tends to dry up, or when it comes to the senior generation, it becomes a dry structure.
  • Digestive capacity is functioning 16 to 55 years old even during your lifetime. Or, it is the fastest digestion in the afternoon even in a day.
  • Time ranges slowly from 0 to 15 years old. , Or from the time the school or work ends until 22 o’clock the body is likely to be slow.

It is interpretation like this.
As Ayurveda, we propose that features of Vata, Pitta, Kapa are likely to appear at generations and at times of the day or night. Together with your own temperament, if you pay attention to the period and time zone in which the same temperament is likely to rise, you may be able to live more pleasantly for your body. It is quite difficult for modern people though.


◆◇◆ Enjoy your spice life ◆◇◆

気質と属性の関係

「楽しく、美味しく、健康に!」スパイスの魅力をお伝えする、areUspicyです。

今日は、気質と属性の関係についてのお話しです。

小難しく聞こえますが、なんてことはありませんので、お付き合いいただければと思います^^
過去に3つの気質(トリドーシャ論)で、ヴァータ、ピッタ、カパの3つの気質があると説明しましてね。そして今回ここで言う属性は、

  • 年代
  • 1日の時間帯
  • 夜の時間帯

これらになります。年齢層や時間帯、これらによっても気質に優位差が見られるのです。

気質 特徴 年代 1日の時間帯 夜の時間帯
ヴァータ 乾燥 60代以降、いわゆるシニア世代 夜2~3時
ピッタ 消化が早い 16~55歳、いわゆる活動世代 午後 真夜中
カパ ゆっくり 0~15歳、いわゆる幼少期、青年期 夕方~22時

この表の内容を詳しく見ていくと、

  • 夜が乾燥しがち、または、シニア世代になると乾燥体質になる。
  • 一生の中でも16~55歳が消化能力が機能してる。または、1日のうちでも午後は一番消化が早い。
  • 0~15歳はゆっくり時間が流れてい。、または、学校や仕事が終わる時間から22時までは体がゆっくりしがちだったり求めている。

こんな解釈になりますね。
アーユルヴェータとしては、世代や1日または夜の時間のそれぞれの時間にヴァータ、ピッタ、カパの特徴が現れやすいと提唱しています。ご自身の気質と併せてみて、より同じ気質が上がりやすい期間や時間帯を注意すると、もっと体にとっても心地よく暮らせるかもしれません。現代人にはなかなか難しいことですけどね。


◆◇◆ Enjoy your spice life ◆◇◆

カパさん/about KAPHA

日本語は下です

「Fun, Yummy, healthy!」It is areUspicy to convey the charm of spices.

In the past three things (Toridosha theory), I explained the characteristics greatly.
So I will explain the characteristics of Mr. PITTA in more detail today.

Kapha’s biggest feature is big and slowly.
It looks like a body shape that is tall and yet gussiled. The bigger person tends to be relaxed even if the initial movements are delayed. By the way, the bigger the person, the personality is modest.

category
body Difficult, Dossil, heavy
hair thin、oily
eyes big、To be moist
memory It is slow to memorize, but it is excellent for long-term memory
seat cheast throat head joint fat nose tongue
function binding jpints Lubrication body and mind is stable forgiveness
Increase lot of salvaion loss of laziness heavyness cough discolourration breathlessness
Decrease palpitation difficulty in movement giddiness

The symptoms that I want to keep in mind when I live a daily life are the places that exist and when I go up and down.
Kapa tends to get fat with a little meal because digestion is slow. So, when a person in Kapa diets, it is sometimes to treat with a diet therapy such as eating little things digested little by little.

I divided them into three parts and looked at Vata, Pitta and Kapa in detail.
People and ingredients of a single temperament are unusual and it is considered to be roughly mixed, so I think that if you do all the temperament it will be more conscious to get closer to your health^^


「楽しく、美味しく、健康に!」スパイスの魅力をお伝えする、areUspicyです。

過去に3つの気質(トリドーシャ論)で、大きく特徴を説明しました。
そこで今日はより詳しく、カパさんの特徴を説明します。

カパさんの大きな特徴は、大きくて、ゆっくりです。
見た目は、背が高くなおかつガッシリした体形に多いです。大きい人は、初動が遅くとってもゆっくりしている傾向がありますね。そういえば、大きい人ほど、性格は控えめだったりしますよね。

内容
体形 ガッチリ、ドッシリ、重い
薄く、油っぽい
大きい、潤いがある
記憶力 覚えるのが遅いが、長期記憶に優れている
存在する場所 のど 関節 脂肪
機能 関節の結合 潤滑 体や精神が安定している 寛容性
上がると 唾液が過多になる 意欲が低下する 倦怠感を持つ 咳をする 肌の白みが増す 呼吸困難になる
下がると 動悸がする 関節の動きが鈍くなる めまいがする

日常の生活をしていくなかで、気にしておきたいのが、存在する場所や上下した場合の症状です。
カパさんは、消化がゆっくりなため、少しの食事で太りやすい傾向にあります。ですので、カパの人がダイエットをする場合、あえて、消化の悪いものを少しづつ食べるといった食事療法で治療をしていく場合もあります。

3回に分けて、ヴァータ、ピッタ、カパそれぞれを詳しくみていきました。
単独の気質という人や食材は珍しく、おおよそが混合であると考えられますので、全ての気質をするとより、健康に近づくための意識付けになるかなと思います^^


◆◇◆ Enjoy your spice life ◆◇◆

ピッタさん/about PITTA

日本語は下です

「Fun, Yummy, healthy!」It is areUspicy to convey the charm of spices.

In the past three things (Toridosha theory), I explained the characteristics greatly.
So I will explain the characteristics of Mr. PITTA in more detail today.

Pitta’s biggest characteristic is digestion power.
It looks like it is difficult to judge by patting as there are a lot of medium meat backs, but it seems that you can judge the big characteristic that digestion is early on your own.

category
body Medium meat
Hair soft、oily
Eyes sharp
Memory sharp,good memory
seat stomach umbilicus sweat Lymph Blood Eye
function body is hot sweat,bad odor Flowing sharp
Increase increase appetite urine,stool become yellow colour increase thirst loss of sleep
Decrease loss of appetite body is coldness loss of complexion

The symptoms that I want to keep in mind when I live a daily life are the places that exist and when I go up and down.
Mr. Pitta is the only one among the three disposition, It is hot inside the body, It is a cold nature disposition. It is greasy and disgusting, I do not think anything at all, because I do not get it easily though I want it.
For example, if a person of Vata or Kapa felt something wrong with digestion due to some cause, there is a possibility that Pitta is going up, so in that case it would be good if you take food and spice to lower pitta.

In any case, you can prevent by knowing your own constitution and symptoms.


「楽しく、美味しく、健康に!」スパイスの魅力をお伝えする、areUspicyです。

過去に3つの気質(トリドーシャ論)で、大きく特徴を説明しました。
そこで今日はより詳しく、ピッタさんの特徴を説明します。

ピッタさんの大きな特徴は、消化力です。
見た目は、中肉中背が多いのでパッと見では判断しにくいのですが、消化が早いという大きな特徴は自分自身で判断できそうですね。

内容
体形 中肉中背
柔らかい、油っぽい
鋭い
記憶力 瞬間的に記憶できる
存在する場所 ヘソ周辺 リンパ
機能 体内は熱い 汗っかきで臭い トロっと流れる 思考が鋭い
上がると 食欲が増す 尿や便の黄色みが増す のどの渇きが増す 睡眠が低下する
下がると 食欲が低下する 体が冷たくなる 肌のつやが低下する

日常の生活をしていくなかで、気にしておきたいのが、存在する場所や上下した場合の症状です。
ピッタさんは、3つの気質の中で唯一、体内が熱くて冷え性知らずな気質です。油っぽくて嫌だな、なんて思うことは全然ありません、欲しくてもなかなか手に入らない気質なのですから。
例えば、ヴァータやカパの人がもし、なんらかの要因で消化で違和感を感じたら、それはピッタが上がっている可能性がありますので、その場合にはピッタを下げる食材やスパイスを摂れると良いですね。

いずれにしても、ご自身の体質と症状を知ることで、予防することができます。


◆◇◆ Enjoy your spice life ◆◇◆

ヴァータさん/about VATA

日本語は下です

「Fun, Yummy, healthy!」It is areUspicy to convey the charm of spices.

In the past three things (Toridosha theory), I explained the characteristics greatly.
So I will explain the characteristics of Mr. Vata in more detail today.

The big characteristic of Mr. Vata is dry.
Hair, skin, eyes etc. are easy to judge even if it looks, and it is easy for yourself whether the dry constitution is good or not.
Often the body is also dry.
Now, since Ayurveda has more detailed features, I will introduce some of them.
Well, although it’s efficacy,

category
body thin、light
Hair black、dry
Eyes small、dry
Memory short memory is good、easy to forget longmemory
seat Large Intestine Low back Legs Ear Bone Skin
function Exhalation Nourishment of tissue Excretion Sensory function
Increase Lean Blackish discolouration body is cold Constipation Giddiness Insomnia
Decrease Heavyness of body part Conciousness decrease speech

The symptoms that I want to keep in mind when I live a daily life are the places that exist and when I go up and down.
Mr. Vata is especially prone to this symptom. Coldness and dry skin are born and have a constitution. So it is good to take ingredients and spices to raise Vata as much as possible.
Moreover, it is not a story that it is not related to the temperament of Pitta and Kapa. For example, when they become constipated, there is a possibility that the Vata may be raised due to external factors, disorder of life, early symptoms of disease, At this time as well, we need to eat ingredients and spices to lower the Vata.
In any case, you can prevent by knowing your own constitution and symptoms.


「楽しく、美味しく、健康に!」スパイスの魅力をお伝えする、areUspicyです。

過去に3つの気質(トリドーシャ論)で、大きく特徴を説明しました。
そこで今日はより詳しく、ヴァータさんの特徴を説明します。

ヴァータさんの大きな特徴は、乾燥です。
髪、皮膚、目などは見た目でも判断しやすく、乾燥体質かどうかはご自身でも分かりやすいですね。
体内も乾燥していることが多いです。
さて、アーユルヴェーダ的には、さらに細かく特徴が記されているのでその一部をご紹介します。

内容
体形 薄い、体重が軽い
黒く、乾燥している
小さく、乾燥している
記憶力 短期記憶は優れているが、長期記憶は忘れやすい
存在する場所 大腸 背中、ヘソより下部 皮膚
機能 呼吸 細胞への栄養供給 排泄 脳への感覚を伝達
上がると 痩せる 顔色がくすむ 体が冷える 便秘になる めまいがする 不眠症になる
下がると 体が重く感じる 意識が低下する 話したくなくなる、話さなくなる

日常の生活をしていくなかで、気にしておきたいのが、存在する場所や上下した場合の症状です。
ヴァータさんは、特にこの症状が現れやすいです。冷え性や乾燥肌は生まれもった体質です。ですので、極力ヴァータを上げる食材やスパイスを摂れると良いですね。
また、ピッタやカパの気質には関係ないという話ではなく、例えば彼らがが便秘になると、外的要因や生活の乱れ、病気の初期症状などにより、ヴァータが上がっている可能性があるので、この時もまた、ヴァータを下げる食材やスパイスを摂り入れる必要があります。
いずれにしても、ご自身の体質と症状を知ることで、予防することができます。


◆◇◆ Enjoy your spice life ◆◇◆

消化後の味/Taste after digestion

日本語は下です

「Fun, Yummy, healthy!」It is areUspicy to convey the charm of spices.

Today is the story of the taste after digestion.

Hmm? After digestion? Do you have a taste? And I received a lecture is a story which I can not understand yet, but in Ayurveda it defines the taste after digestion as VIPAKA. Similarly, VIPAKA exists in foodstuffs and it is an important indicator as an analysis item.

Certainly, when you think about it, you will have a strange taste if you vomit due to a cold or gastrointestinal malfunction.
If you taste as it is, it seems that you do not feel uncomfortable so much, but considering that the taste has changed with stomach acid or something during digestion or after digestion, certainly There is a taste after digestion (how you investigated is a mystery).

A little while ago I talked about taste, VIPAKA,

  • Sweetness
  • Sour taste
  • Pungent

These are three types.
Then,

VIPAKA (taste after digestion) taste
Sweetness sweetness, saltiness
Acidity sourness
Pungent pungent, bitterness, astringent

Thus, VIPAKA (taste after digestion) seems to have been changed to salty taste to sweet taste, bitterness and astringency to pungent taste.
Treatment of a disease called diabetes is said to not only refrain from ingesting sugar but also to withhold salt, but that is based on this theory. Salt is also changed as sweetness = sugar component.
When I heard a story saying “It is told that salt is to be refrained from diabetes,” it is not sugar but salt? I was wondering, but I see! I understand it^^

※ During the lecture, the teacher imitated the gastrointestinal picture on the white board, while imitating himself, I wrote it.
Oh, I could not quite write well! What?


「楽しく、美味しく、健康に!」スパイスの魅力をお伝えする、areUspicyです。

今日は消化後の味のお話しです。

ん?消化後?って味あるの?と、講義を受けた私は今だに理解のしがたい話なのですが、アーユルヴェーダ的には消化後の味を、VIPAKA(ヴィーパーカ)と定義しています。食材にも同様にVIPAKAが存在し、分析項目としても大事な指標になります。

確かに、考えてみると、風邪や胃腸の不調により嘔吐した場合、変な味がします。
食べたものそのままの味であれば、それほどまでに不快感がないようにも思いますが、消化中もしくは消化後に胃酸や何からと混ざって味が変化しているということを考えると、確かに消化後の味は存在しますね(どうやって調べたかは謎です)。

少し前に味覚のお話しをしましたが、VIPAKAは、

  • 甘味
  • 酸味
  • 辛味

この3種類です。
そして、

VIPAKA(消化後の味)
甘味 甘味、塩味
酸味 酸味
辛味 辛味、苦味、渋味

このように、VIPAKA(消化後の味)は、塩味は甘味へ、苦味と渋味は辛味へと変化されているようです。
糖尿病という病気の治療では、糖分の摂取を控えるだけでなく、塩分も控えるようにと言われるますが、それはこの理論に基づいています。塩分も甘味=糖の成分として変化されてしまうからです。
「糖尿病だから塩分控えるよう言われた」という話を聞いた時に、糖分じゃなくて塩分?と不思議に思ったことがあったのですが、なるほど!理解できました^^

※講義中、先生はホワイトボードに書いた胃腸の絵、自分も下手ながらに真似して書いてみた。
おっ、、なかなかうまく書けたんじゃない!?笑


◆◇◆ Enjoy your spice life ◆◇◆

季節ごとの体に良いこと悪いこと/Good things for every season Bad things

日本語は下です

「Fun, Yummy, healthy!」It is areUspicy to convey the charm of spices.

Today, it is the story of seasonal body good things bad things.

In Ayurveda, the season is classified into six seasons.
Spring, rainy season, summer, autumn, early winter, winter. Recently, the world’s extraordinary weather is also involved or the seasonal boundary has been lost so far,
The difference between autumn and early winter is not clear.(In the Southern Hemisphere, the seasons will be reversed, but please understand that it is winter in the cold and understated as hot and summer)

※Brief explanation of VPK: Vata is dry, Pitta has fast digestive power, Kapa tends to become heavy

Many creatures living on the earth have changes according to the season.

・ Climate and temperature change
・ Plant germination, fruit changes growth change
・ Changes in constitution such as hibernation and active period in animals

Such
There is a change in the human body as well.
Ayurveda’s idea is to be able to live a healthier lifestyle if the diet is taken properly according to the seasonal change.

  • Spring
    The body is heavy, it tends to be dull
    Good: Take sweet and sour taste
    Bad: Please refrain from cold things

  • Rainy season
    The body is easy to cool
    Good: take sour and salty
    Bad: –

  • summer
    It tends to be behavioral
    Good: Let’s take a lot of sweetness
    Bad: Redness, sourness, saltiness, refrain from cold things

  • Fall – early winter
    Easy to digest
    Good: Let’s take bitterness and sweetness a lot
    Bad: Please refrain from pungent, salty, sour taste

  • Early winter to winter
    The body also cools and the digestive power tends to become dull
    Good: Let’s eat a lot of saltiness and sourness
    Bad: Please refrain from sweetness

Especially worrisome is summer and winter.
Hmm? What?

● Spicy & cold items in summer

● Sweet things in winter.

This is NG! ! ! ! Oh my gosh.

Are not we doing the opposite?
It is hot in the summer, so it will make it easier for the body’s moisture and salt to go out, so I want salty items.
It can not be helped as a mechanism of the body. However, if you take these too much during the summer periodSummer bates and the fall of the body will also be the base around autumn.

And during winter this time may be a strategy of sweets manufacturers, but there are lots of sweet things.
Sweetness has a function to make your body heavier. Even now, when the body also cools and digestion becomes dull,If you take too much sweetness, digestion will not catch up and accumulate.

I think it is difficult to refrain from abruptly, so try incorporating good things little by little.
You may feel a good physical change at the turn of the season ^^


「楽しく、美味しく、健康に!」スパイスの魅力をお伝えする、areUspicyです。

今日は、季節ごとの体に良いこと悪いことのお話です。

アーユルベーダでは、季節を6つに分類しています。
春、雨季、夏、秋、早い冬、冬となります。昨今、世界的な異常気象も関係してか季節の境目が以前ほどなくなってしまい、秋と早い冬の違いがハッキリとしませんね。(※南半球では季節が逆になりますが、寒いと冬、暑いと夏という理解でお願いします)

※VPKの簡単な説明:ヴァータは乾燥ぎみ、ピッタは消化力が速い、カパは、体が重くなりがち

地球上で生活する多くの生物には、季節に応じて変化があります。
・ 気候や温度変化
・ 植物には発芽、実がなる成長の変化
・ 動物には冬眠や活動期などの体質の変化
など

ヒトの体内にも同様に変化があります。
季節の変化に合わせて、食事も適切に摂れると、より健康な暮らしができるというのが、アーユルヴェーダの考えです。


  • 体が重く、だるくなりやすい
    良し:甘味、酸味を摂る
    悪し:冷たいものは控えて

  • 雨季
    体内が冷えやすい
    良し:酸味、塩味を摂る
    悪し:-


  • 行動的になりやすい
    良し:甘味を多く摂ろう
    悪し:辛み、酸味、塩味、冷たいものは控えて

  • 秋~早い冬
    消化力があがりやすい
    良し:苦味、甘いを多く摂ろう
    悪し:辛味、塩味、酸味は控えて

  • 早い冬~冬
    体内も冷えて消化力が鈍りがち
    良し:塩味、酸味を多く摂ろう
    悪し:甘味は控えて

特に気になるのが、夏と冬。
ん?んん?

● 夏に辛い物、冷たい物

● 冬に甘い物

これらNGなんですってー!!!!

私たち、真逆のことしてませんか。
夏は暑く、体の水分や塩分が対外に出てしまやすくなるため、辛いもの欲します。身体のしくみとしては仕方ないこと。ですが、夏の期間あまり過度にこれらを摂りこむとは夏バテや、秋頃に体の不調も元になってしまいます。

そして冬、この時期もお菓子メーカの戦略かもしれませんが、甘いものがたくさんでますよね。甘味は、体を重くする機能があるのですが。ただでさえ、体内も冷えて消化が鈍くなる時期、
甘味を摂りすぎると消化が追い付かず、蓄積されてしまいます。

控えることは急には難しいと思うので、良いことを少しづつ取り入れてみては。
季節の変わり目に体調の良い変化を感じるかもしれませんよ^^


◆◇◆ Enjoy your spice life ◆◇◆

VPK気質の適食材/VPK disposable ingredients

日本語は下です

「Fun, Yummy, healthy!」It is areUspicy to convey the charm of spices.

Today, I’m talking about VPK disposable ingredients.

Which temperament are you? , We will proceed with the premise that you grasped your own temperament.
※VPK is Vata, Pitta, Kappa.

Depending on the temperament and constitution, things that are well digested in the body and become sources of nutrition are different. Knowing the ingredients that match your own temperament will not make your menu a bit more ornate.

Ingredients Vata Pitta Kapha
Cereals rice, corn barley, millet corn, malt
Fruit apple melon banana
Pear Orange
Vegetable Carrots Broccoli Sweet Potato
Kabu pumpkin cucumber
Norwegian Lettuce Tomato
Spices cinnamon cumin cumin
Black pepper clove ginger
Cardamom Fennegreek Mustard
Clove Salt

First of all, it seems better to refrain from spice temperament. Spicy with strong pungent ingredients such as chili is wary of caution.
And common thing to note is that

salad is not good (like Ayurveda).

Even if it is fresh, raw vegetables are chief reasons to cool the body and not to become nutritious to the body.

Salads are readily available at convenience stores, supermarkets, etc, and although I did not need cooking, I felt like something good for my body, but I am surprised to hear this story.
Salad when I was in trouble, I was not helping anything.
Vegetables are basically absorbed into the body by absorbing nutrition of ingredients most effectively by taking it in the body after passing through fire.

This time I want to eat in particular, that, chilled tomatoes seems to be NG! !

  • Me:”In Japan, I believe that it is a staple of a menu of Izakaya or that chilled tomatoes are easily nourished,”
  • Dr:”It looks like it is, especially when it is hot, I can taste delicious with a sweet smell, but I do not get nutrition inside the body ~ haha.”

If the heat is relieved a little, try incorporating warm vegetables little by little.


「楽しく、美味しく、健康に!」スパイスの魅力をお伝えする、areUspicyです。

今日は、VPK気質の適食材のお話しです。

あなたはどの気質?で、ご自身の気質を把握した前提で話を進めますね。
※VPKは、ヴァータ、ピッタ、カッパのことです。

気質、体質により、体内でうまく消化され栄養の源になるものが異なります。自分の気質に合う食材を知ることで、献立を考えるときのきっかけに。

食材 ヴァー タ ピッタ カパ
穀類 お米、コーン   大麦、粟 コーン、麦芽
果物 りんご メロン  バナナ
オレンジ いちぢく
野菜  人参 ブロッコリー さつまいも
かぶ かぼちゃ きゅうり
なすび レタス トマト
スパイス シナモン クミン クミン
黒胡椒 クローブ 生姜
カルダモン フェネグリーク マスタード
 クローブ  塩    

まず、ピッタ気質はスパイスは控えた方が良いみたいです。チリなどの辛味成分が強いスパイスは要注意です。
そして、ここが最重要ですが(笑)どの気質も共通して注意が必要なのが、

サラダは良くない

ということです(アーユルヴェーダ的に)。
仮に新鮮だったとしても、生野菜は体を冷やし、体への栄養となりにくいという理由が主です。
コンビニやスーパなどでもサラダは気軽に手に入り、また調理が要らない割りに、なんとなく体に良いことをしているような気になっていましたが、この話を聞いてビックリです。困ったときのサラダ、、が体には何の助けにもなっていなかったというのですから(笑)野菜は基本、火を通してから体内へ摂るのが、最も効果的に成分の栄養を吸収できます。

この時期、特に食べたくなる、あれ、そう冷やしトマトは、NGみたいです!!どひゃあぁ。。好きなのに美味しいのに・・と思わずドクターに聞きました。

  • 私:「日本には、居酒屋のメニューの定番だったり、冷やしトマトは手軽に栄養が摂れるんだと信じてやまないんだ」

  • ドクター:「そうみたいですね、暑いときには特に喉越しヒンヤリで美味しいは分かるのですが、体内には栄養になってないですよ~笑」

とのこと。
暑さが少し和らいだら、少しづつ温野菜も取り入れてみては。


◆◇◆ Enjoy your spice life ◆◇◆

3つのデトックス/Three detox

日本語は下です

「Fun, Yummy, healthy!」It is areUspicy to convey the charm of spices.

Today, we are talking about three detox.

It is said that in Ayurveda, unnecessary things inside the body do not go out every day, it accumulates and becomes unhealthy and diseases.
This is not only Ayurveda, but somehow, even in Japan, words are prevalent in detox.

  • Urination
  • Defecation
  • Sweat

There are three.

I understand these important things, but do not lay off “Well, okay” just by standing for a few days.After accumulation, symptoms such as pain may appear, it may be late.
Anything, I will waste days with treatment. It is hard for me. Then, before I become that, I want to prevent it on a daily basis.

What happens when you increase What happens when you fall Spice to help
Urination urin feeling of residual urine reduction of urinary excretion black pepper
Pain like stabbing the bladder Urinary discoloration
Hematuria, painful
Bowel movement swelling of the abdomen gas accumulates in the intestine cumin
Abdominal pain Fierce pain in upper abdomen and transverse membrane Fenogreek
Heaviness in the abdomen Ginger
Sweat excessive perspiration hair loss black pepper
Unpleasant body smell Skin crack
Skin itching

It may be good to use these three as an indicator of health care.
As none get lost, the body is heavy and I do not feel motivated ^ ^


「楽しく、美味しく、健康に!」スパイスの魅力をお伝えする、areUspicyです。

今日は、3つのデトックスのお話です。

アーユルヴェーダでは、体内に不要な物を日々外に出していかないと、蓄積されて不健康や病気の元になると言われています。
これは、アーユルヴェーダだけでなく、なんとなく、日本でも前からデトックスなんて言葉が流行してますね。

  • 排尿

  • 排便(※排便については、もう少し詳しくこちらで書いています)

の3つです。
これら、大事なことは分かるのですが、数日滞るだけでは、「ま、大丈夫」なんて、ほったらかしにしていませんか。蓄積されて、痛みなどの症状が出てからでは、遅い場合もありますし。
なんせ、治療で何日も無駄にしてしまうのです。それにつらい。だったら、そうなる前から、日常で予防していきたいですよね。

増加すると起きること 減少すると起きること 助けるスパイス
排尿 残尿感となる 尿の排出の減少 黒胡椒
膀胱を刺すような痛み 尿の変色
血尿、痛みを伴う
排便 腹部の膨張 腸にガスが溜まる クミン
腹部の痛み 上腹部と横膜に激しい痛みを伴う フェネグリーク
腹部の重苦さ 生姜
過度の発汗 体毛の減少 黒胡椒
不快な体の臭い 肌のひび割れ
肌のかゆみ

この3つ、増えすぎても減りすぎてもダメです。
例えば、汗。汗をかくことは良いことですが、過度に発汗しすぎると体内の水分が減り乾燥状態になります。
特に夏場は、脱水症状を起こす危険が増します。何事も適度に!

まずは、この3つを健康管理の指標にしても良いかもしれません。


◆◇◆ Enjoy your spice life ◆◇◆