Celery has different likes and dislikes, but very versatile

「Fun, Yummy, healthy!」
areUspicy is to convey the charm of spices.

Today is the story of Celery.

Origin is Southern Europe and Sweden. It is familiar celery with vegetables. Parts used in vegetables are leaves and stems, but the parts used as spices are divided into seeds (the pictures are not available for vegetable celery).
Like the leaves and stems of celery seeds, there are unique fragrances, odor and bittersweet.
In ancient Rome and Greece, it was used as a medicinal rather than as a vegetable. It is indeed painful for good medicine.

Well, although it’s efficient

  • Taste: pungent
  • Function: Heating body
  • Working: Diuretic action, Intestinal action, Treatment of eye inflammation, Sweating action, Treatment of bruise, Treatment of rheumatism
  • VIPAKA (taste after digestion): pungent
  • VPK analysis: increase Kapha

It is definitely medicine when you see efficacy. It is all-purpose.
In recent years, there are many productions in Shizuoka and Nagano etc, and vegetables familiar in Japan (although there was no recognition of spice), it was in the late 16th century that I came into Japan. It seems that Kiyoshi Kato was also called “Seiji carrot” because it brought back for fake carrot seed. In other countries, Hippocrates, the father of medicine, says, “If nerves are lost, you should eat celery and take medicine”.

It is celery compatible with tomato dish. Besides, it is good to use for dressing, stewed dishes and pickles.
So that makes it easy I made celery pickles (pickles?).
I mixed salt, clove, pepper, chili peppers in vinegar, soaked celery there.

If you do this, you can eat a bite.


◆◇◆ Enjoy your spice life ◆◇◆

セロリーは好き嫌いが分かれるがとても万能

「楽しく、美味しく、健康に!」
スパイスの魅力を伝える、areUspicyです

今日は、セロリーのお話しです。

原産地は南ヨーロッパやスウェーデンです。野菜でお馴染みのセロリーですよね。野菜で使用する部分は、葉や茎ですが、スパイスとして使用する部分は種子という分け方をしています(写真は手に入らなかったので野菜のセロリーです)。
セロリーの種子も葉や茎と同様に、独特の香り、青臭さとほろ苦さがあります。
古代ローマやギリシャでは、野菜としてではなく医薬的に使用していたのだとか。まさに良薬口に苦しですね。

さて効能ですが、

  • 味:辛味
  • 機能:体を温める
  • 働き:利尿作用、整腸作用、眼炎の治療、発汗作用、打撲の治療、リウマチの治療
  • VIPAKA(消化後の味):辛味
  • VPK分析:カパを上げる

効能を見ると確かに薬ですね。万能です。
昨今、静岡や長野などでの生産が多く、日本でもお馴染みの野菜です(スパイスの認識はありませんでしたが)が、日本に入ってきたのは16世紀後半のこと。加藤清二がニンジンの種子と偽って持ち帰ったことより「清二ニンジン」とも呼ばれていたそうです。諸外国では、医学の父ヒポクラテスは、「神経がまいったならば、セロリーを食べて薬にするとよい」と述べてもいます。

トマト料理と相性の良いセロリーです。他には、ドレッシング、煮込み料理やピクルスなどに使うと良いですね。
ということで、簡単にできるセロリーの酢漬け(ピクルス?)を作りました。
お酢に塩、クローブ、花椒、チリペッパーを混ぜ、そこにセロリーを漬け込みました。

これだと1房ペロっと食べれますね。


◆◇◆ Enjoy your spice life ◆◇◆

あなたはタイムの香りがする

「楽しく、美味しく、健康に!」
スパイスの魅力を伝える、areUspicyです

今日は、タイムのお話しです。

タイムの原産国はヨーロッパ。白やピンクの花を咲かせる植物で、スパイスとして使用する部分は、葉や花です。タイムと聞くと、時間TIMEと何か関連があるのかな?と思いきや、スペルがそれとは違ってThymeです。ギリシャ語でチモン(Thymon)、防腐を意味することが語源のようです。
語源もそうですが、古代ギリシャで重宝してたみたいですね。人間の能力を高めると信じられていたそうで、勇気、大胆さのシンボルだったようです。
この時代のギリシャでは、「あなたはタイムの香りがする」というのは最高の褒め言葉だったようですね。

さて効能ですが、

  • 味:辛味
  • 機能:体を温める
  • 働き:駆虫、鎮痙
  • VIPAKA(消化後の味):辛味
  • VPK分析:ヴァータ、カパを下げる

と、駆除や芳香で使われることが多いですが、その芳香を用いて、歯磨き粉の香料として使われていたり、その昔は薬用としても使われていました。とても爽やかな香りがするので、タイム単体で香りを堪能できますね。自分には、お香に近いようにも感じました。

使い方は、肉や魚料理、スープやドレッシングに和えるのも良いですね。大量に摂ると苦味がまさるので、少量をお使い下さい。


◆◇◆ Enjoy your spice life ◆◇◆

You smell like Thyme

「Fun, Yummy, healthy!」
areUspicy is to convey the charm of spices.

Today is the story of Thyme.

The country of origin of Thyme is Europe. It is a plant that blooms white and pink flowers, the part to use as spice is leaves and flowers. When asked Thyme, is there something related to TIME? I think, Spelling is different from it Thyme. In Greek, thymon, it seems to be etymology to mean antiseptic.
The origin also seems to have been useful in ancient Greece. It seems that it was believed to raise human ability, it was a symbol of courage, boldness.
In ancient Thymes, it seems that “You smell like Thyme” was the best praise.

Well, although it’s efficient

  • Taste: pungent
  • Function: Heating body
  • Working: antispasmodic,carminative,antispasmodic
  • VIPAKA (taste after digestion): pungent
  • VPK analysis: decrease Vata,Kapha

Although it is often used for extermination and aroma, it has been used as fragrance of toothpaste with its fragrance, and it was also used as a medicine in the past. It has a very refreshing scent, so you can enjoy the fragrance by time alone. I felt like being close to incense for myself.

It is also good to use it with meat and fish dishes, soup and dressing. If you take a large amount, bitterness is better, so please use a small amount.


◆◇◆ Enjoy your spice life ◆◇◆

学業成就にローズマリー

「楽しく、美味しく、健康に!」
スパイスの魅力を伝える、areUspicyです。

今日はローズマリーのお話しです。

原産地は、地中海沿岸です。青紫や水色の花が咲く植物で、スパイスとして使用する部分は、葉です。多くはローズマリーの名で親しまれていますが、ロスマリヌスという学名が付いています。これはラテン語で、「海のしずく」を意味しており、水色の花が地中海の色、形がしずくを連想させることから、そのように名づけられたのだとか。なんだかロマンチックな話ですが、ローズマリーは歴史の古いスパイスの1つで、愛のシンボルとして神話や儀式によく使われてもいるようです。

また、ローズマリーには、こんな俗説があります。
「聖母マリアが青いマントを香りのよいハーブの茂みにかぶせたところ、翌朝、白かった花がマントと同じ青に変わっていた。」
そんな伝説から、マリア様を象徴する花がバラであることから、ローズ・オブ・マリー=ローズマリーと呼ぶようになったとか。これまたお洒落な話ですね。

さて効能ですが、

  • 味:辛味、苦味
  • 機能:体を温める
  • 働き:記憶力や集中力を高める、花粉症などのアレルギー緩和、血行不良やリウマチに効果あり
  • VIPAKA(消化後の味):辛味
  • VPK分析:ヴァータ、カパを下げる

と、お洒落な話だけではなく、現代人にも嬉しい効能がしっかりあります。

香りには清涼感があり、独特の強い風味があります。
使用方法は、肉や魚料理、スープやじゃがいも、野菜などに相性が良く、またオイルやビネガー漬けにして味を楽しむこともできまし、ケーキやハーブティーなどの午後のひと時にもよさそうです。

なんと、古代ギリシャでは、ローズマリーの香りが頭脳を明晰にするとされていたようで、学生たちは勉強する際に、記憶定着のためにローズマリーを身につけていたと言われているのです。大事な試験や集中したい仕事がある時に、ローズマリーの香りをかいだり、ハーブティーを飲んだりすると、、もしかすると実力以上の成果が得られるかも!?しれませんね。


◆◇◆ Enjoy your spice life ◆◇◆

Rosemary in fulfillment of academic achievement

「Fun, Yummy, healthy!」
areUspicy is to convey the charm of spices.

Today is the story of Rosemary.

Origin is the Mediterranean coast. It is a plant bluish purple or a light blue flower, and the part to use as spice is a leaf. Many are familiar with rosemary, but have a scientific name of Rosemarinus. This is Latin, which means 「Drop of the sea」, and it is said that it was named so that the light blue flowers remind us of the color and shape of the Mediterranean Sea. Scientific name is somehow romantic, but rosemary is one of the old spices of history, and it seems that is commonly used for myths and ceremonies as a symbol of love.
Also, rosemary has this myth.
“When the Virgin Mary covered the blue mantle with a fragrant herbal bush, the next morning the whitewashed flowers had turned blue the same as the mantle.”
From such a legend, flowers that symbolize Mr. Mary are roses, so it came to call it Rose of Mary = Rosemary. This is also a stylish story.

Well, although it’s efficacy,

  • Taste: pungent,bitter
  • Function: Heating body
  • Working: Increase memory and concentration, effective allergy relief such as hay fever, effect on poor circulation and rheumatism
  • VIPAKA (taste after digestion): pungent
  • VPK analysis: decrease Vata,Kapha

And not only fashionable stories, modern people have a pleasant efficacy.

The scent has a refreshing feeling, and there is a unique strong flavor.
Usage is compatible with meat and fish dishes, soup and potatoes, vegetables, etc. Also you can enjoy taste by pickling in oil or vinegar, it seems to be good for afternoon cake and herb tea etc.

In ancient Greece, it seems that the scent of rosemary was made to make the brain clearer, and it was said that students were wearing rosemary for study consolidation when studying There is. When there are important tests and work you want to concentrate, if you scent the rosemary or drink herbal tea, maybe you can get results beyond your ability! What? You do not have to.


◆◇◆ Enjoy your spice life ◆◇◆

クレソンは最強

「楽しく、美味しく、健康に!」
スパイスの魅力を伝える、areUspicyです

今日はクレソンのお話しです。

原産地は、ヨーロッパやアジア。白い花が咲く植物で、スパイスとして使用する部分は、葉や茎です。クレソンには別名があって、ウォータークレス、オランダがらしとも言われています。自分の持っているアーユルベーダの参考書には、ウォータークレスで載っていました。クレソンは、自生力繁殖力が高いので、水にクレソンの枝を浸しておくだけで、発根します(私でも育てられそう!?)。

さて効能ですが、

  • 味:辛味
  • 機能:体を温める
  • 働き:利尿剤、去痰薬
  • VIPAKA(消化後の味):辛味
  • VPK分析:ヴァータ、カパを下げる

と、アーユルヴェーダ、薬膳としても重宝されるスパイスです。

クレソンは、ピリっと辛味がありますが、風味は爽やかです。使い方は、サラダやスープ、肉料理の付け合わせに良いですね。メインにならないクレソンですが、

しかし、最強の野菜なのです

2014年、アメリカの疾病(慢性疾患)予防管理センターの研究誌で、クレソンには、栄養素の含有量がどの野菜よりも多く含まれていると、発表しています。その栄養素とは、

  • カリウム
  • 食物繊維
  • たんぱく質
  • カルシウム
  • ビタミンB1,B2,B3,B6,B12
  • 葉酸
  • 亜鉛
  • ビタミンA
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • ビタミンK

です。
これらの栄養素の含有量をスコア化して結果を出しているようですが、クレソンは100点満点の堂々1位。例えば、日本で体に良い野菜と言われているほうれん草は、86.43点で5位。ここでは、癌予防にもなると言われてるようです。
これからは、クレソン押しですね(笑)


◆◇◆ Enjoy your spice life ◆◇◆

キャラウェイは惚れ薬

「楽しく、美味しく、健康に!」
スパイスの魅力を伝える、areUspicyです

今日はキャラウェイのお話しです。

原産地は、西アジアやヨーロッパです。小さな白い花を咲かせる植物で、スパイスとして使用する部分は種です。キャラウェイは古代ローマ時代に使われていた記録があるようで、歴史のあるスパイスの一つです。

さて効能ですが、

  • 味:辛味
  • 機能:体を温める
  • 働き:胃腸薬、風邪薬、殺菌効果
  • VIPAKA(消化後の味):辛味
  • VPK分析:ヴァータ、カパを下げる

と、薬の代わりにも重宝できるスパイスです。

このスパイス、とても面白い言い伝えがあり、

  • キャラウェイは惚れ薬に必要不可欠な材料
  • キャラウェイを一緒に入れておけば物が盗まれない

など。キャラウェイには、人やモノ引き止めておく力があるとのだとか。
古くは、

  • 恋人の心を引き止める、すなわち愛情を永続させる
  • 家畜に食べさせる、すなわち行方不明にならない

など。本当か迷信なのか実のところ分かりませんが(笑)

そんな、引き止める力のあるスパイスは、一体どんな味がするのか!?と興味がわきますが、単体でひとつまみ口にしたところ、爽やかなミントのような味がしました。喉越しは甘味をほんのり感じました。

使い方は、パン、チーズ、煮込み料理、ポテトサラダ、焼きりんご。またドイツのキュメルン酒、オランダのジン、スカンジナビアのアクワビット酒などに使われています。

「クミンとよく似ていて混同しそう」というご質問がありましたので、比較してみました。写真左がキャラウエイ、右がクミンです。外観はほぼ同じですね、色が若干、キャラウェイは濃く、茶色っぽいです。口にせずとも香りを嗅ぐと一発で違いが分かりますよ。キャラウェイは、風味も香りも爽やかです。


◆◇◆ Enjoy your spice life ◆◇◆

セージと豚の関係

「楽しく、美味しく、健康に!」
スパイスの魅力を伝える、areUspicyです

今日はセージのお話しです。

原産地は、地中海沿岸。紫色の花を咲かせる植物で、スパイスとして使用する部位は葉です。セージは、みなさまお馴染みの「ソーセージ」の語源になったという説があります。
確かに発音が似てますね。これは、英語のSOW(雌豚)とその腸詰製品に欠かせない、セージとの合成語であるのだとか。その他にも、ラテン語のSalsus(塩で味を付けた)に由来する説もあったりだとか。ふむふむ。色々と語源があるようですね。確かに、セージという言葉を聞いた時に、少しソーセージを想起しましたね。

さて効能ですが、

  • 味:辛味
  • 機能:体を温める
  • 働き:発汗、止血、解熱、抗酸化作用、抗菌作用
  • VIPAKA(消化後の味):辛味
  • VPK分析:ヴァータ、カパを下げる

セージを単体でひとつまみ食べてみたところ、苦味あり。ほろ苦く、香り強めのスパイスで、少しミントっぽさを感じました。古代ローマ頃から薬用として用いられており、歯磨き粉の材料にもなっているようです。また、紅茶が広まっていない時代、ヨーロッパでは、お茶にして飲んでいたのだとか、ハーブティにも良いのですね。

使い方は、ソーセージなどの食肉加工製品や、シチューやスープ、オイルやビネガーに漬け込んだドレッシング、バターに混ぜたりと、なにかと重宝できますね。
特徴でもある香りは、冷凍しても持ちます。


◆◇◆ Enjoy your spice life ◆◇◆

Nutmeg is sometimes poisonous

「Fun, Yummy, healthy!」
areUspicy is to convey the charm of spices.

Today is the story of nutmeg.

Origin is the East Indian archipelago and the Molucca archipelago in Indonesia. It is a plant with pale yellow flowers blooming in Suzuran. To use it for spice is called fruit, it becomes fruit in seeds.
Nutmeg is used as a medicine in China during the Tang Dynasty, it seems to be transmitted to Europe around the 6th century. Currently it is used also in traditional Chinese medicine.

Well, although it’s efficacy,

  • Taste: pungent
  • Function: Heating body
  • Working: Fatigue recovery, stomach medicine, rheumatism, joint pain, neuralgia, tranquility, hair growth agent, bath water
  • VIPAKA (taste after digestion): pungent
  • VPK analysis: decrease Vata,Kapha

Well, this nutmeg is a very expensive spice long ago, it seems that it could be exchanged for several sheep and cows. Even now it is expensive spice.
In Japan, it may not be familiar, but it is widely used worldwide, it is one of the four big spices in the world. By the way, the other three spices in the world

  • pepper
  • Cloves
  • Cinnamon

is.

Nutmeg is also used for hamburger steak, roll cabbage, cream stew, cheese fondue, and baked confectionery. It is also used for drinks originating in the USA called Eggnog (which will be raised in recipes).

! Finally note on usage!

Do not take more than 5 g of nutmeg on a day! !

Because excessive intake may cause convulsions, vomiting, hallucinations.


◆◇◆ Enjoy your spice life ◆◇◆